5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

昭島市議会 2020-06-16 06月16日-01号

稲に関しても、とある県では、10アール当たりの種苗が1600円、これは登録品種ですね、うち許諾料がその自県農業者ならうち2.56円、他県でも8円だそうです。それほど高くはないんですよね。ブドウの苗木1本当たり、こちらも1本4000円するそうですけれども、うち許諾料は60円ということを考えると、実は大きな負担ではないということが言われております。 

東久留米市議会 2007-06-14 平成19年第2回定例会(第5日) 本文 開催日: 2007-06-14

これはいわゆる種苗だとか雇用労賃等短期運転資金の借り入れをするものでございまして、個人500万円、法人2000万円が限度となっています。また、農業者年金特例保険料の適用と保険料の助成があるということでございます。  次に、市町村の支援ということにつきましては、経営改善計画達成のための経営相談や簿記の記帳、パソコン講習会あるいは資金融資制度説明などの支援を行なっています。

町田市議会 2006-03-20 平成18年都市環境常任委員会(3月)−03月20日-01号

花壇コンクール等に配布する種苗消耗品費として819万円、街路樹維持管理にかかる管理委託料として1億5,722万円、花壇コンクール用配布草花を育てるために市営苗圃栽培管理委託料1,500万円などでございます。  次に、3、緑地保全費1億209万1,000円の主な予算についてご説明いたします。  次のページになります。  

町田市議会 2005-03-16 平成17年都市環境常任委員会(3月)−03月16日-01号

5目、環境保全費説明欄2、緑化推進費1億6,547万9,000円の主なものは、花壇コンクール等に配布する花の種苗などの消耗品費719万3,000円です。  251ページになります、街路樹維持管理のための維持管理委託料1億3,683万6,000円や小山田の市営苗圃管理委託料1,350万円と用地借上料137万9,000円、作業用の原材料232万3,000円などでございます。  

国分寺市議会 2004-03-19 平成16年 予算特別委員会(第6日) 本文 開催日: 2004-03-19

そういう中で、5地区については、確かにそのまま継続すればよろしいのですけれども、担当としましては、そういうことを考えますと、まず5カ所のうち2カ所については、これは1カ所は東戸倉で市民農業大学の部分でありますので、この事業をやるには種苗人件費的なものがかかるわけですけれども、その人件費については市民農業大学の学生の方で賄えると。  

  • 1