66件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大田区議会 2019-12-04 令和 1年12月  羽田空港対策特別委員会−12月04日-01号

1点目が新技術の導入、2点目が運航方式の改善、3点目が代替燃料、4点目が経済手法の組み合わせでございます。その結果、排出原単位は改善傾向にあるものの、二酸化炭素排出量削減のための対策は、今後も継続していくとなってございます。  一方、国際線につきましては、ICAOが2012年にグローバル削減目標としまして2点あげております。1点目が燃料効率を毎年2%改善する。

豊島区議会 2019-02-27 平成31年区民厚生委員会( 2月27日)

本税のあり方としては、経済手法として抑制効果を発揮している。廃止すれば狭小住戸の増加を助長するために、政策手段として継続すべき、でございます。  税制度の一部見直しに係る検討ということで、一番4ページの下ですね。4つの変更案、こちらについて、変更案A、B、C、Dについて検討しているものでございます。  

台東区議会 2016-03-03 平成28年 3月企画総務委員会-03月03日-01号

また権力的な規制手法ではなくて、経済手法とか情報手法というものをうまく組み合わせているという意味で大変有効な手段だと思っております。  幾つか、ちょっと確認したいと思っておりまして、まずは対象、区内中小企業とあるんですけれども、ちょっとわからないんですけれども、台東区の場合、どういう切り取り方をしても区内の企業がほぼ含まれるんだろうという予想はつくんですけれども、具体的にはどういう基準ですか。

豊島区議会 2014-02-26 平成26年区民厚生委員会( 2月26日)

ワンルームを抑制しようとする場合、規制という行政手法をとるか、課税という経済手法をとるかは、地域の実情に基づき各区の政策判断にゆだねられるものである。  課税という経済手法は、建築を全面的に禁止するものではなく、建築主の工夫の余地を残すものであり、さらに事情の変化に応じ、政策を変更し得る柔軟性がある。  

葛飾区議会 2010-12-02 平成22年建設環境委員会(12月 2日)

また、課題5への対応といたしましては、基本方針1の基本目標6にございます経済手法によるごみ減量の推進ということで、(1)にございます3Rエコポイント制度の検討、あるいは(2)の家庭ごみ減量のための経済手法の導入というものを掲げているところでございます。  以上のように、計画の体系を整理し、課題に対応していこうというものでございます。  次の4ページをごらんください。  

多摩市議会 2010-12-02 2010年12月02日 平成22年第4回定例会(第2日) 本文

今後のごみ減量を推進していくための課題としては、家庭系一般ごみとしては生ごみ対策古紙対策、事業系ごみとしては古紙対策家庭系・事業系ごみ共通の対策としては剪定枝対策であると考え、さらなるごみ減量のためには経済手法に加え、ごみ減量や資源の再利用に対する動機づけにつながる新たな仕組みづくりが課題になっていると報告されています。  

千代田区議会 2010-11-12 平成22年地球温暖化対策特別委員会 本文 開催日: 2010-11-12

53 ◯大串委員 だけど、この条例の特徴は数値目標を設定したこと、それから、2番目に義務化を設けたこと、3番目に経済手法を設けたこと。この経済手法を設けたということが、まさに負担を求めるということであったわけですよ。それこそがこの条例の特徴だったんだけれども、そこの負担のところですよね。

豊島区議会 2009-03-11 平成21年都市整備委員会( 3月11日)

それで18ページの、こちらの目標の考え方の中でもある⑤番のところでございますが、中期、長期の達成に向けては、技術革新等も2050年に向けてはかなり見込まれるということで、再生可能なエネルギーや水素エネルギー電気自動車、また経済手法なども視野に入れて達成していきたいと、そういう考えでおります。  それでは、概要の方に戻っていただきたいと思います。

豊島区議会 2008-12-10 平成20年区民厚生委員会(12月10日)

4点目、政策手段としての課題についての評価という部分については、最後の段落でございますが、狭小住戸集合住宅建設を抑制するとした場合に、規制という建築行政上の行政的な手法をとるか、私どもがとっております課税という経済手法をとるかは、区の政策判断に属する事項である。豊島区において、課税という経済的手段は現実に一定の効果を発揮してきたと判断されるので、施策の一環として継続をされるべきである。  

台東区議会 2006-10-12 平成18年 決算特別委員会-10月12日-05号

◎生沼正篤 環境清掃参事 ごみの有料化の件でございますけれども、ごみの減量ということに向けては、やはり発生抑制の経済手法ということで、自治体の中では東京都下はたしか15市町村が実施しているところでございます。国の方もやはり有料化の推進の方向でございます。東京都も同様でございます。そういう中で特別区としても、これを検討する時期に来ているということは、私もそう思っております。

府中市議会 2006-06-14 平成18年第2回定例会(第10号) 一般質問 開催日: 2006-06-14

今回、この基本計画の中に示されました有料化、新たに示されたものですが、これは経済手法として有効ですけれども、十分な情報提供しながらいろいろな側面からのごみの現状、方策、またコスト、LCA、環境負荷市民に伝えながらともに考えていかないと府中市のごみ減量はこれ以上進まないと私は思っております。今、お金のことを申しました。  次に申しますのは、これを支える理念というものです。

葛飾区議会 2006-02-28 平成18年第1回定例会(第2日 2月28日)

この目標を達成するためには、区民の皆さんのごみ減量に向けた意識改革をこれまで以上に行っていく必要があり、これまで進めてまいりました普及啓発事業から一歩踏み込んだ施策として、今回の新たな計画において、昨年8月の葛飾区リサイクル清掃審議会の答申の内容などを踏まえた上で、家庭ごみの有料化などの経済手法の導入について検討していくことを盛り込んでおります。  

江東区議会 2005-09-27 2005-09-27 平成17年第3回定例会(第9号) 本文

まず、清掃事業を取り巻く社会経済状況としては、環境負荷を減らすとともに、限りある資源有効に使うため、循環型社会への転換が急務となっており、廃プラスチック類の処分方法の変更や有料化、環境税といった経済手法の導入が求められるなどの変化があります。  また、平成18年度には都派遣職員身分切りかえが行われ、名実ともに区が主体となる清掃事業の展開が期待されております。

三鷹市議会 2005-06-03 2005-06-03 平成17年 第2回定例会(第2号) 本文

容器包装リサイクル法につきましては、まず1点、拡大生産者責任の考え方に基づき、収集・運搬や選別・保管にかかる費用を事業者の負担とすること、第2に、リターナブル容器や詰めかえ方式商品を積極的に採用すること、第3に、デポジット制度等の経済手法を導入すること、第4に、分別基準を緩和し、わかりやすい分別手法とすること、第4に、事業者に回収率、費用などリサイクルに関する情報の適宜公表を義務づけることなど、改正