9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

稲城市議会 2000-06-14 平成12年第2回定例会(第11号) 本文 開催日: 2000-06-14

また、財団福祉機器総合センターでは、窓口の相談のみで、専門家による相談は不定期の週1回でございます。町田市のように、7年前から建築士とかOT、PTさんと契約して改造見積もり等のアドバイスに当たっているところもあります。市民の方も飯田橋へ再三足を運んでいるのですけれども、いまだ改造方法が見つからず困っている状況でございます。

多摩市議会 2000-06-02 2000年06月02日 平成12年第2回定例会(第2日) 本文

ご質問の身体機能や視力の低下等を疑似体験できる用具貸し出しでございますが、この用具身体機能の拘束を伴うものであり、専門知識を有した職員の指導のもとに体験をしていただいており、現在、東京福祉機器総合センターにおきまして実施をしております。  本市におきましては、疑似体験用装着用具は備えておりませんが、今後、活用面を含め検討してまいりたいと考えております。  2)についてお答えします。  

日野市議会 1999-03-17 平成11年度一般会計予算特別委員会 本文 開催日: 1999-03-17

事業内容といたしましては、福祉機器総合センター事業でございます。それといきいきらいふ推進センター事業社会福祉振興事業、その三つの事業を行うものでございます。  その次のページをお開き願います。122 ページ、123 ページでございます。7番の社会福祉法人等助成経費でございます。

稲城市議会 1997-03-06 平成9年第1回定例会(第2号) 本文 開催日: 1997-03-06

現在あります社会福祉振興財団が改組するということですが、これにつきましては、ただ名称が変更されるということではなくて、福祉機器総合センターいきいきライフ推進センター、これらが一体となって新たな展開をしていくと。その中には当然に地域福祉振興事業というのが含まれております。ただ、その中身については、まだこれからの課題でございますので、今後見きわめていかなければならないというふうに思っております。

北区議会 1991-11-01 11月20日-14号

次に、福祉機器総合センターの設置についてでございますが、本施設は都の地域福祉推進計画の中では東京都の事業として位置付けられております。しかしながら今後、後期高齢人口が漸増する中で、福祉機器に対する区民ニーズが一層高まり、現在、社会福祉協議会が実施している車いすの貸し出し事業が質、量ともに拡大してくることが予想されますので、今後の対応も含めて社会福祉協議会と十分協議してまいりたいと存じます。 

  • 1