41463件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

あきる野市議会 2019-12-12 令和元年福祉文教委員会 本文 2019-12-12

60: ◯市長(村木英幸君) 入所待ちの現状ということで御質問が出ましたので、お答えさせていただきたいと思うのですが、市内には確かに広域型の施設が13施設、1,320というベッドを抱えているわけでありますけれども、そのうちの12の施設措置制度のころつくられた施設でございまして、措置制度のころは各自治体が措置義務を持っておりました。

あきる野市議会 2019-12-05 令和元年第1回定例会12月定例会議(第5日目)  本文(採決)

登記所登記された後に、まずその通知が各自治体のほうへ行くようになります。そこの証明書について登記し、現在は登記していない旨の証明を出しておりますが、そこから成年被後見人として登記をしていない証明の条項から外されるというふうに聞いておりますとの答弁でした。  意見としては、成年被後見人を一律に排除するのではないということで、基本的な考え方には賛成です。

葛飾区議会 2019-12-05 令和元年総務委員会(12月 5日)

そして、駅前という立地というお話もありましたけれども、区内全域、あるいは駅の前で、JR線沿いでございますので、そうした沿線を含めた他自治体からも集客をしていきたいということが駅前のにぎわいにつながっていくのかなというふうに思っております。 ○(池田ひさよし委員長) うめだ委員。

板橋区議会 2019-12-05 令和元年12月5日都市建設委員会-12月05日-01号

なお、この金額につきましては、全額が特別区自治体総合賠償責任保険によりまして区のほうに補填されるものでございます。  示談の相手方は、40歳代の男性でございます。  ご報告は以上です。よろしくお願いいたします。 ○委員長   ただいまの説明に質疑のある方は挙手願います。 ◆五十嵐やす子   そのくぼみが結構大きいくぼみだと思うんですけれども、何でこういうくぼみができたんでしょうか。

あきる野市議会 2019-12-04 令和元年第1回定例会12月定例会議(第4日目)  本文(一般質問)

161: ◯7番(ひはら省吾議員) 市長は選挙公約に、三多摩一貧しい自治体の市長らしく、市長車を廃止し、庁用車を活用しますと明記し、会合や集いに高級車では乗りつけません。職員が使っている庁用車を活用しますと説明をされておりました。これはあくまでも私的な感想でございます。大変御立派な考えだと私自身思っております。まずは、自分の身を切るようなお考えであるのかなと推測をいたします。

板橋区議会 2019-12-04 令和元年12月4日文教児童委員会-12月04日-01号

本陳情にありますとおり、子どもの居場所としての遊び場存在は大きなものでありますけども、この確保につきましては、都市部にある自治体共有の課題であると認識してございます。今後も施設を管理する各部署、こちらとの連携のもと、限られた貴重な資源を活用して、子どもの遊び場を初め、多様なニーズに応えていけるよう努めてまいります。  説明は以上でございます。ご審議のほどよろしくお願いいたします。

板橋区議会 2019-12-04 令和元年12月4日都市建設委員会−12月04日-01号

都市計画法を読むと、冒頭3条のあたりで、板橋区、要するに行政に対しては、都市計画情報提供に努めなければいけないということを地方自治体の責務としてうたってるんです。その責務を今の段階で果たしてるとは到底言えません。都市計画法にのっとっても説明が全く足りてない、決定前にきちんと、これからでも独自にその側道の皆さんに対する説明会を実施すべきというふうに考えます。  

あきる野市議会 2019-12-03 令和元年第1回定例会12月定例会議(第3日目)  本文(一般質問)

例えば支援メニューの実施主体とされる市町村では深刻な職員不足が指摘されており、被災自治体任せにせず、国として専門家や他自治体からの応援職員の派遣に万全を期すことなどが書かれております。5項目ありまして、こういうふうに新聞に出されておりました。2019年11月18日に申し入れをしたと書いてあります。  1番目の項目が被災者への情報提供と支援メニューの実施を一刻も早く徹底すること。

板橋区議会 2019-12-03 令和元年12月3日健康福祉委員会-12月03日-01号

引き続き国の動向及び他の自治体の動向を踏まえまして、個人負担金がどうあるべきかについてもまた、それに合わせて必要な検討してまいりたいというふうに思ってるところでございます。 ◆杉田ひろし   ぜひ、「東京で一番住みたくなるまち板橋」でございますので、その辺につきましてもまた検討を進めていただければと思います。よろしくお願いいたします。

板橋区議会 2019-12-03 令和元年12月3日区民環境委員会-12月03日-01号

他の区立体育施設のほか、近隣自治体公共スポーツ施設については、問い合わせ等があれば情報提供しておりますが、優先的な利用のあっせんまでは予定していないところでございます。  これらの説明に改修工事の概要などを加えまして、次期指定管理者の指定議決をいただいた後、今月の中旬から下旬にかけまして、利用者説明会を開催いたします。  説明は以上でございます。

板橋区議会 2019-12-03 令和元年12月3日企画総務委員会-12月03日-01号

政策企画課長   今回の方針につきましては、何か具体的な土地の活用とか、そういったものではございませんので、その能力的なところが十分発揮できるかというところはありますけれども、一般的にほかの事例とか、そういったほかの自治体等の事例とかもご存じの方がいらっしゃいますので、そういったところのご意見を参考にさせていただきたいというところで、学識経験者の知見をちょっと聞いてみるというような形で考えております

あきる野市議会 2019-12-02 令和元年第1回定例会12月定例会議(第2日目)  本文(一般質問)

そういった団体の中には、自治体から学習支援事業を受託しているNPOもありました。それから、特に若い世代が立ち上げたNPOが結構ありまして、非常に発想が豊かで、柔軟性があるなという印象も持ちました。もちろん直営のよさも十分あると思います。これも先月ですけれども、京丹後市のほうに、家庭訪問型を行っている自治体ですけれども、行ってきました。

あきる野市議会 2019-12-01 令和元年第1回定例会12月定例会議(第1日目)  本文(審議)

単純に帳尻が合う事業は民間が手がければいいことでしょうし、帳尻が合わないけども、必要な事業だからこそ自治体が担っていかなければならない。そして、自治体として市民国民からお預かりした資産を再投入して進めていくという考え方であろうと思います。したがいまして、そこに無駄遣いがあってはいけないということが重要なことだと思っております。これは皆さん同じだと思っております。  

あきる野市議会 2019-12-01 令和元年第1回定例会12月定例会議〔資料〕

│ │  │       │(2)自治体業務の効率化について              │ │  │       │ 本年の3月定例会議において、AIやRPA(ロボティック・ │ │  │       │プロセス・オートメーション)を活用し、自治体業務の効率化や │ │  │       │省力化を図る必要性を訴えたところ、プロジェクトチームを立ち │ │  │       │上げ、AIやRPAなどの

板橋区議会 2019-11-29 令和元年11月29日企画総務委員会−11月29日-01号

また、ここ数年、昨年もそうなんですけれども、多くの自治体でプラスとなっているような状況の中で、全国的に見ても特別区だけが大幅に落ちているというようなところでございます。国との、いわゆるラスパイレス指数につきましても、平成31年4月1日時点、特別区人事厚生事務組合の試算では99.8ということで、100を下回っているような状況でございます。