194件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

杉並区議会 2019-09-12 令和 元年第3回定例会-09月12日-19号

2011年6月30日ですけれども、直人政権のときに、マイナンバーに関する大綱が出されております。それまで民主党は、マイナンバー制度について余り積極的ではなかったんですが、政権をとってからこういうふうに切りかえたと言うこともできます。そしてその後、自民党政権になってから、マイナンバーがどんどんどんどん制度として変わってきているんです。そのことについてお尋ねします。

武蔵野市議会 2018-06-12 平成30年第2回定例会(第1号) 本文 開催日: 2018-06-12

先進国の視察はもとより、社会に呼びかけた自治体の提言、時の直人厚生大臣との討論会をも開催した一連のアクションは、これは私自身が物事を決める際の根本に置いている万機公論に決すべしの立場から、提言が反映されたこととともに有意義なものであったと思います。  そこで質問の一つは、市長は保険者として現況の財政運営をどう見ているか、お聞きします。  

東久留米市議会 2018-03-06 平成30年第1回定例会(第4日) 本文 開催日: 2018-03-06

桜木善生候補は、日本共産党のほか、社民党、自由党の推薦を受け、立憲民主党 直人衆院議員末松義規衆院議員有田芳生参院議員など、幅広い政党と数多くの市民団体の支援を受け、市民が主役の市政への転換を軸に、家庭ごみ指定収集袋の値下げ、公立保育園全園廃園計画の見直し、交通不便地域解消など、市民の切実な要望の実現を公約に掲げ、多くの市民共感と支持を集めました。

世田谷区議会 2018-02-21 平成30年  3月 定例会-02月21日-01号

先日の国会では、立憲民主党直人元首相が、東京電力福島第一原子力発電所事故について、自民党政権の責任を追及しました。その際、安倍首相は、原発の安全神話に陥り、あのような悲惨な事態を招いたと答え、政府電力事業者の責任を認めたものの、今後も原発の再稼働と輸出を行っていくという姿勢は崩しておりません。  

武蔵野市議会 2017-12-04 平成28年度決算特別委員会(第3日目) 本文 開催日: 2017-12-04

なぜこういうことを言うかと申しますと、その後にも別のもので、これはその当時の現職の衆議院議員、現衆議院議員でもありますけれども、直人さんの民進党個人の自分だけのポスターが張ってあって、選挙期間中もそのまま張ってあったと。その後に実際に個人のお宅だと思いますが、個人のお宅のところに張ってあるところに、横に証紙を張ったポスター、要は許されるポスターが横に張ってあったと。

武蔵野市議会 2017-11-29 平成29年第4回定例会(第4号) 本文 開催日: 2017-11-29

また、衆議院議員選挙においては、当該選挙直前に、当時、民進党 直人衆議院議員個人ポスターが市内に──一人で写っているポスターでありますが──が張ってあり、同様に武蔵野市選挙管理委員会から違法との指摘とともに、撤去の指示があったはずです。この2つについては、時間を置いてから撤去をされましたが、違法なものはすぐに撤去するべきだったと考えます。  次の質問です。

八王子市議会 2016-03-30 平成28年_第1回定例会(第5日目) 本文 2016-03-30

こういった会議に参加して、世界の人と対話をしている人から話を聞くと、国内に原発を持つ国の人は、皆、怖いと思っていて、実際の事故対応について聞きたくて知りたくて、原発事故対応をした張本人である直人元首相に対して質問を浴びせかけるといった現実があるそうです。こうした全地球的に解決していかなければならない問題に目をつぶっているわけにはいかず、あるものをなかったことにはできないわけです。  

葛飾区議会 2014-03-11 平成26年保健福祉委員会( 3月11日)

当時の首相でありました直人氏は、基本合意はスタートラインですと、何万、何十万人の人が苦しんでいる、心からおわびいたしますと謝罪までしました。こうした中で、一刻も早い被害者救済と公的な医療助成の拡充など、これが求められていると思います。私は採択を主張いたします。 ○(向江すみえ委員長) 政策葛飾。

日野市議会 2013-12-16 平成25年環境まちづくり委員会 本文 開催日: 2013-12-16

直人衆議院議員、民主。平沢勝栄衆議院議員、自民。そして、富田茂之衆議院議員、公明。福島みずほ参議院議員、社民。田嶋要衆議院議員、民主。穀田恵二衆議院議員、共産ということで、自民・公明の国会議員さんいっぱいいらしているわけですけれども、本当に連帯して、この家賃値上げには反対するぞという声を上げていらっしゃるようです。(「反対じゃないんだ。緩和なんです」と呼ぶ者あり)緩和。  

豊島区議会 2013-07-25 平成25年行財政改革調査特別委員会( 7月25日)

まず、経過でございますけれども、第30次の地方制度調査会平成23年8月24日、当時の直人内閣総理大臣の諮問を受けて検討が始まっております。この8月24日の初回を含めまして5回総会を行う、また、間に36回の専門委員会を開催いたしまして、今回の答申に至っているということでございます。答申はことしの6月25日、安倍内閣総理大臣に対して提出されております。  

江戸川区議会 2013-07-23 平成25年 7月 行財政改革特別委員会-07月23日-03号

これを諮問した総理大臣ですけれども、当時の 直人首相でございます。  この調査会ですが、会長を西尾 勝さんが務められております。委員は、学識経験者が18名、国会議員地方六団体、合わせて全部で26名の委員で構成をされております。  今回の諮問事項でございますけれども、1点目が大都市制度のあり方。さらにもう1点が、基礎自治体の担うべき役割や行政体制のあり方についてであります。  

江戸川区議会 2013-07-09 平成25年 7月 総務委員会−07月09日-04号

まず、地方制度調査会でございますけども、こちらは内閣総理大臣の諮問ということで、その案件につきまして調査、審議をするために組織されているものでありますけれども、今、第30次の地方制度調査会でありますが、これは23年8月24日に当時の直人総理大臣によって諮問をされております。会長は西尾 勝さんです。  

江戸川区議会 2013-06-12 平成25年 第2回 定例会-06月12日-02号

後を継いだ直人政権においては、東日本大震災福島第一原子力発電所をめぐる対応が後手後手に回り、参議院選挙で大敗。三人目の野田佳彦氏が総理大臣となるころには、日経平均株価は八千七百円二十九銭に下落、円相場は七十六円九十一銭まで円高が進むなど、市場民主党政権に愛想を尽かし、もはや日本経済に期待するものはないとでもいうかのようなさんたんたる状況に陥っていました。  

小金井市議会 2013-06-06 平成25年第2回定例会(第2号) 本文 開催日: 2013-06-06

このインクルージョンとは何かということなんですが、これは正式にはソーシャルインクルージョンということで、現在、福祉の分野では取り上げられている言葉でありまして、社会包摂という訳をされているものでありまして、少し前なんですが、直人総理大臣が当時の所信表明演説で取り上げたということで、当時、福祉の分野では話題となった言葉なんですね。  

杉並区議会 2013-02-18 平成25年第1回定例会−02月18日-03号

2月12日に、私の所属する反原発自治体議員市民連盟が、その講座として、元首相であった、ちょうど福島第一原発時に首相であった直人氏の講演を行いました。  その報告によれば、当時チェルノブイリは、1基であれだけのことだったと。福島原発事故の場合に、仮に第一原発が爆発し、第二原発に影響が及べば、10基の原発と11基の燃料プールが放置されることになる。