111件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大田区議会 2020-10-01 令和 2年 9月  決算特別委員会−10月01日-01号

◎立花 空港基盤担当課長 羽田空港跡地第1ゾーンの都市計画公園につきましては、羽田空港や多摩川の近接を生かした魅力のある公園整備、運営を目指して、公民連携も視野に入れた様々な検討を進めております。  委員お話しのとおり、検討の一環として、公園事例調査、分析を行うことは重要であると認識しております。

国分寺市議会 2020-06-08 令和2年 公共施設等総合管理特別委員会 本文 開催日: 2020-06-08

階層構想のイメージと、市民窓口近接概念図を追加しております。階層構成につきましては、低層階には市民利用の頻度が高い窓口エリアを配置し、中層階には市長室エリアや、それに関連する総務・政策系の部署などを配置します。最上階には独立性に配慮し、主に議会施設を配置することとしております。地下には免震層を効率的に利用した駐車場などを配置いたします。

調布市議会 2020-03-09 令和2年 第1回 定例会−03月09日-05号

近年はICTイノベーションの進展によって情報通信業の著しい進化が見られますが、あるデータによりますと、その事業所のほとんどが23区に集中しているということで、さらにワークライフバランスライフワークバランスとも言うところもありますけども、ライフスタイルの変化もあって、子どもを抱える共働き夫婦の増加もあって、通勤地への近接を重視する居住傾向も見られるということです。

大田区議会 2020-03-09 令和 2年 3月  予算特別委員会-03月09日-01号

また、同時に羽田空港への近接や、交通利便性を活かした宿泊拠点としての強みを利用し、ホテル等宿泊事業者に対して、区内滞在者回遊を促進するための施策を積極的に進めてまいりました。  令和2年度におきましては、東京2020大会開催によりまして、世界各国から多くの訪日外国人観光客が見込まれる中、観光動向や興味、関心の高い観光資源等の把握に重点を置いた調査を実施する予定でございます。

あきる野市議会 2020-03-04 令和2年第1回定例会3月定例会議(第4日目)  本文(一般質問)

整備区間のうち、市役所の東側の秋留台東地区につきましては、市の都市計画マスタープランにおきまして、中心市街地との近接市役所行政サービスなどを生かした複合型市街地に位置づけております。現在、この地区では地権者民間業者によりますまちづくり検討を進めておりますので、これらの検討の進捗にあわせて、市では都市計画マスタープランまちづくりへの誘導を検討してまいりたいと考えております。  

大田区議会 2020-03-02 令和 2年 3月  交通臨海部活性化特別委員会-03月02日-01号

まず空港臨海部の持つポテンシャルは、工業専用地域、高い技術力をもったものづくり産業、新たな開発可能性のある土地存在、陸海空の交通が集まることから、顧客、世界との近接多くの海上公園、水辺や空港の景観、物流、防災拠点機能存在といった産業特性立地特性都市資源に独自の強みがあります。  

大田区議会 2020-02-26 令和 2年 2月  まちづくり環境委員会-02月26日-01号

蒲田まち機能更新を図る際は、例えばものづくり産業の充実といった地域資源羽田空港空港跡地近接といった交通特性を十分考慮した上でどのような機能役割を担っていくのか、広域的な視点も踏まえ、蒲田のよさを生かしたまちづくりについて、蒲田周辺地区グランドデザイン改定の中で、有識者や地域の声など多様な意見を受けとめながら検討しております。  

稲城市議会 2019-08-02 令和元年長期総合計画検討特別委員会 本文 開催日: 2019-08-02

稲城市は、都心への近接に恵まれた立地環境にあることから、開発による緑の減少が続いています。今のこの優れた環境を次代に伝えるために、市による計画的な保全への取り組みが必要である一方、市民がその価値を知り、保全活動を促進していくことも重要です。  現在、市内の小学生や中学生の緑に対する関心度は非常に高く、身近な緑に対する愛着が感じられます。

八王子市議会 2019-03-04 平成31年_第1回定例会(第2日目) 本文 2019-03-04

幸いにして、本市の場合、圏央道開通区間の延伸、立地に適する土地存在東京都心近接研究職従業員に快適な住環境バランスがよいことなどから、著名な企業が進出してまいりました。戸吹町の日清食品の研究所は200人規模体制研究者が働いており、みなみ野地域でも昨年4月に明治乳業と明治製菓が合併した株式会社明治研究所が約500人規模体制でスタートしております。  

台東区議会 2019-02-14 平成31年 2月産業建設委員会-02月14日-01号

基本的な考え方四つ目黒丸に、都心への近接空港へのアクセス性のよさを生かした企業誘致考え方を追加いたしました。また、一番下の黒丸ですが、居住者視点が明確になるように記述を変えております。  61ページをお開きください。地域名称は、地図上で区域の色分けのみでございましたけれども、町名表示ページ左下のように対応表を加えて表記をいたしました。

大田区議会 2018-10-04 平成30年 9月  決算特別委員会−10月04日-01号

◎石川 工業振興担当課長 羽田空港跡地第1ゾーンに開設される産業交流施設は、世界地域をつなぐ新産業創造発信拠点として、まさに産業ゲートウェイとしての役割を持つ施設であり、区としても、両施設近接を生かした相乗効果を図ることが、区内産業活性化に有効であると考えております。  

国分寺市議会 2018-09-05 平成30年 第3回定例会(第4日) 本文 開催日: 2018-09-05

そのような新庁舎建設を目指すためには、庁舎建設地の選定に当たり、議員が御指摘のように、建設地として想定される場所周辺状況にも着目し、災害対応施設避難場所との近接、災害時に屋外活動スペースの確保を初めとした広い防災視点から検討していくことが重要であると考え、情報収集に努めております。

大田区議会 2018-03-08 平成30年 3月  予算特別委員会−03月08日-01号

◎近藤 観光国際都市部長 大きな枠組みで観光施策を考えてみてはというお尋ねでございますが、他区と比較した場合、大田区の最大の強みでございますが、交通結節点の豊富さはもとより、羽田空港との近接にあると考えております。この強みは、23区だけでなく首都圏においても唯一であると感じております。