31件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

豊島区議会 2020-11-30 令和 2年総務委員会(11月30日)

今は、確かに豊島区は、SDGs未来都市、あるいは自治体SDGsモデル事業、ダブル選定をされているという、そういうときであります。だから、これをアピールするというふうなところは理解できないわけではないんですけど、ただ、今そのコマーシャルとかテレビの報道などで、SDGsというものがどんどん言われておりまして、これが多分この東京あるいは日本全国にどんどん広がっていくんだろうと、全世界的にもですね。

世田谷区議会 2020-10-05 令和 2年  9月 決算特別委員会-10月05日-04号

未来都市、こういうのがあるんですけれども、これを再生可能エネルギー利用拡大を目的として目指すべきじゃないかという観点で、ちょっと議論したいと思うんですけれども、このSDGs未来都市というのは、国の第二期まち・ひと・しごと創生総合戦略SDGsアクションプラン二〇二〇及びコンセプトを踏まえ、地方公共団体によるSDGs達成に向けた取組提案を公募し、SDGs未来都市及び、その中でも特に先導的な取組自治体

豊島区議会 2020-10-02 令和 2年総務委員会(10月 2日)

ただ、やはり、なかなか全国から一斉に応募をして、その結果、国がどういうふうに判定するかというのも、なかなか見定めがつかない中で補正予算を出したという経緯がございまして、そのときに議会で御審議いただいたときの資料の中でも、提案書の提出を行って、SDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業選定された場合、この事業推進するための補正予算を計上するというふうに御説明していたかと存じます。  

豊島区議会 2020-07-10 令和 2年総務委員会( 7月10日)

こちらはSDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業推進に係る経費を新規に計上するものです。  2目財政費に2億209万3,000円を追加する。1番の財政調整基金積立金追加額1億8,039万5,000円。基金積立金追加で計上するものです。2番、公共施設構築基金積立金追加額2,169万8,000円。山中湖秀山荘猪苗代四季の里の土地・建物売却収入追加基金に積み立てるものです。  

江戸川区議会 2020-06-25 令和2年 第2回 定例会-06月25日-03号

また、国は地方公共団体によるSDGs達成に向け、優れた取組みを提案した都市を「SDGs未来都市」に、その中で特に先導的な取組みを、「自治体SDGsモデル事業として選定しています。本区もぜひともSDGs未来都市自治体SDGsモデル事業を目指すべきと考えますが、区長のご所見をお聞かせください。  次に、「江戸川区教育大綱」についてお尋ねします。  

豊島区議会 2020-03-16 令和 2年予算特別委員会( 3月16日)

そして、委員会初日終了時に、区長から「本日、2020年度SDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業に応募した」と知らされたのです。我が党はSDGsの考え方に反対ではありませんが、その中身については十分な議論が必要です。今後選定されれば予算にも関わるものが出てくると思われますが、あまりにも議会軽視が甚だしい。

調布市議会 2020-03-06 令和2年 第1回 定例会−03月06日-04号

あわせて、国は、経済、社会環境の3側面からの統合的な取組などを通じて地域の一層の活性化に取り組む先進的な自治体SDGs未来都市選定し、その中でも特に先導的な取組に対して、国の財政支援の対象として、自治体SDGsモデル事業選定することとし、他自治体への普及、展開を図っています。昨年7月には、都内の自治体として初めて日野市がSDGs未来都市認定されたところです。  

昭島市議会 2020-03-02 03月02日-02号

その意味では、SDGs推進条例を策定するなど、SDGsを前面に押し出して、今後の施策展開に反映させる、あるいは内閣府のSDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業選定されるような取組が必要なのではないでしょうか。改めて、市のお考えをお聞かせください。 いよいよ今年から、パリ協定本格運用が始まりましたが、このパリ協定目標達成期限も2030年であります。

大田区議会 2020-02-25 令和 2年 第1回 定例会−02月25日-03号

例えばですが、北海道下川町では、国のSDGs未来都市事業自治体SDGsモデル事業指定を受け、下川版SDGsを策定して下川町が2030年にどうありたいかを明確化し、様々な計画取り組みを始めています。ほかにも十数の自治体が同様の認定を受けて取り組みを始めていますので、我が区としてもしっかりと先進事例について研究するべきと感じています。  

小平市議会 2019-11-27 11月27日-02号

SDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業選定都市一覧というのがあって、全国で60の自治体がそれに認定をされていて、この二つの自治体もそれになっているんです。東京都で言えば日野市だけです。 では質問ですけれども、SDGsにのっとって削減計画を検討するというような予定はありますか。 ○環境部長岡村秀哉) SDGsに掲げられている目標の中で、環境の分野というのはかなりあります。

豊島区議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第12号 9月26日)

次に、SDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業について質問いたします。  SDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業は、内閣地方創生推進事務局が実施する事業です。2018年度から始まった事業で、2018年度、2019年度に、合わせて延べ60の地方公共団体SDGs未来都市として選定されております。

足立区議会 2019-09-24 令和 元年 第3回 定例会-09月24日-02号

内閣府では、今年7月に全国29の自治体SDGs未来都市に指定し、現在10の自治体自治体SDGsモデル事業を開始しましたが、足立区が掲げている新たな理念、協力して創り上げる協創SDGsの持続可能な社会構築、誰一人取り残さないという理念関係性をすり合わせながらSDGs推進すべきだと思いますが、区長の見解を伺います。  次に、綾瀬地域エリアデザインに関連して質問をいたします。  

板橋区議会 2019-06-05 令和元年第2回定例会-06月05日-01号

この点、他の自治体取組みを見てみますと、例えば神奈川県では、国のSDGs未来都市自治体SDGsモデル事業の両方に都道府県で唯一選定されたことを昨年からパンフレットや新聞広告などでアピールし、大規模なイベントを開催したり、区民参加型の具体的な取組みをしています。  翻って、板橋区においても、これを機にSDGsへの取組みを積極的に発信してはいかがでしょうか。

  • 1
  • 2