運営者 Bitlet 姉妹サービス
2809件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-18 日野市議会 平成30年第4回定例会(第7日) 本文 開催日: 2018-12-18 12月4日の衆議院環境委員会では、日本共産党の田村貴昭議員が廃プラスチック問題に関し、生産を削減する、廃プラを輸出していかない、焼却は最終手段とする。こうした解決方向を示しますと、原田国務大臣は、今の優先順位はそのとおりだろうと、私は思っております。焼却等、熱回収等は3Rが尽きたときに、やむを得ずやるというようなぐらいの認識ではないか、こう思っております。このように答えています。   もっと読む
2018-12-14 日野市議会 平成30年環境まちづくり委員会 本文 開催日: 2018-12-14 クローズだと思っていた国内のプラスチックが、もしかしたらオープンになっていて、それが輸出して、輸出が向こうでは受け入れられないと。 もっと読む
2018-12-06 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第1日目) 本文 2018-12-06 国の筋書きは、円安が輸出型産業に利益をもたらし、ここから設備投資を促すことで景気拡大を起こし、賃金上昇から消費拡大につなげようとした日本経済のはずでしたが、見事に失敗しました。 もっと読む
2018-11-30 港区議会 平成30年第4回定例会-11月30日-16号 日本はこれまでペットボトルやストローなどプラスチック製品から発生するごみを中国に大量に輸出してきましたが、中国はプラごみの輸入受け入れを禁止しました。タイなど東南アジア諸国でも禁輸の動きが出ており、国内での資源循環体制が大変急がれています。こうした国際情勢への対応やプラごみの分別など、私たちが身近に取り組めるプラごみ対策や、区民への啓発が大変重要であります。 もっと読む
2018-11-30 清瀬市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-11月30日−01号 設備投資の伸び率が加速しているほか、所得環境の緩やかな改善により、個人消費を下支えする可能性はあるものの、世界的な貿易摩擦や自然災害による輸出停滞の可能性も懸念され、楽観できない状況は続いています。  そうした中、さきに発表された国の平成31年度予算概算要求額は、一般会計で102兆7,658億円に達し、5年連続して100兆円を上回る規模となっています。   もっと読む
2018-11-19 足立区議会 平成30年11月19日災害・オウム対策調査特別委員会-11月19日-01号 ◆渕上隆 委員  それと飲料水なんですけれども、よく何かテレビなんかを見ていると、浄水器も、これも移動型浄水装置と書いていますけれども、何か簡単な装置で今、飲料水に、プールの水なんかも、こんな飲料水にできるんですよみたいな、あと何か海外に輸出していたりとかしているみたいなんで、そういう意味では浄水装置も結構、今、簡便なやつがあるんですよね。 もっと読む
2018-09-19 日野市議会 平成29年度一般会計決算特別委員会 本文 開催日: 2018-09-19 で、この方が結局何を言ったかというと、財務省は、何か海外輸出ばっかり頑張るけれども、そうじゃなくて、一時的に消費税を下げてもいいんじゃないかと。そういうことによって景気を刺激するということもあるんじゃないかというような見解を、こういう経済のいわゆる専門家ですよね。 もっと読む
2018-09-14 目黒区議会 平成30年決算特別委員会(第2日 9月14日) また、中国では、昨年、廃プラスチック等の固形廃棄物について、一部を輸入禁止にするとし、日本は1年間に排出される廃プラスチック約900万トンのうち約140万トンを中国へ輸出しており、廃プラスチックのリサイクルをめぐり、今後の影響が懸念されています。   もっと読む
2018-09-10 目黒区議会 平成30年都市環境委員会( 9月10日) それが資源と称して他の国に輸出しているんだけれども、処理能力がないから、もうまさにごみの中で埋もれて、上水ももう飲み水がひどい状態になって、女の子がそういったものを飲んだり、どぶのようなところで顔を洗ったりという状況が、もうインパクトがすごくて目に焼きついてますけど、しかも海洋にたまっていると。日本のそれに対応する役割って、非常に重大なんだなというのをまざまざと感じました。   もっと読む
2018-08-28 足立区議会 平成30年 8月28日災害・オウム対策調査特別委員会-08月28日-01号 29受理番号4の学校・保育園給食の食材の安全を求める陳情に関してなんですけれども、予算特別委員会でも主張させていただいて、いかに国際的にも中国への日本からの輸出食品に関してはゼロBqを保証しているという状況なども示しまして、ドイツでもゼロから1桁レベルで乳幼児には規制を設けるべきだというようなことも主張しまして、いかに日本の基準が危険かということも言いました。   もっと読む
2018-06-20 荒川区議会 平成30年度定例会・6月会議-06月20日−01号 先ごろ、トランプ政権は日本の自動車輸出に対する二五パーセントの関税を打ち出しました。貿易戦争という新たな局面の中で、日本がどうやって独立国の矜持を保ちつつ生きていくのか、まさに今日的課題ではないでしょうか。  さて、一八六七年(慶応三年)の将軍徳川慶喜による大政奉還にもかかわらず、翌一八六八年(慶応四年)、鳥羽伏見の戦いを契機に戊辰戦争が始まりました。 もっと読む
2018-05-09 目黒区議会 平成30年生活福祉委員会( 5月 9日) なお、違反品の処分についてですが、資料裏面になりますけれども、輸入者が5月2日に全量、輸出国であるスウェーデンに返品しましたことを確認しております。  資料の最後に、食品衛生法関係の条文の概要を載せておりますので、参考としてごらんいただければと思います。  説明は以上です。 ○橋本委員長  説明が終わりました。  質疑を受けます。 ○須藤委員  写真のやつでしょう、これね。 もっと読む
2018-04-17 足立区議会 平成30年 4月17日総務委員会−04月17日-01号 東芝の子会社だった原発メーカーが破綻して1年がたつんですけれども、これはアメリカにある会社ですけど、もともとの計画では、この原発を40基ぐらい輸出すると、増やすという計画だったけど、それは一つも見通しがなくなって、その上で、買い取った後の会社も丸ごと建設するビジネスからは撤退するんだと。 もっと読む
2018-03-30 日野市議会 平成30年第1回定例会(第6日) 本文 開催日: 2018-03-30 日本経済の景気回復は2012年末から緩やかに回復基調を続けており、さらに、2016年後半から海外経済においても緩やかな回復を背景に輸出や生産が持ち直すなど、戦後2番目の長さとなったとの指標が示されております。  平成30年度日野市法人市民税においても、対前年度比39%の増額にあらわれております。 もっと読む
2018-03-27 狛江市議会 平成30年第1回定例会(第5号) 本文 開催日: 2018-03-27 近年消│ │費者の中食,外食利用が増加し,特化した品種の開発や生産,流通が求められていることや,海│ │外輸出のための戦略として,新しいニーズに柔軟かつスピーディーに対応するためとされてい │ │る。                                          もっと読む
2018-03-26 町田市議会 平成30年 3月定例会(第1回)-03月26日-06号 母子相談にしても、保健相談にしても、そうしたものをしっかりとまたさらに充実をして、それで、さらに手法においては、先ほどから繰り返している町田・安心して暮らせるまちづくりプロジェクト、これは地域包括ケアシステムの例として、今、日本の議員連盟を中心にアジア健康構想というのが実は立ち上がっておりまして、この町プロというのが世界のモデルになるというので、この町田市でやった地域包括ケアシステムをアジアを中心にして輸出 もっと読む
2018-03-23 日野市議会 平成30年度一般会計予算特別委員会 本文 開催日: 2018-03-23 企業をめぐる情勢としては、海外の景気が回復する中で、輸出の持ち直し、生産の緩やかな増加が見られ、設備投資も緩やかに増加しております。企業収益についても改善しており、企業の業況判断も改善しております。また、市内の大規模法人の業績についても好調であることから、21億3,000万円余り、平成29年度当初予算比39.1%、5億9,820万円の増と見込んでおります。   もっと読む
2018-03-20 町田市議会 平成30年建設常任委員会(3月)-03月20日-01号 それについては、2020年度で水銀灯の製造、輸出、輸入が終わってしまいますので、今後、道路部などとも調整をしながら、どういうふうに更新していくかというところを進めていきたいということで検討しているところでございます。 もっと読む
2018-03-20 台東区議会 平成30年 予算特別委員会−03月20日-01号 実は、余り知られていませんが、日本と韓国は、アジア各国へのイチゴ輸出で最大の競合国となっており、品種の流出により、損失は最大で約40億円以上と推計されています。ご存じのように、品種登録は国ごとに手続が必要となっています。  本区でも、浅草の有名な仏具店が、類似商標トラブルで物理的な被害をこうむっております。 もっと読む
2018-03-19 足立区議会 平成30年 3月19日災害・オウム対策調査特別委員会-03月19日-01号 そういったことで、例えば、大手乳業メーカーでは、中国への輸入に関してはゼロBqを要求されているから、ゼロBqで輸出しているというような現状もありますと、そういう中で、だから子どもに対する影響を最小限にさせていこうと、ベクレルも最小限減らして、安全なものを保障していこうといった思いに立って、各自治体が放射能測定をしているわけですね。そういったこともあります。 もっと読む