34件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

台東区議会 2020-06-19 令和 2年 6月区民文教委員会-06月19日-01号

その後、箱根地区温泉組合観光組合に本区の条件を提示して、契約の希望がございますかという当方から投げかけて募ったところでございます。その結果、7施設からのご要望あったんですけれども、そのうちの3施設についてはちょっと区の条件とマッチしていなかったので、結果的には4施設を当初の選定の対象といたしたところでございます。

稲城市議会 2017-09-11 平成29年第3回定例会(第23号) 本文 開催日: 2017-09-11

例えば、日田市は温泉街であるという特性もありまして、その中でも温泉組合のほうから被災者向け入浴フリーパスが発行されたことによって、自衛隊のほうのお風呂は撤去しようということになったそうであります。稲城におきましても、今御回答にあったとおり、よみうりランドの丘の湯や稲城浴場ときちんと提携しているということ。

調布市議会 2014-09-11 平成26年 9月11日文教委員会−09月11日-01号

平成25年度については、事業協力者である河津温泉組合及び京王観光株式会社さくらツーリスト株式会社において調布市民優待利用宿泊施設拡大を図ったことに加え、市民限定企画である日帰りバスツアー東日本大震災復興支援としての日帰りバスツアーなど、さらなる充実を図り実施しました。

調布市議会 2014-03-14 平成26年 3月14日文教委員会−03月14日-01号

河津温泉組合につきましては、これまでずっと続けてきているところではあるんですけれども、ここ近年の利用実績等を踏まえまして、お申し出のある方々がかなり少なくなっているという状況を踏まえまして、26年度からは協定のほうは取り消しというか、今回は対象を外させていただきまして、さらに日帰りバスツアーなど、調布発着で気軽に参加できるようなものがかなり要望が多いということもありますので、そういった意味で宿泊助成

調布市議会 2013-09-10 平成25年 9月10日文教委員会-09月10日-01号

平成24年度は、事業協力者である河津温泉組合及び京王観光株式会社さくらツーリスト株式会社と連携し、調布市民優待利用宿泊施設拡大を図ったことに加え、市民限定企画である日帰りバスツアー東日本大震災復興支援としての日帰りバスツアーなどもさらなる充実を図り実施いたしました。  

調布市議会 2012-09-13 平成24年 9月13日文教委員会−09月13日-01号

平成23年度は、それまでの事業協力者である河津温泉組合、京王観光株式会社さくらツーリスト株式会社を加え、調布市民優待利用宿泊施設拡大を図ったことに加え、東日本大震災復興支援としての日帰りバスツアーなども実施いたしました。これにより、市民優待宿泊事業利用者 242人のうち、宿泊費助成利用者 141人、日帰りバスツアー利用者81人と多くの方に御利用いただきました。  

調布市議会 2012-03-13 平成24年 3月13日文教委員会−03月13日-01号

いやしとふれあいの旅事業は、平成18年度に市民保養施設多賀荘廃止に伴う代替施策として、河津温泉組合事業協力協定を結び、割引市民宿泊優待を行ってまいりました。  平成22年度は、河津温泉組合のほかに京王観光株式会社と、さらに平成23年度には、さくらツーリスト株式会社事業協力協定を結び、市民優待宿泊施設を拡充し、東日本大震災被災地復興支援ツアーなどを企画してまいりました。

目黒区議会 2011-12-14 平成23年生活福祉委員会(12月14日)

もうちょっと具体的に申し上げますと、強羅の温泉組合それと湯本の観光協会加盟施設のうち、おおむね20部屋以上、また料金につきましては、平日の料金が1万3,000円以下を大体めどとしまして、施設を選んで意向調査をしました。また、区の窓口に事前に営業にみえられた箱根地区施設についても、改めて意向調査を実施しました。それが計12施設でございます。

調布市議会 2011-09-15 平成23年 9月15日文教委員会−09月15日-01号

木島平も絡んでくるんですけども、まず市民保養所河津温泉組合との提携及び事務事業報告書のほうにも京王観光さんと協定を結んだとあります。まず1点として、河津温泉協同組合との実績を教えていただきたい。それと、京王観光さんとの協定で、今どのようになっているのかが1点。この2点をまず教えていただきたいと思います。 ○内藤 委員長   中村課長

調布市議会 2011-03-09 平成23年 3月 9日文教委員会−03月09日-01号

いやしとふれあいの旅事業は、平成18年度に市民保養施設多賀荘廃止に伴う代替施策として、河津温泉組合事業協力協定を結び、割引市民宿泊優待を行ってまいりました。平成22年度は、河津温泉組合のほかに京王観光株式会社事業協力協定を結び、指定した5つの施設利用した場合の市民優待料金と、高齢者など一定の要件に該当する市民対象宿泊費の一部助成制度を始めました。  

調布市議会 2010-09-17 平成22年 9月17日文教委員会−09月17日-01号

中村 協働推進課長   御承知のとおり、河津温泉組合さんは20の宿泊施設が指定の施設という形になっていますけれども、それぞれの施設のほうでやはりいろんな工夫をされているんですが、この団体お客さんが入られたところは、団体さんの宿泊限定プランというのを時限的に行っていて、どうもそれを御利用なさっていたということらしいんですね。  

調布市議会 2010-03-16 平成22年 3月16日文教委員会−03月16日-01号

私どものほうのいやしとふれあいの旅事業、現在は河津温泉組合の20の旅館協定を結んでやっているわけですが、今年度の状況温泉組合とも話しているんですが、やはり有料道路割引の関係で伊豆通過地点になってしまっているというようなところがあって、伊豆自体お客が減っちゃっているそうです。

板橋区議会 2010-03-10 平成22年3月10日予算審査特別委員会 企画総務分科会−03月10日-01号

そこで温泉施設が大変老朽化しておりまして、いつ多額の出費が生じるかもしれないという状況でございますので、少なくとも温泉部分だけは切り離しをして、今台東区とそれから地元温泉組合板橋区の三者で温泉の委員会つくっているんですけれども、その温泉委員会板橋区の出資分についてはお返しをしようということで話をしている最中でございます。

福生市議会 2010-03-10 平成22年予算審査特別委員会  本文 2010-03-10

内容的には旅館ホテルは156施設かんぽの宿は68施設、それから伊豆河津温泉組合が23施設新潟県の津南協会施設、いずたがの保養所1カ所、257施設でございまして、前年度258施設でございますから、1件ほどちょっと減になってしまったということでございます。ホテルの方を利用する方がやはり多くて844人、かんぽの方は203人、いずたがの方は85人ということでございます。

調布市議会 2009-12-08 平成21年 第4回 定例会−12月08日-04号

何度も言うようですが、私は今行っている河津温泉組合との提携による事業廃止にする必要は全くなくて、新たな施策を追加してつくることを提案させていただいているわけです。ちなみに、今年度のいやしとふれあいの旅事業の現在までの利用者数取り組みの成果などもお聞かせください。  ここで、他の自治体の取り組みなども御紹介させていただきたいと思います。

調布市議会 2009-09-11 平成21年 9月11日文教委員会−09月11日-01号

そのようなこともやりつつ、また、温泉組合さんのほうでは、調布市民独自の特別企画のようなものも一昨年ぐらいから企画していただいて、それに対して参加していただいている方もありますので、今後とももっと参加しやすいような企画観光業者、または旅館組合とも協議しながら、もうちょっと利用をふやしていきたいと思っているところでございます。

  • 1
  • 2