38510件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青梅市議会 2060-12-20 12月20日-13号

それから、都市計画道路を2本、16メーター幅員で市はつくります。これは必要な投資だとおっしゃっていますけれど、大体地図で見ますと1.5キロから1.6キロ都市計画道路。概算で幾らでつくれるのですか。具体的に教えてください。 それから、農地農業振興ですけれども、実際にこれから力を入れなくてはいけないのは担い手確保と、農地の保全、流動化。

練馬区議会 2025-11-27 11月27日-01号

日程第4 議案第118号 練馬区スポーツ施設条例の一部を改正する条例  日程第5 議案第119号 練馬区都市公園条例の一部を改正する条例  日程第6 議案第120号 練馬区家庭保育事業等の設備および運営の基準に関する条例の一部を改正する条例  日程第7 議案第121号 練馬区特定教育保育施設および特定地域保育事業の運営の基準に関する条例の一部を改正する条例  日程第8 議案第122号 特別区道路

練馬区議会 2025-09-04 09月04日-01号

の一部を改正する条例  日程第27 議案第95号 練馬区幼稚園教育職員の勤務時間休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例  日程第28 議案第96号 練馬区幼稚園条例の一部を改正する条例  日程第29 議案第97号 練馬区保育所保育条例の一部を改正する条例  日程第30 議案第98号 練馬区選挙長等の報酬および費用弁償に関する条例の一部を改正する条例  日程第31 議案第99号 特別区道路

青梅市議会 2024-06-14 06月14日-05号

また、廃止の基準は、青梅市道路の認定、廃止等に関する取扱規程で定めており、道路の新設または改良により、既設道路の存置の必要がないと認められるとき、または公益上特に廃止を必要とし、道路管理上支障がないと認められるとき、またはその他市長が廃止しても差し支えないと認めたときに該当する場合である」との答弁。 

青梅市議会 2023-12-09 12月09日-11号

道路整備につきましては、都市計画道路や幹線道路等を計画的に整備し、一部路線での電線類の地中化等を進めてまいります。さらに、空き家対策への取り組みや、資源循環型社会づくり、ごみの減量などを進め、豊かな自然環境と生活のしやすさを両立したまちづくりに取り組んでまいります。 基盤の2つ目は、「青梅らしさを創出し、活気あるまち」であります。 

青梅市議会 2022-12-19 12月19日-12号

市内においても、かつてない大量の雨により、床上、床下浸水等の建物被害、崖崩れ、土砂崩れ、道路の陥没等、さまざまな被害が生じました。特に私の住む西部地域、また、北部地域に多くの被害が生じたと認識しております。被害はいたるところで発生しました。しかしながら、一つの救いは、関係部署、消防団等の献身的な活動で被害の拡大をくい止め、迅速な復旧に着手できたことであろうと私は思っております。

練馬区議会 2022-09-06 09月06日-03号

住民が求めていることは、新規道路建設ではなく、学芸大通りなど既存道路の拡幅整備です。都市計画マスタープランでは、消防活動困難区域にかかわって、建物の建て替え、狭い道路の改善とあります。こうした取り組みこそ進めるべきです。立ち退き、現道のない計画線によるコミュニティの分断など、地域住民に多くの犠牲を払わせてまでつくるべきではありません。 

練馬区議会 2022-09-05 09月05日-02号

消防自動車が円滑に活動できる6メートル以上の幅員道路の整備、オープンスペースを確保するための公園整備、老朽木造住宅の建て替え促進による消防活動困難地域の減少など、地域安全性は高められてきております。 江古田北部地区では、昨年度、最後の道路整備が終了し、北町地区も、道路公園の概ねの整備が終了することから、本年度をもって事業を終える予定と聞いております。

青梅市議会 2022-09-05 09月05日-07号

市内には、人や車などが通行する道路を初め、橋やトンネルなどが多くあり、市民の日々の暮らしを初め、いろいろな活動などを行うためには、なくてはならない重要な施設であります。人や車等が安全に通行するためには、このような施設の適切な維持管理が非常に重要であり、青梅市においても日ごろから適切な維持管理に努めていただいているものと思います。 

青梅市議会 2022-05-31 05月31日-02号

これら2議案は、市道廃止申請に伴い1路線の廃止及び1路線の一部廃止を行う必要が生じましたので、道路法の規定に基づきまして御提案申し上げた次第であります。 次に、議案第10号から議案第15号までの「市道路線の認定について」御説明申し上げます。 これら6議案は、開発行為に伴い6路線の認定を行う必要が生じましたので、道路法の規定に基づきまして御提案申し上げた次第であります。 

練馬区議会 2021-12-05 12月05日-05号

〔宮下泰昌技監登壇〕 ◎技監 私から、都市計画道路放射35号線、東武練馬駅および駅周辺の安全対策についてお答えします。 放射35号線は、早宮二丁目から北町五丁目の約1.3キロメートルの区間で東京都が事業を進めています。環状八号線から川越街道の区間については整備工事が概ね終了しており、都では、環状八号線以南が整備されるまでの間、暫定2車線での交通開放を予定しています。 

練馬区議会 2021-12-04 12月04日-04号

そのような推計のもと、多くの車両が通過し、また、速度が出やすい、道路幅が広い、大きな道路を今つくることが本当に必要なのか。その役割や必要性をもう一度、区民とともに考える時期にあるのではないかと考えます。 

練馬区議会 2021-09-09 09月09日-04号

新駅予定地周辺においては、道路広場の整備、商業サービス施設の立地など、まちの中心となる新たな拠点づくりを進めています。土支田駅や大泉町駅周辺においては、地域の方々と目指すまちの姿を検討してきました。広場整備のための用地を確保するとともに、地区計画の策定や用途地域の変更を行い、駅前にふさわしい土地利用の誘導を図っています。今後、新駅開設に合わせた更なるまちづくりを進めていきます。 

練馬区議会 2021-06-19 06月19日-06号

国交省の示す、移動等円滑化のために必要な道路の構造に関する基準を定める省令には、視覚障害者誘導用ブロックの色は、黄色その他の周囲の路面との輝度比が大きいこと等により、当該ブロック部分を容易に識別できる色とするとあります。点字ブロックは、視覚障害のある人がその凹凸によって識別するだけではなく、弱視の場合、その色によっても識別するからです。 

青梅市議会 2020-12-23 12月23日-14号

市道改修ではありますが、青梅市道にも、今、整備途中の3・5・5号線のような新しく都市計画上の道路みたいな道路も、また過去に都市計画で整備した都市計画道路としての市道もございます。私は、今回は特に一般的な生活道路、幹何号線とか、あるいは準何号線とか、青何号線、梅何号線、そのような生活道路に関する改修、そういったものについての考え方についてお伺いしたいと思います。 

練馬区議会 2020-12-03 12月03日-03号

最後に、都市計画道路と大江戸線延伸についてお伺いいたします。 都市計画道路、放射7号線の整備についてであります。 平成18年7月に東京都が同路線の事業認可を取得し、事業中であります。事業区間約2キロメートルのうち、課題となっているのは2か所であろうかと思います。この2か所の解決に向け、区として事業への支援策はないのでしょうか。

練馬区議会 2020-10-11 10月11日-08号

の認定について(土支田四丁目)  日程第33 議案第100号 特別区道路線の認定について(大泉学園町四丁目)  日程第34 議案第101号 特別区道路線の認定について(西大泉二丁目)  日程第35 議案第102号 特別区道路線の認定について(西大泉一丁目)  日程第36 議案第93号 練馬区小学校および中学校学校医、学校歯科医ならびに学校薬剤師公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例  日程第

青梅市議会 2020-09-30 09月30日-10号

これら市民の暮らしに直結した切実な課題については、余りにも対応が遅く、実態に合わない切り捨てをする一方で、今井土地区画整理事業やこれにまつわる都市計画道路など、大型開発に熱中していることも大問題です。 身近な公共施設の整備、公園などのトイレの整備、道路の補修など、遅々として進まない中、大規模土地開発事業者のような仕事に市の人的資源、そして財源を注ぎ込むべきではありません。