779件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大田区議会 2019-11-29 令和 1年11月  まちづくり環境委員会−11月29日-01号

実際、学校プールも夏のシーズンしか使われていなくて、それ以外が、防火用水になるので、消防水利になっているので、それはその水としての使い方があるのかなと思うのですけど、あれが屋根がついていて温水になっていてとかいえば、もうちょっと使い勝手がいいよねと。要するに近隣の方々が泳ぐじゃなくても、まず、プールで歩くとかという、いわゆるリハビリとかにも使えるということがあって。

港区議会 2019-10-28 令和元年10月28日区民文教常任委員会-10月28日

プール及び運動場につきましては、プール消防水利としまして今後も維持しつつ、プールにふたをしてその上を運動スペースといたします。運動場とともに、学童クラブや地域開放で活用いたします。  資料1にお戻りください。概要版の5番になります。神応小学校の既存校舎は、躯体の健全性が確保されておりまして、長寿命化が可能であることから、既存建物を再活用いたします。

港区議会 2019-10-18 令和元年10月18日保健福祉常任委員会-10月18日

プール及び運動場については、プール消防水利として今後も維持しつつ、プールにふたをしてその上を運動スペースとします。運動場とともに学童クラブや地域開放で活用いたします。  資料№1、旧神応小学校本格活用に係る施設整備計画(素案)について概要版にお戻りください。右下の5番になります。旧神応小学校の既存校舎は、躯体の健全性が確保されており長寿命化が可能であることから、既存建物を再活用いたします。

武蔵野市議会 2019-09-26 平成30年度決算特別委員会(第5日目) 本文 開催日: 2019-09-26

次の質問なのですが、検討委員会ではプールを外部に委託して、学校施設からなくす可能性を議論しているようなのですけれども、きのうの消防費の款で、プールは重要な消防水利であるとの答弁がありました。そもそも検討委員会のほうに防災やまちづくりの担当が入っていないのは問題だと認識していないのか、お伺いしたいと思います。

武蔵野市議会 2019-09-25 平成30年度決算特別委員会(第4日目) 本文 開催日: 2019-09-25

この費目は、火災の際に使用する消防水利施設の整備に要した経費で、執行率は88.6%でございます。主な支出は、消火栓新設及び消火栓維持工事に係る負担金、防火水槽撤去に係る工事請負費でございます。  次に、第4目災害対策費でございます。この費目は災害対策に要した経費で、執行率は91.6%でございます。

府中市議会 2019-09-19 令和元年決算特別委員会  本文 開催日: 2019-09-19

備考欄1の1は消防水利標識の設置及び保守・管理等委託料、1の2は消火栓等の水道使用料、1の3は各防災センターの補修費等、2の1は東京都への消火栓設置負担金で1基分、2の2は東京都への消火栓移設等負担金で、移設が21基、補修が29基分、2の3は朝日町3丁目地内200トンの流水型応急給水槽の維持管理費。3は防火貯水槽の撤去に要した経費。  

日の出町議会 2019-09-17 令和元年予算決算常任委員会 本文 開催日:2019-09-17

次に、消防水利整備経費でございますけれども、消火栓の新設、移設、補修等で785万円を支出しております。防災施設管理システム使用料105万円は、庁内システムのGISシステムで消火栓、消防水槽等の位置等の情報を入れたもので、平成28年12月より稼働しているところでございます。  

調布市議会 2019-09-12 令和 元年 9月12日総務委員会−09月12日-01号

次の○消火栓管理費等負担金につきましては、平時の消防水利の確保のための消火栓の維持管理や移設、新設、消防用水使用に係る経費として東京都水道局に支払った負担金です。  続きまして、目20「防災費」になります。  ◎防災意識啓発費です。こちら、 306、 307ページをお願いいたします。1つ目の○防災市民組織補助金です。新たに4団体が結成され、防災市民組織平成30年度末で 124団体となっています。

狛江市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第17号) 本文 開催日: 2019-09-10

2点目の消防水利でございますけれども,消防法第20条第2項に規定する消防に必要な水利施設及び同法第21条第1項の規定により消防水利として指定された消火栓,私設消火栓,防火水槽,プール河川,池,井戸下水道などを示したものでございます。この火災消防団が確保した水利は防火水槽でございます。  3点目でございますが,消防団には地元出身の消防団員が所属しているため地の利がございます。

稲城市議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第23号) 本文 開催日: 2019-09-09

21 ◯ 消防本部消防長(田中誠一君) 緊急走行ができる機関員の規定・資格等につきましては、消防ポンプ自動車を運行できる資格は、稲城市消防本部警防規程により、東京都消防訓練所におけるポンプ機関技術研修修了者であって、研修終了後3カ月間、消防水利や対象物などの管内情勢の調査を行い、消防水利や目標物に関する試験に合格した者としております。

町田市議会 2019-08-28 令和 元年 9月定例会(第3回)-08月28日-01号

これは、消防水利整備事業の増の一方、防災情報設備整備事業や消防施設等管理事業などの減によるものでございます。  歳出決算額の主な構成比は、大きい順から、第3款、民生費が50.1%、第2款、総務費が13.5%、第10款、教育費が9.5%、第4款、衛生費が9.0%、第8款、土木費が8.9%となっております。  また、予算現額に対する歳出決算額の割合は96.9%となっております。  

多摩市議会 2019-06-20 2019年06月20日 令和元年第2回定例会(第6日) 本文

総務部長(渡邊眞行君) それぞれ避難場所、また消防水利等を決めるとき、あそこは消防水利から外しましたけれども、きちんと一つずつ検討してやってまいりましたので、今回こういう形で恒久活用になったときにはどのような使用の仕方、または避難の中での役割があるのかというところに関しても、きちんと検討した上で結論を出していきたいと考えてございます。

台東区議会 2019-06-14 令和 元年 6月環境・安全安心特別委員会-06月14日-01号

◎飯田辰徳 危機災害対策課長 地域における防災訓練ですとか、あと避難所単位の訓練の中では、各町会ごとの消防水利、消火器や水利とかも含めた地図というのを配布させていただいておりますので、そういったことでも活用できるかなと考えております。 ○委員長 中村委員。 ◆中村謙治郎 委員 ありがとうございます。とりあえず結構です。 ○委員長 中澤委員。

葛飾区議会 2019-06-11 令和元年文教委員会( 6月11日)

○(大高拓副委員長) ちょっと1点確認したいのですけれども、一般的にこれぐらいの規模のプールというのは消火用水というか消防水利として活用されてきたと、いく予定で多分計画は組んであると思うのですけれども、これは例えばこの鎌倉公園プールがどのような位置づけにあったのかということと、また、じゃぶじゃぶ池になってそのじゃぶじゃぶ池からそういう消防水利の消化活動に使用するような今後の予定があるのかどうなのか。