1246件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

葛飾区議会 2019-10-03 令和元年決算審査特別委員会第3分科会(10月 3日)

○(米山真吾委員) 葛飾あらかわ水辺公園の維持管理についてなのですが、以前ちょっとお話させていただきましたけれども、開園した当初、ワンドがあったり、あるいはいろいろな生物多様の観点から、子供たちと、また、親御さん含めて、親子が触れ合うそういった公園ということで開園した経緯があります。

日野市議会 2019-09-19 平成30年度一般会計決算特別委員会 本文 開催日: 2019-09-19

環境整備費全体といたしましては、生物多様地域戦略策定事業や環境情報センターの解体事業などの終了に伴い、1,723万3,000円の減額となったものでございます。  238、239ページをお開き願います。  備考欄中段、印刷製本費及び備考欄の下段、絵本「ぼくのまちにはもりがある」・日野市プロモーション業務委託料でございます。

府中市議会 2019-09-19 令和元年決算特別委員会  本文 開催日: 2019-09-19

備考欄1は緑の基本計画検討協議会運営に要した経費、2は自然保護啓発に要した費用及び名木百選や指定樹木等の賠償責任保険料、3は蓮を観る会の開催に要した経費、4は自然環境調査員会議の運営や活動に要した経費、5は緑化講習会の実施並びに学校保育所等への種子、球根の配布に要した経費、6は市民花壇35カ所への花苗の配布に要した経費、7は水辺の楽校運営協議会への委託に要した経費、8は生物多様地域戦略に基づき、

武蔵野市議会 2019-09-18 令和元年第3回定例会(第4号) 本文 開催日: 2019-09-18

また、平成29年度に策定した生物多様基本方針に基づき、体系的な生物生息状況調査を実施しました。  第4点目は、循環型社会システムづくりの推進でございます。  ごみの行政収集に係る環境負荷の削減と収集事業効率化に資する事業見直しについて、ごみ収集の在り方等検討委員会において検討し、最終報告書がまとまりました。

葛飾区議会 2019-09-17 令和元年建設環境委員会( 9月17日)

こちらは重点対策外来種とされておりまして、生物多様への影響とともに、寄生虫による人への感染、実際には死亡までに至るということはほとんどないのですが、感染の危険性がございます。  次に一番下の段、写真の左側がアカミミガメ、右側がクサガメでございます。このうち、アカミミガメは緊急対策外来種とされ、こちらの両種につきましては、いずれも生態系への影響が懸念される生物でございます。  

調布市議会 2019-09-10 令和 元年 9月10日建設委員会−09月10日-01号

近年、環境問題衛生的な生活環境の保持、公害への対応、自然環境保護といった従来からの課題だけではなく、生物多様の維持や地球温暖化に起因する気候変動によって生じる課題への対応や対策といった、地域を超えたグローバルな視点を持って対応することの必要性が一層高まっております。また、東日本大震災を契機として、さまざまな自然災害エネルギー問題への対応も継続して大きな課題となっています。  

足立区議会 2019-06-26 令和 元年 6月26日産業環境委員会−06月26日-01号

1点目は、地球温暖化対策の推進と自然環境生物多様の保全に対する理解の促進でございます。  温室効果ガスを削減する温暖化の緩和と気候変動の適応に向けて、省エネ創エネ補助事業や多角的な啓発などに取り組んでまいります。  また、区民に自然や生物と触れ合う様々な機会を提供し、生物と人間とのつながりや生物多様に対する理解を深めてまいります。  

調布市議会 2019-06-24 令和元年 第2回 定例会−06月24日-06号

また、緑の機能や役割は、近年その多機能性をより多様な側面から捉えることや、その質をより向上させる取り組みが求められており、環境生物多様保全、防災減災子育て教育健康福祉、コミュニティ形成、観光、にぎわい、歴史文化景観形成など、多くの分野において期待をされております。  

足立区議会 2019-06-20 令和 元年 第2回 定例会−06月20日-01号

6月7日、政府環境・循環型社会生物多様白書を決定し、プラスチックとの付き合い方の見直しを提言した。プラスチック製品のように使い捨てを前提とするものの利用を可能なところから削減し、ごみを発生させないリユース型のものへ切替えていくことが重要になっている。  6月1日、2日と当区でも地球環境フェアが開催され、海洋プラスチックごみ問題をテーマにプラごみ削減・ごみ削減が取り組まれた。

狛江市議会 2019-06-20 令和元年第2回定例会(第10号) 本文 開催日: 2019-06-20

西河原公園における生息状況については,生物多様地域戦略の策定に当たり,平成29・30年度に実施した生きもの調査において生息が確認できておりますが,個体数の調査は行っていないところでございます。カブトムシについても個体数の調査は行っておりませんが,同じ調査におきまして西河原公園での生息が確認されております。  

目黒区議会 2019-06-20 令和元年都市環境委員会( 6月20日)

続きまして、緑の保全のところでございますが、今回のランドスケープデザイナー等も入って計画され、当然これには生物多様なんかを見据えた形の緑化計画をいろいろつくっているところでございますが、今後、引き続き樹木の確認等をした上で、当然傷んだ樹木、もしくは少し弱ってきた樹木については、当然そういったものについても再度、緑化が戻るような手はずは、当然、音楽大学で計画書に基づきやることとは思いますが、今後、増築等

港区議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会-06月19日-07号

また、生物多様が言われるこのときに、歴史的に貴重な樹木、植栽が伐採されます。一度破壊されれば取り返しがつきません。  三、風害が耐えがたいものになる。今でも伊藤忠商事株式会社の前、青山通りと青山墓地への通りは、風の影響を非常に受ける場所です。少しでも風の強いときはまともに歩けない状態です。伊藤忠商事株式会社のビルは約九十メートルですが、今度の計画では百九十メートルのビルになる計画です。

大田区議会 2019-06-14 令和 1年 第2回 定例会−06月14日-02号

都市公園は、人々のレクリエーションの空間となるほか、良好な都市景観の形成、都市環境の改善、都市防災性の向上、生物多様の確保、豊かな地域づくりに資する交流の空間など多様な機能を有する都市の根幹的施設であると考えており、今後も公園用地として適地があれば、適切な判断のもと、効果的、効率的に用地確保してまいります。  

八王子市議会 2019-06-13 令和元年_第2回定例会(第4日目) 本文 2019-06-13

緑は、温暖化防止や生物多様といった環境保全、まちの景観の形成、レクリエーション機能及び防災機能といった多面的な機能を持ち合わせており、人の生活には欠かせないものだと認識しております。緑の保全、創出のための本市の具体的な取り組みといたしましては、斜面緑地里山の保全、特別緑地保全地区の指定、また八王子駅周辺での花づくり事業など、さまざまな施策を進めているところでございます。