58件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

板橋区議会 2020-02-18 令和2年2月18日企画総務委員会-02月18日-01号

◆川口雅敏   本陳情の理由では、航空機航路は、住民の密度の高い市街地を避けることが通常であると、こういうふうに記載をされておりますけれども、例えば福岡空港や大阪の伊丹空港、こういうのは大都市の中にある空港だと私は思っておるんですけれども、そのような空港周辺の国の防災計画などがあるかどうか、これも分かる範囲で教えていただきたいと思います。

大田区議会 2020-01-21 令和 2年 1月  羽田空港対策特別委員会−01月21日-01号

最後に、12月19日に全日本空輸機が福岡空港東京国際空港(羽田空港)に向けて離陸直後、エンジンから煙と炎が出るトラブルが起き、緊急着陸する事態が発生しております。また、23日には小型ジェット個人機が香港国際空港から新千歳空港に向けて進入中、左右のエンジンに装備した発電機の不具合が起き、操縦室内の全ての画面の表示が喪失する事態が発生した事案。

大田区議会 2019-12-04 令和 1年12月  羽田空港対策特別委員会−12月04日-01号

10月30日に、仙台空港を離陸しまして、福岡空港に向けて飛行中のアイベックスエアラインズ機において、操縦室窓のひび割れが発見され、機内の気圧が低下する事態が発生いたしました。  本事案は、航空機内の気圧が異常に低下した事態として重大インシデントに認定されたことから、航空安全確保に対する信頼を揺るがしかねない事案であり、看過できないものとして申し入れを行ったものでございます。  

港区議会 2019-10-10 令和元年第3回定例会−10月10日-14号

さらに、本発案に関連して、福岡市福岡空港への航空機の着陸に伴う市内の騒音問題とその対応について、独立行政法人空港周辺整備機構福岡空港航空機騒音に係る区域指定内での環境対策事業について、一人を除く八人で行政視察を行いました。  以上が本委員会における審査の経過でありますが、本発案につきましては、今後もなお調査検討の必要がありますので、閉会中の継続審査を申し出ることに決定いたしました。  

港区議会 2019-10-09 令和元年10月9日交通・環境等対策特別委員会−10月09日

さらに、本発案に関連して、福岡市福岡空港への航空機の着陸に伴う市内の騒音問題とその対応について、独立行政法人空港周辺整備機構福岡空港航空機騒音に係る区域指定内での環境対策事業について、1人を除く8人で行政視察を行いました。  以上が本委員会における審査の経過でありますが、本発案につきましては、今後もなお調査検討の必要がありますので、閉会中の継続審査を申し出ることに決定いたしました。  

大田区議会 2019-09-25 令和 1年 第3回 定例会−09月25日-03号

所管委員会の審議では、「大阪都市圏や福岡空港などで信号横断するときなど問題が生じていないか、国に確認した経過があり、問題になった事例がない」との意見がありましたが、実際に調査した結果ではなく、羽田空港機能強化による新飛行ルートは80デシベルで騒音の影響をもたらします。視覚に障害のある方たちは、外出時は音を頼りに行動します。

港区議会 2019-09-24 令和元年9月24日交通・環境等対策特別委員会-09月24日

本来であれば、福岡空港の運用をまねすれば、年間36万回ぐらいの離発着は可能な空港です。ただ、そこまでの、要するに空港のキャパシティー、上限ですね。そこまではたどり着いていません。こちらにも、だから年間7万回、8万回の余剰枠はあります。  中部国際空港は、滑走路が1本しかありません。

大田区議会 2019-09-20 令和 1年 9月  羽田空港対策特別委員会−09月20日-01号

現在、大阪国際空港福岡空港周辺では市街地の上空を飛行しているということから、例えば信号を横断するときなどに問題が生じているのではないかということで国に確認した経過がございます。国のほうからは、これまで問題となった事例はなく、現在までにご意見などは出ていないとの回答がございました。  

大田区議会 2019-08-16 令和 1年 8月  羽田空港対策特別委員会−08月16日-01号

それによって我々としては市街地の情報というのが大体推測できるので、大田区としても、Ldenではなくて、今回の航空機騒音の瞬間最大値が区内にどういう影響を与えるのかというのは、国が出しているものや、あるいは福岡空港での経験、それから伊丹空港での経験をもとに、我々も試算して出しているのです。

港区議会 2019-07-30 令和元年7月30日交通・環境等対策特別委員会−07月30日

福岡空港独立行政法人空港周辺整備機構、この2カ所について視察をしたいと思っております。  福岡空港は市街地から5キロメートルに位置していて、航空機福岡市上空を低空飛行しています。福岡市役所上空約500メートル福岡県庁上空約80メートルということです。福岡市だけでなく、独立行政法人空港周辺整備機構環境対策事業を行っています。

大田区議会 2019-06-20 令和 1年 6月  羽田空港対策特別委員会−06月20日-01号

実際に伊丹空港や、それから福岡空港では、市街地の真上を通っている。学校もありますし、いろいろな施設の上を飛んでいるという現状の中で、信号を渡るときにそういう問題が生じている事例はないのかどうかということは、区のほうで確認をしてございます。今のところ、そういう苦情はないということなのですけれども、研究の必要はあるのではないかと。

板橋区議会 2018-11-06 平成30年11月6日区民環境委員会−11月06日-01号

ですから、それを回避するためにやはりそういうあらゆる手段を講じなければならない今、状況になっているし、それが、じゃ、世界では危険かというと、例えば香港だとか、シンガポールだとか、あるいは韓国もそうですけれども、あるいは日本だって福岡空港だとか、博多の空港だとか、大阪だってそうですよ。みんな住宅街を通って着陸していくわけですよね。

豊島区議会 2018-10-29 平成30年第3回定例会(第13号10月29日)

落下物については、昨年、関西空港発の航空便による大阪市内への落下物事故と、熊本空港発の便による落下物事故、いずれも離陸直後の事故が発生しており、成田空港にて10年間で19件の報告があったとのことですが、内陸に設置されている大阪国際空港福岡空港においては、ここ10年間での落下物は報告されていないとのことでした。

豊島区議会 2018-10-03 平成30年都市整備委員会(10月 3日)

落下物に関して、例えば大阪の伊丹空港だったり、あるいは福岡空港、こういったところは内陸の空港なので海上で離着陸というのはちょっと難しいかと思うんですけれども、こういった都市部の空港においても、先ほどKLMなんかは伊丹空港だったかと記憶しているんですけれども、そういったところでも、そこそこ存在しているんでしょうか。 ○小野環境保全課長  今、成田空港の落下物の件数でございます。

豊島区議会 2018-09-04 平成30年環境・清掃対策調査特別委員会( 9月 4日)

それで、先ほどもちょっとお話ありましたけど、伊丹空港とかあるいは福岡空港とか、やはりこちらの羽田空港と似たようなケースの、もう既に民間の、民間のといいますか住宅地の上を飛んでいるという空港がある中で、ある意味、先駆けてそういうふうなことを体験しておられる県なり府なりで、騒音であるとか、防音対策であるとかそういったことについて、何かしらその補助制度みたいなものがあるやに聞いているんですけど、そういったことについてはお

港区議会 2018-07-27 平成30年7月27日総務常任委員会-07月27日

福岡空港でも短時間で非常に雨が降ったり、西日本の豪雨災害もそうですけれども、今まで想定していないような形での災害が起きているので、1,000台を超えた分についても、きちんと対応していただきたいと思います。 ○防災課長(白井隆司君) 6月から280メガヘルツ帯防災ラジオの配付を始めてございます。平成30年度は1,000台を予定しまして準備したところでございます。

大田区議会 2018-04-17 平成30年 4月  羽田空港対策特別委員会-04月17日-01号

今回の申し入れでございますが、3月18日に那覇空港において発生いたしました、上海吉祥航空機が他の航空機使用中の滑走路から離陸許可を得ないまま離陸するという事案が、また、3月24日に福岡空港において発生した、ピーチアビエーション機が着陸後、前脚の損傷により滑走路上に停止する事案がございましたが、両事案がいずれも重大インシデントに認定されており、現在、運輸安全委員会で調査中でございます。