1666件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

世田谷区議会 2020-07-02 令和 2年  7月 都市整備常任委員会-07月02日-01号

判決理由でございますが、原告世田谷区は被告連帯保証人に対して、平成二十二年十二月頃に債務履行を求めた後、平成三十年九月まで被告に連絡することなく、本件住宅使用許可を取り消さないまま、本件住宅使用を継続させていた。このような事情及び保証人保護観点を考慮すれば、原告被告に対し連帯保証債務履行請求することは信義則に反し、許されないとなってございます。  

世田谷区議会 2020-07-01 令和 2年  7月 文教常任委員会−07月01日-01号

以上によりまして、被告国家賠償法第一条第一項に基づく損害賠償責任があるとし、損害賠償金四千百二十万円余を原告に対して支払うよう求めているものでございます。なお、内訳は記載のとおりでございます。  最後に、今後の対応でございますが、相手方の請求内容を十分精査いたしまして、適切に対応してまいります。  報告は以上でございます。

町田市議会 2020-06-18 令和 2年総務常任委員会(6月)−06月18日-01号

訴訟概要でございますが、2019年9月9日、町田市が原告となり、市内在住の50歳代の男性被告として、生活保護費の返還などを求める訴訟東京地方裁判所に提起したものでございます。  2019年11月29日の第1回口頭弁論期日には、被告の方は出頭されずに、市の請求原因事実を認める答弁書の提出がございました。

町田市議会 2020-06-17 令和 2年建設常任委員会(6月)−06月17日-01号

概要としましては、2010年12月に忠生土地区画整理事業保留地において発生しました井戸跡地陥没補修工事を市が被告に代わり施工したため、その費用損害賠償とし、被告に対し支払いを求める訴訟提起をいたしました。その訴訟が2019年12月に終結し、町田市の勝訴が確定しましたので報告いたします。  原告町田市、被告区画整理事業区域内の従前所有者、現在はアメリカにお住まいになっております。  

武蔵野市議会 2020-06-12 令和2年 総務委員会 本文 開催日: 2020-06-12

20 【河戸自治法務課長】  住民訴訟内容でございますけれども、1件目の弁護士費用に係るものにつきましては、昭和54年に提訴された案件でございまして、市長等被告となっている裁判におきまして、弁護士費用を公費から支出したことについて住民訴訟が提起されたものでございます。こちらについては、150万円の賠償が命ぜられているものでございます。  

杉並区議会 2020-06-02 令和 2年第2回定例会−06月02日-15号

ローガン弁護人も帰国に際し、日本は最初から世界侵略の野心など全くなかった、起訴事実は全部無罪であると全被告に語っております。  また、従軍慰安婦は、2014年、朝日新聞が誤報と認め、謝罪。創氏改名も朝鮮人全員の方に強制はしておりません。1932年から1939年の東亜日報によると、朝鮮人悪徳業者が誘拐し、満州などに売ろうとした朝鮮人の婦女子100名以上を全て日本の警察が救出。

港区議会 2020-05-12 令和2年第1回臨時会−05月12日-07号

四 控訴年月日  令和二年三月二十七日 五 第一審の概要等  (一) 当事者     原 告 個人     被 告 東京都港区芝公園一丁目五番二十五号          港 区  (二) 事件の要旨  原告は、平成三十一年二月二十一日、被告である区の職員(以下「被告職員」という。)が運転する自転車と原告が運転する普通乗用自動車が衝突した事故(以下「本件事故」という。)

日野市議会 2020-03-30 令和2年第1回定例会(第7日) 本文 開催日: 2020-03-30

河内問題だって、河内問題については、市長が今裁判の、私たちが原告被告になっているんですよ。その立場で、じゃあ自分にこことこことここは責任があるから、これだけの減額自分自身に課したんだと。こういう説明があって減額というんであればわかりますけれども、裁判も係争中、そこで非は認めていない。だけども市民に向けてはパフォーマンスで自分の給料を下げましたよと。

三鷹市議会 2020-03-27 2020-03-27 令和2年 第1回定例会(第5号) 本文

数十年に及ぶ闘いの中、元被告人が亡くなる場合や相当に高齢となるなど、冤罪被害者救済を長引かせ人生を阻害し続けることは非人道的であり、合理性を欠くものである。  現行刑事訴訟法が施行されて70年を経た今もなお、再審法は何ら改正されることなく現在に至っている。そもそも、再審は、冤罪被害者救済のための「最終手段」であり、無実を訴える者の人権保障のためにのみ存在する制度である。  

東久留米市議会 2020-03-26 令和2年第1回定例会〔資料〕 開催日: 2020-03-26

││ ││      │4.被告人の人権を守る観点から再審制度是正改善が必要である。よっ││ ││      │  て、本請願は採択すべき。                    ││ ││      │5.えん罪事件をなくすためにも本請願は採択すべき。         

羽村市議会 2020-03-23 令和2年第2回定例会(第4号) 本文 2020-03-23

訴訟費用被告負担とする」の裁判長の声が響きました。「市の歳入の規模が210億円から240億円程度なのに対し、事業計画では支出が77億円以上になる年度があり、非現実的。2022年3月までの事業計画の期間も、進捗状況からかけ離れて実現不可能であり、計画変更は違法・取り消す」「事業に進展が見られず、取り消しても公共の福祉に反しない」という判決です。羽村市は「市側の主張が認められず、誠に遺憾。

杉並区議会 2020-03-16 令和 2年予算特別委員会−03月16日-10号

ふるさとに帰りたくても帰ることができない人々は4万人以上に上り、避難者賠償住宅提供を打ち切られ、立ち退き訴訟被告にされようとしています。  この間、被爆者団体がニューヨークの国連本部で開催する予定の原爆展に外務省が介入し、福島第一原発事故概要を伝えるパネルを変更しなければ後援を取り消すと恫喝していることが明らかになりました。

武蔵野市議会 2020-03-09 令和2年 建設委員会 本文 開催日: 2020-03-09

2、事案(訴状)の概要でございますが、平成29(2017)年1月26日、原告が武蔵野市中町1丁目の横断歩道を歩行中、運行中のムーバス(三鷹吉祥寺循環)と接触し、骨盤骨折等の負傷をしたことについて、被告らに対し、損害賠償の一部として、連帯して記載の金額及びこれに対する遅延損害金支払いなどを求め、令和2(2020)年1月22日、東京地方裁判所立川支部に訴えを提起した事案でございます。  

日野市議会 2020-02-27 令和2年第1回定例会(第2日) 本文 開催日: 2020-02-27

てんかんの持病を抱えながらも社会人として自立した生活をしようと努力してきた患者様及び御遺族に精神的な苦痛と経済的な負担を背負わせてしまったこと等を重く受けとめ、また早期解決により原告被告の双方の負担軽減になること等の理由により、和解の提案を受けることとしたものでございます。  なお、和解条項案につきましては、議案書裏面のとおりでございます。  説明は以上でございます。