13306件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

目黒区議会 2019-10-09 令和元年生活福祉委員会(10月 9日)

(6)最近1年間、法人税、消費等を滞納してないことでございます。  4の事業運営に関する条件でございます。  (1)職員配置につきましては、東京都指定障害児通所支援の事業等の人員、設備及び運営の基準に関する条例及び同条例施行規則を満たしていること、また看護師につきましては常勤2名以上を配置することといたします。  (2)送迎サービス。当該事業の実施に当たって、利用者の送迎を実施すること。

八王子市議会 2019-10-04 平成30年度_決算審査特別委員会(第3日目) 本文 2019-10-04

予算段階では、歳入において前年度比9,000万円減、地方消費交付金16億5,000万円減を見込み、普通交付税は前年度比5億円増の44億円、臨時財政対策債51億円計上、財政調整基金を16億円取り崩すことで財源を確保する予算でありました。決算の状況は、市税収入が前年度比6億4,000万円増となり、財政調整基金の取り崩しは10億円に抑えることができたことは、よかったと思います。

東久留米市議会 2019-10-04 令和元年決算特別委員会(第3日) 本文 開催日: 2019-10-04

続きまして、72ページの地方消費交付金の収入済額は19億4183万7000円で、前年度比14.7%、3億3429万4000円の減となっております。  続きまして、74ページの自動車取得税交付金の収入済額は1億1034万4000円で、前年度比4.9%、520万1000円の増となっております。  

東久留米市議会 2019-10-03 令和元年決算特別委員会(第2日) 本文 開催日: 2019-10-03

加えて、総括で丁寧に、市民の暮らしの厳しさ、消費増税の問題など述べさせていただきましたので、ここでは繰り返しません。家庭ごみの有料化は、消費と同様に逆進性の強い負担だと私は考えております。収入の少ない人、所得の少ない人ほど負担の重い仕組みになっていると。

西東京市議会 2019-09-30 西東京市:令和元年第3回定例会(第8日目) 本文 2019-09-30

この10月に、消費があしたから増になる。地方消費交付金等についても、ふえてくるということは想定されます。しかしながら、それは同時に市民生活を圧迫していく、購買意欲が減衰していく、そのことによって企業活動が低調になっていくというふうなことが想定されるわけです。その他の税の収入ですね、これが減になっていくというふうなことは十分に想定されるというふうに思っております。  

東久留米市議会 2019-09-25 令和元年第3回定例会(第6日) 本文 開催日: 2019-09-25

歳入につきまして御説明申し上げますと、市税が170億5528万2884円で構成比が39.4%、次いで国庫支出金が75億4454万7200円で17.4%、都支出金が61億8331万6113円で14.2%、市債が29億4060万円で6.8%、地方交付税が28億3653万9000円で6.5%、地方消費交付金が19億4183万7000円で4.5%、繰入金が17億4423万8000円で4.0%、以下、繰越金

国立市議会 2019-09-19 令和元年第3回定例会(第6日) 本文 開催日: 2019-09-19

他の委員より、システム変更委託料について、具体的なシステム内容を問う質疑に対し、当局より、10月から消費が10%に増税されることに伴い、介護保険の報酬体系の保険点数が改定される。点数表の改定に伴い、介護職員改善加算という加算会計が新たに加わるためのシステム改修であるとの答弁がありました。  

千代田区議会 2019-09-17 令和元年保健福祉委員会 本文 開催日: 2019-09-17

助成金額については、購入に実費、消費を含む上限3万円といたします。あと、申請は、対象者一人につき1回限りとさせていただいております。  申請の方法は、原則、郵送による申請といたします。購入した翌日から1年以内ということで、こちらの助成事業については、今年度からということで、4月1日以降購入したものに限るとさせていただきます。  事業の開始日のほうは、10月1日からです。  

目黒区議会 2019-09-10 令和元年文教・子ども委員会( 9月10日)

○芋川委員  本条例は、子ども・子育て支援法改正を受けての条例改定ですが、まず、子ども・子育て支援法制度の財源は消費増税です。また、消費は低所得者ほど負担が重い逆進性を持つ税です。保育料は既に所得に応じ段階的になっており、保育料が免除されている住民税非課税のひとり親世帯などでは、無償化による恩恵は少なく、消費増税分が重くのしかかるだけです。

国立市議会 2019-09-05 令和元年第3回定例会(第5日) 本文 開催日: 2019-09-05

所得税、法人税の減税が進み、逆進性が大きい社会保険料や消費の値上げが格差拡大に拍車をかけています。6月議会では低所得者やボーダー層の経済的負担の軽減について質問しました。今議会では市民収入ベル格差是正について質問します。  国立市は、出先機関を含めて1,000人を超える職員がいますが、その6割は年収100万円から300万円程度の非正規職員です。また、その大半は女性、多くが国立市民です。

西東京市議会 2019-09-05 西東京市:令和元年第3回定例会(第5日目) 本文 2019-09-05

10月からの消費増税に合わせ、来年6月までの9カ月間限定でキャッシュレス決済へのポイント還元を景気対策として行うとしてきましたが、新たな還元策は、この対策が終わった後の来年7月以降に導入する。景気の落ち込みを防いだり、キャッシュレス決済を広めたりすることも狙うということです。  

国立市議会 2019-09-04 令和元年第3回定例会(第4日) 本文 開催日: 2019-09-04

また、消費が10%になるまでの暫定的措置であるとの約束さえも破棄され、恒久化を視野に入れたかのような今般の国の対応には、都民として見過ごすことのできないものがあり、私ども自民党三多摩議員連絡協議会でも議論を進めております。そこで、市長及び市長会としてどのように対応されているのかお伺いをさせていただきます。  

西東京市議会 2019-09-04 西東京市:令和元年第3回定例会(第4日目) 本文 2019-09-04

この夏は、海水浴場などでのキャッシュレス化のニュースも目にしたところであり、政府は10月の消費増税に合わせて実施するポイント還元制度で事業者の取り組みを支援しております。しかし、実際には、商店街の皆さんなどと話をすると、興味はあるものの、機械の導入方法や実施することのメリットがあまり理解されておらず、取り組みが進んでいないのが現状です。

国立市議会 2019-09-03 令和元年第3回定例会(第3日) 本文 開催日: 2019-09-03

国立市が生産年齢人口の減少を迎え、また消費の増税といったさまざまな困難がある中でも健全な財政運営をしていく、そしてよりよいまちをつくっていくためには、さまざまな手段を先んじて打っておく必要があります。その一手である行財政改革プランの現状の進捗について、まずは伺います。  最後に、駅前投票所について伺います。

西東京市議会 2019-09-03 西東京市:令和元年第3回定例会(第3日目) 本文 2019-09-03

最後に7点目、消費増税への対策についてお伺いいたします。昨日、同僚議員から同様の質問がありましたけれども、なるべく内容が重ならないように質問したいと思いますので、よろしくお願いいたします。10月1日から消費が10%に増税されます。私は、今回の消費増税に対しては丁寧で断固とした対応が必要だと考えております。