10264件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

豊島区議会 2020-12-02 令和 2年区民厚生委員会(12月 2日)

提供サービスは、一般デイサービス定員40名、認知デイサービス定員12名となってございます。面積につきましては約1,621平米でございまして、持分の共有面積を含むものでございます。5番としまして、位置図を示してございます。裏面を御覧ください。(6)としまして、平面図をつけさせていただいております。機能回復訓練室ですとか、日常動作訓練室、デイルーム、浴室、食堂とございます。  

大田区議会 2020-11-13 令和 2年11月  総務財政委員会-11月13日-01号

また、認知のケースもございます。あと、その中で地域的な見守り、既存の事業の中でやっていく、今回の実際の再犯防止計画だけではなく、その貧困対策というのは当然必要なことかと思っていますので、あえてそこのところで貧困対策というところは切り出しているわけではございません。

目黒区議会 2020-11-10 令和 2年生活福祉委員会(11月10日)

(2)の認知対応型通所介護事業所、こちらは通常認知デイと言われていますけれども、こちらも自己評価は79点となってございます。  おめくりいただいて、17ページの9番で評価委員会評価結果でございますけども、(1)の小規模多機能型につきましては76点、(2)の認知対応型につきましては、こちらも76点ということで評価をしてございます。  10番の評価の内訳、それと所見でございます。  

板橋区議会 2020-10-27 令和2年第3回定例会-10月27日-04号

地域活動の現場で起きていることは、子ども食堂介護予防認知カフェ、障がい者の余暇活動等と、縦割りで全てが対象別に分断されているということです。子ども食堂だけれども、担い手の高齢者介護予防になっていて、障がい者も一緒に参加している。1つの事業には、多面的な役割があるにもかかわらず、1面的な評価しかしないのはもったいないと考えます。

江東区議会 2020-10-20 2020-10-20 令和2年高齢者支援・介護保険制度特別委員会 本文

理由といたしまして、当該法人は、認知サポーター支援、ふれあい食堂事業に加えて、関係機関や団体と高齢者との連携を図る地域コーディネート事業の提案があり、地域包括ケアシステムに沿った地域福祉向上の意欲が認められた。法人財務状況も安定してございまして、次期指定管理期間5か年の安定した運営が可能である。  以上が理由でございます。  説明は以上でございます。

大田区議会 2020-10-20 令和 2年10月  羽田空港対策特別委員会−10月20日-01号

杉山 委員 難聴になると、なかなか日常生活でコミュニケーションが取りづらくなるので、認知が結構出てくるのではないかなという。それで、都のほうも補聴器の助成なども認知予防に関わると、いい方向に持っていけるという部分でありますので、その辺の認知のデータも含めて。 ○渡司 委員長 杉山委員委員会所管がそこだと違いますので、すみません。騒音被害に関して。

江東区議会 2020-10-19 2020-10-19 令和2年防災・まちづくり・交通対策特別委員会 本文

それでこういった中では、ふだんのお話の中から健康状態や健康に関わる生活状況を把握するということでございますけれども、話の中では、転倒してしまって、足を骨折したんだけれどもというような話だとか、御主人が認知になって、どうやらちょっと外を徘回してしまったんだけれどもというような御相談、あるいは、また後ほど病気の状況を御説明いたしますけれども、かなり統合失調症で幻想、幻覚といいますか、そういった症状の出

世田谷区議会 2020-10-16 令和 2年  9月 定例会−10月16日-05号

認知とともに生きる希望条例に関しては、認知施策を体系的に推進するために策定する認知とともに生きる希望計画検討状況が問われるとともに、認知に対する正しい知識の普及啓発理解促進に資する図書館づくりや、若年性認知の方に対する支援策の構築など、認知になっても安心して暮らせる取組推進に期待が寄せられました。  

大田区議会 2020-10-15 令和 2年10月  健康福祉委員会−10月15日-01号

地域に選ばれるデイサービスを目指し、サービス提供に努め、一般通所介護認知対応型通所介護ともに、利用率は高水準を維持しています。地域との交流の機会を設け、ボランティア、実習生の受入れなど、積極的に行っております。  続きまして、糀谷高齢者在宅サービスセンターでございます。  こちらは、通常モニタリングを実施しております。4の施設所管課所見をご覧ください。

目黒区議会 2020-10-14 令和 2年生活福祉委員会(10月14日)

そして、今もやっているんですが、小学校におきます認知サポーター小学校に行って認知サポーター授業をしたりしております。  また、ちょっと違いますが、薬物防止推進ということで、小学校で各学年の教室授業をさせていただいたりしております。  あらゆる取組で進めていくということで、私どもも施策をこれから考えていきたいと思います。  

世田谷区議会 2020-10-13 令和 2年  9月 決算特別委員会-10月13日-08号

これを認知に置き換えてみます。認知の方が万が一、踏切に立ち入って電車を止めてしまった、あるいは隣の家の窓ガラスを割ってしまった、他人にけがをさせてしまったなどの損害賠償が発生したとします。これも民間による認知損害賠償保険に加入していれば補償されるわけですが、当然そのための保険料は個人、つまり認知の御本人、御家族が支払うことになります。

江戸川区議会 2020-10-13 令和2年10月 総務委員会-10月13日-08号

日頃から感染予防というのは努めているんですけども、やはり認知の方とか障害者の方に理解していただくことは難しくてマスクをつけることは難しいし、介護職員マスクをすることを怒る方もいらっしゃるんです。でも、それでもちゃんとマスクをして感染予防には努めていながらケアをしているところなんです。

江戸川区議会 2020-10-12 令和2年決算特別委員会(第8日)-10月12日-08号

医療、介護、各分野の連携を密にし、早期発見早期診療に努めるとともに、認知理解予防に努めるなど、認知高齢者の方々が、いつまでもともに地域で暮らしていけるよう様々な対策支援を行うよう要望します。  以上、具体的に申し上げた要望事項については、特段の配慮をお願い申し上げます。