10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

千代田区議会 2016-12-22 平成28年企画総務委員会 本文 開催日: 2016-12-22

公共施設管理の費用の見方そのものも、これから4,830億、50年間でかかるよとおっしゃっているんだけれども、その前提数字が、一体、公共施設を何年使う前提になっているのか、それからいつどんな修繕をするような前提になっているのか、その前提論によっても数字の出し方が変わってくると思うんですね。

大田区議会 2015-06-15 平成27年 6月  都市整備委員会−06月15日-01号

そこを見ることが大事だとなると、今の第16条と言いましたけれども近傍同種、この見方そのものが間違いだと思うのですよ。  やはり公営住宅としての建物であり、民間賃貸マンション賃貸住宅と同じに見ろというのでしょう。だったらいらないではないですか、このような供給公社などの考え方民間でいいことになりますよ。  

豊島区議会 2010-07-28 平成22年豊島副都心開発調査特別委員会( 7月28日)

だけれども、例えば豊島区の土地に対するあそこの旧日出小跡地に対する評価評価額をどう見ているのかとか、それから南池袋児童館跡地をどう見たらいいのかとか、そういう見方そのものも私たちは示されていないのです。一般的に地価との関係で幾らとして、大体、評価が行われるとかというものとはまた違うと思うのです、あくまでも区有地ですから。そこら辺の考え方はどうですか。

多摩市議会 1997-03-07 1997年03月07日 平成9年度予算特別委員会(第2日) 本文

◯菅原委員  消費税増税を国民のアレルギーだという見方そのものが全く間違ってますよ。ならどうして七割以上の方が反対して、しかも総選挙のときに国会議員の七割が消費税増税を凍結するとか何とかって言うんですか、単にアレルギーに対して、とても怖いからそういう反応を示したというふうにおっしゃるんですか、とんでもありませんよ、その考え方をまず撤回していただきたいというふうに思います。  

国分寺市議会 1994-06-13 平成6年 第2回定例会(第3日) 本文 開催日: 1994-06-13

また、この出現率見方そのものも、いろいろな見方があると思います。一般的に確実に支持されている、そういうものが正しいかどうかということも、そのままずっと最終数値が出るかどうか、それはいろいろ議論があるところだと思います。ただ、おっしゃるように、確かに一定の数値目標というものを定めて、これをクリアする努力をするんだというのが、大まかに言うと地域の計画でございます。  

立川市議会 1993-06-01 06月16日-09号

総務委員会の中では、NTTに関して、民間企業というような御意見もあり、それらが不採択の理由になったようだと思いますが、私は、NTTに対しましての民間企業という見方そのものがまず違うのではないかと、このように思うわけであります。NTTの最大の株主は政府であります。また、NTTの前身、日本電信電話公社や、その前の郵政省の直接の事業であった時代、こういう時代は、政府が直接金を出していたものであります。

立川市議会 1992-09-01 09月17日-15号

私は、明るい方向とか、あと一歩という、うまくいっているような見方そのものがおかしいのではないか、このように思うわけです。基本的に一致していないわけですから。 六月の北口開発特別委員会石橋助役は、立飛との問題で協議の再開の申し出に行ったと答えておられましたが、立飛との関係は市長が就任時に言った「修復」というこの課題、これがどうなったのか。

  • 1