90件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

立川市議会 2020-11-30 11月30日-16号

まず初めに、高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種についてお伺いいたします。 65歳以上の高齢者定期接種は、季節性インフルエンザ予防接種高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種の2種類があります。 今回、東京都は、新型コロナウイルス対策として、65歳以上の高齢者等の方に対し、インフルエンザ予防接種自己負担分をなくし、接種費用を無料にしました。

福生市議会 2020-09-09 令和2年決算審査特別委員会  本文 2020-09-09

この理由といたしましては、高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種平成26年度から始まった定期接種事業でございまして、対象者は主に65歳の者とされ、経過措置として平成26年度から平成30年度までは65歳から100歳までの5歳刻み年齢になる方も対象となっておりました。  しかし、さらなる接種率向上のために、令和年度から令和年度までの5年間も同様の経過措置が設けられることとなりました。  

府中市議会 2020-03-12 令和2年予算特別委員会  本文 開催日: 2020-03-12

目の15 予防費 説明欄の1は、予防接種法に基づく風しん追加的対策及び高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種等について、接種見込みを下回ったため減額するもの、2は、風しん追加的対策実施に伴い接種見込みを下回ったため減額するもの。  目の30 保健センター費 説明欄の1の1は、契約の確定により減額するもの。  

立川市議会 2019-09-24 09月24日-17号

3点目、高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種についてお伺いいたします。 肺炎は日本人の死因の第3位を占める重大な疾患です。また死亡者の95%以上が65歳以上の高齢者です。日常的に生じる成人肺炎の多くは肺炎球菌が原因と考えられ、肺炎球菌ワクチン予防接種を受けることで、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぐことができます。 

葛飾区議会 2019-02-19 平成31年保健福祉委員会( 2月19日)

続きまして、2番、高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種の特例の延長。こちらの高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種というのは、もともと平成26年度にスタートしたものなのですね。平成26年度にスタートして、このとき65歳というところが本則で決まったのですが、平成26年度にスタートして平成30年度までの5年間に限り経過措置ということで、60・70・75と5歳刻み年齢対象になっている。  

府中市議会 2018-09-04 平成30年第3回定例会(第13号) 一般質問 開催日: 2018-09-04

続きまして、3の高齢者肺炎球菌ワクチンに関する御質問のうち、1点目のこれまでの接種対象者への啓発周知取り組み効果についてでございますが、高齢者肺炎球菌予防接種は、予防接種法の改正により、平成26年度からB類定期予防接種に位置づけられ、対象者は65歳から100歳までの5歳刻み年齢の方で、かつ過去に肺炎球菌ワクチン予防接種を受けたことがない方と定められました。  

板橋区議会 2017-10-20 平成29年10月20日決算調査特別委員会−10月20日-01号

板橋区での平成28年度高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種定期接種対象者は2万5,931人で、うち接種された方は8,804人です。今回の高齢者肺炎球菌ワクチン定期接種事業に関して、平成28年度板橋区の周知取り組みと、この接種状況に関してどのように評価されていますか、お伺いします。 ◎保健所長   おはようございます。よろしくお願いいたします。  

足立区議会 2017-09-21 平成29年 第3回 定例会−09月21日-01号

これにより、例えば平成25年度から定期接種化された小児用肺炎球菌ワクチン予防接種を例にとると、ワクチン接種経費を除く財政効果は、日本全体では391億円、足立区では2億円と推定できます。  また、国の示す定期予防接種接種期間は、それぞれの疾病の感染しやすい年齢重症化しやすい年齢を踏まえて決められておりますので、区としては期間内の接種を強く推奨しているものです。  

港区議会 2016-09-28 平成28年度決算特別委員会−09月28日

このため、平成26年10月から、高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種定期接種となり、区でも接種費用の一部助成が始まりました。対象の方は、実施当該年度に65歳になられる方で、さらに経過措置として、平成30年度までは65歳から5年ごとに100歳までの方も対象となります。ただし、定期予防接種助成は1回のみであり、過去に接種を受けた方は対象外となります。  

東久留米市議会 2015-12-22 平成27年第4回定例会〔資料〕 開催日: 2015-12-22

  いて、2)システム改修経費繰越明許費設定について、3)難病患者│ │ ││      │  対するアンケートについて                    │ │ ││      │18.生活支援コーディネーター役割について             │ │ ││      │19.認知症対策取り組みについて                  │ │ ││      │20.乳がん検診肺炎球菌

東久留米市議会 2015-12-22 平成27年第4回定例会(第6日) 本文 開催日: 2015-12-22

2)就労支援取り組みについて、3)申請時のマイナンバー記載について、3Dプリンターを使用した障害者就労支援について、中等度難聴児発達支援事業について、心身障害者福祉手当条例についてとして、1)施行日を来年8月とした理由について、2)システム改修経費繰越明許費設定について、3)難病患者に対するアンケートについて、生活支援コーディネーター役割について、認知症対策取り組みについて、乳がん検診肺炎球菌

羽村市議会 2014-12-10 平成26年度一般会計等予算審査特別委員会(第1号) 本文 2014-12-10

2点目は、補正予算書の29ページの高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種これが定期接種になったということで、予算のときには約400万円ぐらい組まれていたと思いますけれども、定期接種になったことで人数の変化あるいは金額の変化定期接種ですから漏れがないというふうに思うんですけれども、その変化をお尋ねします。

立川市議会 2014-12-02 12月02日-21号

1点目、高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種についてであります。 免疫の働きが十分でない高齢者乳幼児がかかると重症化しやすい肺炎球菌ですが、昨年10月からは高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種定期接種となり、その予防効果が期待されております。最近では、高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種についてのテレビコマーシャルが放映されるなど、周知活動にも力が入っていると感じます。 

羽村市議会 2014-11-21 平成26年第8回議会運営委員会 本文 2014-11-21

同様に、先ほどお話したように、高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種費用助成金につきましては減額をさせていただきます。  西多摩衛生組合負担金1億3,016万8,000円の減額でございます。平成26年度負担金確定に伴います減でございます。  農林費につきましては、63万7,000円の減額で、8,559万3,000円とするものです。職員人件費につきましては81万円7,000円の減額です。  

羽村市議会 2014-09-30 平成26年第3回定例会(第5号) 本文 2014-09-30

保健医療分野では、子宮頸がん予防ワクチンヒブワクチン小児用肺炎球菌ワクチン予防接種事業実施など、疾病予防の取組みが進められました。  防災防犯分野では、地域防災計画が改定されたことに伴い、計画概要防災意識啓発のための小冊子が全戸配布されるとともに、災害発生時に避難所となる小中学校体育館災害用特設公衆電話回線を敷設するなど、避難所機能強化が図られました。

羽村市議会 2014-09-25 平成25年度一般会計等決算審査特別委員会(第3号) 本文 2014-09-25

保健医療分野では、子宮頸がん予防ワクチンヒブワクチン小児用肺炎球菌ワクチン予防接種事業実施など、疾病予防の取組みが進められました。  防災防犯分野では、地域防災計画が改定されたことに伴い、計画概要防災意識啓発のための小冊子が全戸配布されるとともに、災害発生時に避難所となる小中学校体育館災害用特設公衆電話回線を敷設するなど、避難所機能強化が図られました。