18件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

日野市議会 2021-03-05 令和3年第1回定例会(第5日) 本文 開催日: 2021-03-05

したがって、水銀に対して自動測定機の結果を基に提出する考え方は、法律以上の厳しい基準となっております。また、運転時の運用として排ガス水銀ですね、につきましては、特別の配慮対象として、排ガス公害防止基準を超過しないために、上限設定値として要監視基準30マイクログラム、これも連続測定を設定しました。

府中市議会 2020-09-17 令和2年決算特別委員会  本文 開催日: 2020-09-17

8は、窒素酸化物自動測定機設置に要したもの。9の1は、26市で構成しているもの。2は、地球温暖化防止対策として、佐久穂町で実施した町有林整備に対する負担金。10の1は、個人住宅環境に配慮した設備の設置に対して助成したもので、187件分。2は、個人住宅環境に配慮したLED照明設置に要する一部を助成したもので、333件分。11は、消耗品郵便料等事務費。  目の30保健センター費

狛江市議会 2014-03-03 平成26年第1回定例会(第4号) 本文 開催日: 2014-03-03

微小粒子状物質,いわゆるPM2.5につきましては,平成21年9月に環境省によって環境基準が定められたため,東京都は全ての大気汚染常時監視測定局PM2.5の自動測定機設置を進めまして,平成24年度におきまして都内の55局で測定しております。  狛江市域では,中和泉に設置されました一般環境大気測定局におきまして測定されております。

町田市議会 2013-03-14 平成25年建設常任委員会(3月)-03月14日-01号

環境保全課長 小山小学校設置してあります航空機騒音自動測定機が10年経過しまして、故障等がありますともう附属品がございませんので、今回、新たにここで備品を購入するということで、2013年度に設置するということで予算計上させていただきました。ですから、更新というか、新しいものに買いかえという意味で更新ということを使わせていただきました。

葛飾区議会 2013-03-13 平成25年建設環境委員会( 3月13日)

(2)平成22年度から平成24年度の3か年で、都内測定局81局全てにPM2.5の自動測定機設置する予定でございまして、そのうち、葛飾区内には、平成23年度に環七通り亀有局鎌倉局に導入されました。平成24年4月から測定を開始しております。そして、平成24年度中には、水元公園局に導入されるということで、もう既に設置されたということを確認しております。

板橋区議会 2012-09-28 平成24年第3回定例会−09月28日-02号

より安定した測定のために、例えば、現在、東京都庁前に設置されているような自動測定機を板橋区も購入し、毎日、毎時の測定を行うことを提案しますが、いかがですか。  また、原発事故による肉や野菜などの農作物、魚介類放射能汚染の心配は消えていません。都内23区の中にも、独自に食品の放射線検査機を備えている区があると聞きますが、それはどこですか、お示しください。

世田谷区議会 2009-11-27 平成21年 12月 定例会-11月27日-03号

国は、平成二十二年度の秋までに標準測定法の評価と自動測定機の選定を行い、それ以降、測定局へ配置することとしております。区といたしましては、大気汚染を重要な課題と認識しておりますので、こうした動向を踏まえつつ適切に対応してまいります。  次に、住宅街における駐車時のアイドリングストップ対策について、区の見解をお答えいたします。  

稲城市議会 2009-09-17 平成21年決算特別委員会 本文 開催日: 2009-09-17

いろいろ聞きたいことがあるのですけれども、まず簡易大気調査、あとは自動測定機による大気調査ということで取り組んでいられますが、市民の方も今道路とかいろいろできると、やはり環境がどうなのかということにとても関心があり、私もいろいろな声を伺うのですけれども、この大気調査の関係は幾らぐらいの金額で行われたのかというあたりをまずお聞きしたいと思います。

台東区議会 2007-02-13 平成19年 2月環境・リサイクル特別委員会-02月13日-01号

12月には、大気汚染をテーマにしまして、分庁舎3階に設置しております大気汚染自動測定機の見学と、簡易検査キットを使いまして浮遊粒子状物質、これはSPMと略して言いますけれども、これの測定を行いました。  また2月には、不忍池の鵜の池におきまして、簡易検査キットを使ったCODという水質の指標がございますけれども、この値をはかりまして、あわせて上野動物園解説員の方のご案内で水鳥の観察をいたしました。

青梅市議会 1996-07-03 07月03日-05号

公害防止細目協定の第1条第9項には、地下水集排水工から集水される地下水電気伝導度自動測定機により常時観測を行い、異常値が出たときは定められた項目について水質検査を行うとともに、その原因を究明するものとするとなっており、自動記録計による24時間記録については規定されておりません。したがいまして、このデータ裁判で求められているものとは全く異質のものであると受けとめております。

羽村市議会 1996-06-21 平成8年第2回定例会(第3号) 本文 1996-06-21

今、この電気伝導度データ公開裁判の経緯やその内容とともに注目されているが、今回、公開されたデータは、地方裁判所が命じた3者協定による公害防止協定に基づいた24時間連続自動測定機による記録ではなく、処分場維持管理上の必要から、毎月の業者委託による水質検査時に直接地下水を採取して測定したデータであり、訴訟で求められたデータはあくまでも存在しないとの主張を処分組合側控訴審でも貫いていると承知しております

青梅市議会 1995-09-06 09月06日-02号

公害防止協定第1条の第9に、「地下水水質検査」ということで、「地下水排水工から集水される地下水電気伝導度自動測定機により常時観測を行い、異常値が出たときは、別表-1の項目について水質検査を行うとともに原因を究明するものとする。また、……定期検査を行う」と、こういうことまで公害防止協定にきちんとうたわれている。

武蔵野市議会 1995-09-05 平成7年第3回定例会(第1号) 本文 開催日: 1995-09-05

日の出町、処分組合地元自治会と交わした細目協定でも、地下水排水口から集水される地下水電気伝導度自動測定機により常時観測を行い、異常値が出たときは別表1の項目について水質検査を行うとともに、その原因を究明するものとするとなっています。ところが、処分組合測定機はあるが、目視していたと、記録もないと言うことです。細目協定から見ても、管理から見ても、こんなことは許されるわけはありません。

武蔵野市議会 1995-08-28 平成7年 厚生委員会 本文 開催日: 1995-08-28

この第1条の9、地下水水質検査という項目があるんですが、その1項目目として「地下水排水工から集水される地下水電気伝導度自動測定機1台を予備として常備すること。)により常時観測を行い、異常値が出たときは、別表-1の項目について水質検査を行うとともにその原因を究明するものとする」、こういうことが協定書の中に明記されているわけなんです。

  • 1