41804件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

江戸川区議会 2021-01-14 令和3年 1月 総務委員会-01月14日-15号

そして、この欄外に書いてあるのですけれども、江戸川区では、病院との連携により区内医療的ケア児を把握ということなのですが、そこに訪問看護師と協力してということが書いてあるのですけど、こちらは区の職員なのか、それとも病院民間事業所からの訪問看護師ということなのかということをお聞きしたいのです。

江戸川区議会 2021-01-14 令和3年 1月 建設委員会-01月14日-11号

岩田将和 委員 引き続き、区としても情報収集というんでしょうかね、しっかり民間事業者とも連携を取って進めていただきたいと思います。 ◆滝沢泰子 委員 平井五丁目駅前地区市街地開発事業に関連してちょっと要望なんですが、これJR平井駅の北口のすぐ前ということで、これ建築工事完成令和6年12月ということなので、この頃までには平井駅のホームドアも設置されていてほしいなということを思いました。

大田区議会 2020-12-15 令和 2年12月  まちづくり環境委員会-12月15日-01号

蒲田は商業・業務まちでございまして、業務活性化を図るためには、やはり羽田空港や羽田イノベーションシティ、それから産業プラザPiOなどとの連携が必要であると考えてございまして、グランドデザイン計画の中に、そういった重要性をしっかりと位置づけて、今後東京都や国と連携して取り組んでまいりたいと考えてございます。

大田区議会 2020-12-15 令和 2年12月  総務財政委員会−12月15日-01号

◎鈴木 企画調整担当課長 私からは、企画経営部資料番号1番、東邦大学との連携による区民公開講座開催について、ご報告申し上げます。  本講座でございますけれども、本年10月15日に本委員会にてご報告申し上げました、東邦大学との官学連携プログラムにおきまして設置した、地域連携感染制御学講座にて行うものでございます。  1番、開催目的でございます。

江戸川区議会 2020-12-15 令和2年12月 文教委員会−12月15日-10号

やっぱり先生方同士うちの子、うちの担任、うちのクラスの子はちょっとこういうところが課題があるように思うんですけど、どうなんですかねというところで、すごく情報だったり連携がすごく密になるというところと、あと保護者関心がやっぱりすごく実際にそういう子たちと一緒に生活していることによって、ほかの保護者の方々もやっぱりそういうところの関心がすごく高まるというお話だったりを聞きました。

江戸川区議会 2020-12-15 令和2年12月 総務委員会-12月15日-14号

なお、江戸川区では、資料の中ほどに記載をさせていただいておりますが、江戸川区では健康部保健師病院などと連携をしまして、区内医療的ケア児を把握しており、訪問看護師等と協力しながら、災害時の持ち出し品電源確保など、個人でできる防災対策をアドバイスしているところでございます。  また、人工呼吸器装着の方を対象に、個別支援計画の作成を指導しているところでございます。  

目黒区議会 2020-12-09 令和 2年都市環境委員会(12月 9日)

次に、業界団体との連携によるPR強化ということで、業界団体連携し、雨水流出抑制施設の設置について促進をしてまいります。  最後に、避難・防災対策でございますが、情報周知の充実ということで、現在もライブカメラ区内2か所、宝来橋の上流、そして太鼓橋の下流に設置してありますけども、ここの状況を区のホームページで配信している状況でございます。

目黒区議会 2020-12-09 令和 2年企画総務委員会(12月 9日)

こちらも各所管と連携して、お互い持っている情報というものを情報共有しながら、適切に区政に反映できるように努めてまいりたいというふうに思います。  以上でございます。 ○川原委員長  よろしいですか。  おのせ康裕委員質疑を終わります。  ほかに質疑はございませんか。 ○かいでん副委員長  それでは、3点伺います。  1点目、もうさきの委員からも度々出ているんですが、調査の精度についてです。  

目黒区議会 2020-12-04 令和 2年第4回定例会(第5日12月 4日)

また、重度障害のお子さんへの対応については、様々な状況に応じて、施設とも連携しながら対応していきたいとの答弁がありました。  次に、これまで実態としてどのように対応してきたかとの質疑があったのに対しまして、現在も児童福祉法によるサービスではないが、法外の事業として、保育園やこども園等療育担当のスタッフが訪問し助言をしている。

大田区議会 2020-12-03 令和 2年12月  交通臨海部活性化特別委員会−12月03日-01号

当日は、区長が出席いたしまして、長期構想まちづくり構想について区との連携が必要といった趣旨の発言をしています。  このことに対し、港湾局からは区へ適宜情報提供し、意見をいただくとの回答がありました。  今後の方針ですが、区は引き続き港湾局連携し、改定作業中の空港臨海部グランドビジョン2030との整合性を図っていきます。 ○松原〔元〕 委員長 それでは、委員の皆様からの質疑に入ります。  

大田区議会 2020-12-03 令和 2年12月  羽田空港対策特別委員会−12月03日-01号

(1)は、外部機関等との連携について、2点ご報告をさせていただきます。一つ目は、都立産業技術研究センターとの連携協定を11月16日付で締結をさせていただいたというご報告でございます。  こちらは、城南支所産業プラザに入居されているという、もともとのご縁もありました。今回、羽田イノベーションシティの開設を機に、より連携を強化しようということで締結させていただきました。  

豊島区議会 2020-12-02 令和 2年区民厚生委員会(12月 2日)

情報というのは、例えば税の情報であると税の部署で、また福祉情報であれば福祉部署でというふうに分割されて今までどおり保有しているものでございまして、マイナンバーを利用することで情報連携という形で情報共有していくという形が取られていますので、仮にマイナンバーカードを紛失したとしても、一気にそういった情報が漏れるという心配はないというふうに認識しております。

豊島区議会 2020-12-02 令和 2年総務委員会(12月 2日)

報道によりますと、この方針に基づきまして、厚生労働省日本医師会産業界連携が強化され、増産に向けた取組みが始まったというふうになされておりました。  項番2でございます、医療用品生産支援についてでございます。国は、国内増産の依頼をするとともに補助事業を行っております。調べがついたうち、主なものを記載してございます。

江戸川区議会 2020-12-02 令和2年12月 建設委員会-12月02日-09号

これはもう警察の取締りの対象になるわけで、これについても行政、何ができるか、先ほどの①じゃないですけれども立て看板を設置したり、あるいは道路標識を設置したり、あるいは警察が何ができるか、例えば信号機を設置するということが考えられると思うんですけれども、つまり私は、この陳情者からどういったことが読み取れるかといいますと、行政江戸川区、警察しっかり連携して安全対策を行ってくれよと、そういうメッセージに私

江戸川区議会 2020-12-02 令和2年12月 総務委員会-12月02日-13号

柿澤佳昭 危機管理室副参事 基本的には江戸川区の地域防災計画でもこういう役割分担ということで明記しておりますけれども、基本的には福祉部なり健康部、いわゆる障害を持った方が日頃対応している職場、いわゆる組織対応していくということになりますので、障害者福祉と、あと健康部というようなところが今医療ケアをしているということでは情報を持っていますので、そういったところと連携をして個別計画にまとめていくということになると

大田区議会 2020-12-01 令和 2年12月  健康福祉委員会-12月01日-01号

高齢者施設においては、利用者やそのご家族のニーズに合ったサービスの提供に努め、効率的な運営介護人材の育成など多様な取組みがなされるよう、引き続き区との連携に期待いたします。  また、昨日、複数の委員からも質問がありましたが、選考基準のポイントの配分については、財政や運営面のウェイトが大きく、利用者及びご家族の声がどのように反映されているのか見えにくいとも感じました。

大田区議会 2020-12-01 令和 2年12月  まちづくり環境委員会−12月01日-01号

なお、委員会資料項番6の記載のとおり、このたび素案説明会オープンハウス型説明会開催につきましては、東京都と区が緊密に連携し、新型コロナウイルス感染防止の徹底を図り、万全な体制で臨んでまいります。  取り急ぎ、都市計画素案説明会開催する旨をご報告させていただきました。

大田区議会 2020-12-01 令和 2年12月  地域産業委員会-12月01日-01号

大田区新蒲田一丁目複合施設条例第4条に、施設連携を推進する事業と示されているとおり、各施設が同じ意識で連携できるよう、効果的な管理運営手法を講じることを要望します。さらに、防犯・防災に関しては、部局間連携を図りながら安心・安全な拠点になっていくことを求めます。  乳幼児から中高生、そして、高齢者まで利用しやすく、生き生きと活動できる模範の地域拠点になることを期待します。