1330件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大田区議会 2021-06-18 令和 3年 6月  羽田空港対策特別委員会−06月18日-01号

産業経済政策にもつながるということは理解しなければいけないということで、様々な文言の間違い、それから認識の間違いが理事者見解により示されたとおり、政治活動の中で何かを敵に据えて、それをやっつけることによって、私たち区民の見方だという政治手法というのは、様々な野党の皆さんがやっていらっしゃることでありますし、ハチ公の上に飛行機が落っこちるチラシを一生懸命配っていらっしゃる方もいますので、その活動自体言論

杉並区議会 2021-06-09 令和 3年 6月 9日文教委員会-06月09日-01号

今、行政の中でもかなり多様性を認めるという動きが出てきている中で、一方では、先ほども少し取り上げましたが、SNSの言論空間というのはかなり過激化しているというところもあります。ですので、今後の子供たちに対しては、他者の多様性を認めていく、そして寛容な社会を、寛容な教育をつくっていくということが非常に重要ではないかなと私は思っております。

墨田区議会 2021-05-27 05月27日-01号

私権が制限され、言論活動さえも場合によっては窮屈になっている中で、32名が先ほど木内議長もおっしゃられましたが、それぞれが相互に敬意を持って接し、胸襟を開いて、それぞれが背負っている住民の声に真摯に向き合い、それらを反映させるための言論の自由を確保すること、これに今まで以上に敏感になることの大切さを感じています。 

東久留米市議会 2021-03-26 令和3年第1回定例会〔資料〕 開催日: 2021-03-26

│ 日本学術会議は、「学術民主化」として、基本的人権である思想学問言論の自由をもと│ │に、「人類の平和」を理念として設立されました。日本学術会議は、1950年4月、「戦争を│ │目的とする科学研究には絶対に従わない」という声明を出し、さらに1967年には同じ趣旨│ │の「軍事研究反対声明」を出し、科学の成果が戦争に利用される危険性を訴えました。

渋谷区議会 2021-03-25 03月25日-04号

1つは、個人言論を通じて個人の人格を発展させ、個人的な価値自己表現価値をいう、つまり表現の自由として、皆さんが知っているとおり、いろんな表現皆さんがしていくことができます。例えば、書くこととか言うこととか、そういうことがそうです。もう一方、この憲法第21条には受け手である区民の自由というのがあります。国民の自由があります。これ、国民の自由とは聞く自由、見る自由、そして読む自由です。

江戸川区議会 2021-03-12 令和3年 3月 総務委員会-03月12日-20号

大西洋平 委員 質問ではございませんでしたけど、今意見を、貴重なご意見を申し述べていただきましたので、私もちょっと発言をさせていただきますけれども、本当に委員のご指摘のとおり、言論の自由に侵害があってはならないという大前提で立っております。批判と悪質な誹謗中傷というのは全く異なるものでございますので、悪質かつ違法ということを指しているものでございます。

大田区議会 2021-03-03 令和 3年 3月  交通臨海部活性化特別委員会-03月03日-01号

委員会傍聴規則第5条により、傍聴人委員会における言論に対して批評を加えること、拍手その他の方法により可否を表明すること。また騒ぎ立てることは禁止されております。委員長の命令に従わないときは、委員会傍聴規則第7条により退場を命じますので、念のため申し上げます。  では続きまして、3第17号 リニア新幹線工事に関する陳情について、各会派に取扱いを伺います。  自民から、お願いいたします。

小平市議会 2021-02-25 02月25日-04号

これは、言論環境ということを考えると、私は本当に非常に恐ろしい状況にあるなと思っています。もちろん様々なことを過度に不安をあおるということは歓迎されるべきではないですけれども、一方で、過度に有効性を喧伝していると私などから見れば思えるような記事については削除されないということですから、まさに戦前や戦中のような雰囲気になってきているのではないかというふうに危惧しているところでございます。 

足立区議会 2021-01-18 令和 3年 1月18日総務委員会−01月18日-01号

土屋のりこ 委員  これまでは100%入れるよということだったんですが、こういう状況になって定員の半分にしてくださいという要請も出されているということですし、今後の在り方について検討されるということなので、議会としてもやっぱりこういった区民の方の言論の自由、表現の自由を守っていくためにも、そういった請願を、是非採択して、後押ししていきたいなと思いますので採択を求めます。

町田市議会 2020-12-23 令和 2年12月定例会(第4回)-12月23日-付録

今回の任命拒否の問題は、政府による学問への支配の表れであり、ひいては表現の自由、言論の自由への介入につながることを危惧する。  よって、町田市議会は国に対し、日本学術会議会員任命拒否撤回し、任命することを求める。   以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。        

多摩市議会 2020-12-21 2020年12月21日 令和2年第4回定例会(第8日) 本文

香港の高度な自治は1997年、英国からの返還に当たって中国自身世界に誓った公約であり、香港の地位を定めた香港基本法言論・報道・出版の自由、結社・集会・行進・示威行動の自由を明記しています。中国政府には、これを厳格に守る義務があります。  また、中国政府世界人権宣言国際人権規約ウィーン宣言など、人権擁護の国際的な取り決めを支持し、署名しています。  

清瀬市議会 2020-12-17 12月17日-05号

これは表現の自由への侵害であり、言論の自由への明確な挑戦です。今回の任命除外を放置するならば、政権による表現言論への介入はさらに露骨になることは明らかです。もちろん映画も例外ではないと指摘します。 日本消費者連盟も、次に来るのは市民活動に対する締めつけであり、規制の強化であることは容易に想定できますと述べています。 

あきる野市議会 2020-12-06 令和2年第1回定例会12月定例会議(第6日目)  本文(採決)

反対する陳情と一くくりにするのは、言論、意見を重視すべき議員としてあまりに乱暴です。  加えて、今回の無責任極まりない言動について撤回を促すとしつつ、特定の発言など具体的に示していません。これは、質疑の中で、反省を促したいのだと説明されました。それであるならば、そのように明記すべきであり、意図が正しく伝わらない文書を議会として出すべきではないと考えます。  

墨田区議会 2020-11-26 11月26日-01号

表現言論侵害にもつながる全国民に関わる重大問題となっています。区長はどのように認識されているのか、見解を問うものです。 第2に、デジタル化の推進についてです。 菅政権が推進しているデジタル化は、安倍政権以来の経済成長戦略の延長線上にあり、各国企業国家間の競争に勝ち残ることに主眼が置かれています。

小平市議会 2020-11-24 11月24日-01号

これはやっぱり言論を闘わせる場だから、まともに議論していただきたいわけですよ。 報酬等審議会にしたって、審議会にかけずに我々が勝手に決めるんじゃなくて、こうやって議会に諮っているんだ、こんなことを副市長はおっしゃったけれども、そんなことを言っていたら各種審議会なんて要らないじゃないですか。パブリックコメントなんて、やらなくていいじゃないですか。

国立市議会 2020-11-18 令和2年第4回定例会(第6日) 本文 開催日: 2020-11-18

先ほど重松議員のほうから詳しく説明がありましたが、皆様、御存じのとおり、日本学術会議は1930年代、滝川事件天皇機関説事件のような国家権力による言論の自由、学問への弾圧または科学者軍事目的の非人道的研究に向かわせた戦前の体制に対する反省の上に、第二次世界大戦後、平和国家の構築を旨として1949年1月に設立されました。これはしっかりと守らなければいけません。  

国立市議会 2020-11-02 令和2年第4回定例会(第2日) 本文 開催日: 2020-11-02

図書館は、これらの思想言論抑圧に対しても反対する」。「それらの抑圧は、図書館における自己規制を生みやすい。しかし図書館は、そうした自己規制におちいることなく、国民の知る自由を守る」。  次に、くにたち中央図書館資料収集方針です。「資料収集の自由を守る」。「『図書館の自由の宣言』にうたわれた項目に留意し、蔵書構成不偏性をめざす」。

渋谷区議会 2020-11-01 11月26日-17号

これに対して抗議と任命拒否撤回を求める署名は十四万を超え、六百九十もの学会などが、学問の自由だけでなく、言論表現、信教の自由などの侵害だと声を上げています。山際寿一日本学術会議前会長は、国の最高権力者が「意に沿わない者は理由なく切る」と言い出したら、全体主義につながると警告しています。 区長は、この問題が法の支配区民基本的人権に関わる重大問題という認識がありますか。

杉並区議会 2020-10-13 令和 2年第3回定例会−10月13日-25号

ありもしないルールを、さもあるかのように言い立てて、議員言論を統制しようとは、議会軽視も甚だしい。  また、区長は、議案審査終了直後に、委員意見及び委員会の運営に対し、以下の趣旨発言した。  「委員意見に含まれていた言葉について、この場で意味の説明を求めたい。誤りであるならば、謝罪と撤回を受け入れたい。区議会とは、そんなに権威のないところなのか。」