290件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

三鷹市議会 2020-03-27 2020-03-27 令和2年 第1回定例会(第5号) 本文

無実の人が誤った判決から救済されるための再審ルールづくりを目的として、冤罪被害者市民弁護士など、法曹関係者が中心となり、11月には院内集会も開催されました。  この会は、3点を当面の課題として掲げています。本意見書で示している要望事項1、再審のための全ての証拠の開示、2、検察官の不服申し立ての禁止のほかに、さらに3として、再審における手続の整備を挙げています。

日野市議会 2020-02-27 令和2年第1回定例会(第2日) 本文 開催日: 2020-02-27

今後、法曹資格者の活用や政策法務部門の設置によって内部統制がしっかり機能する体制づくりに向けて方針策定を行い、実施をしてまいります。そして、今後は管理職の法令遵守意識の向上、そして、そのチェックができる人材育成などを取り組んでまいりますし、市立病院についても外部からチェックを受ける仕組みを進めていくということでございます。  

日野市議会 2020-02-26 令和2年第1回定例会(第1日) 本文 開催日: 2020-02-26

法曹資格者の活用や政策法務部門の設置により、コンプライアンスの強化を図るとともに、内部統制がしっかりと機能する体制づくりに向けた方針策定を行ってまいります。  具体的には、庁内にプロジェクトチームを設置し、管理職のコンプライアンスの意識向上、コンプライアンスをチェックできる人材育成と各部署への配置などについて検討し取り組むことを考えております。  

板橋区議会 2020-02-20 令和2年2月20日健康福祉委員会-02月20日-01号

経済的な支援が法曹専門家からも相談を受けられる、つなぐことができる。このいのちを守る何でも相談会について記載しております。  29ページから33ページ、(5)子ども・若者への支援において、32ページには、④支援につなげる仕組みづくりにおいて、ウ、SNSなどを活用した相談窓口の周知という項目を追記しております。

板橋区議会 2020-02-17 令和2年第1回定例会-02月17日-01号

今年度、板橋法曹会の協力のもと、新たに地区ごとに担当弁護士を設け、管理職から直接相談できる体制を構築し、地区ごとの校長会で相談会を試行実施した結果、1月末現在、昨年度より5倍以上の相談を受けております。今後は、管理職を対象とした弁護士の活用方法等についての研修の実施や、相談内容や緊急性に応じて弁護士学校を訪問することなど、支援体制の一層の整備を図ってまいります。  

港区議会 2020-02-12 令和2年2月12日保健福祉常任委員会-02月12日

弁護士に関しましては、これまで東京都に関与されてきた弁護士のグループがありまして、そちらの方にご相談していることと、そして、港区法曹会の方にもご相談させていただいています。さまざまな立場での見地を持ち寄って、港区児童相談所を支えてほしいということで、お願いをしているところです。  

港区議会 2019-12-05 令和元年12月5日エレベーター等安全対策特別委員会-12月05日

質問の内容を具体的に何点か、私も弁護士として特に損害賠償のこちらの主張に関しましては、製造物責任の問題や損害賠償、さらには刑事としての組織罰をいかに問うかということでは、我々法曹業界にとっても大変注目の集まる裁判でした。このように区が和解という形で決着にこぎ着けたことは、非常に大きな意味があるのではないかと思っております。  具体的に何点か確認いたします。

板橋区議会 2019-11-28 令和元年第4回定例会-11月28日-01号

次に、スクールロイヤー導入の可能性についてのご質問ですが、教育委員会では平成26年度に、学校におけるトラブル等の解決を図るため、板橋法曹会の弁護士による法的観点からの助言指導を得られる体制を整えました。弁護士への相談件数は年々増加しており、弁護士の地区ごとへの配置や、校長から弁護士への直接相談など、具体的な相談体制について、現在、板橋法曹会と検討しているところであります。  

目黒区議会 2019-11-27 令和元年生活福祉委員会(11月27日)

そうした中で、先ほど言いました医師会とか法曹界とか、協定なりを事前に結びまして、いざというときに派遣していただくわけですけども、そんな中で進めていく中で、こういった課題の認識、実際に設置した際にすぐに動けるように、そういった準備はしてまいりたいと思っております。  以上でございます。 ○鈴木委員長  山宮委員の質疑を終わります。  ほかにございますか。

杉並区議会 2019-11-25 令和 元年11月25日区民生活委員会−11月25日-01号

◎副区長(宇賀神) 高橋弁護士は、堀部委員も御存じのとおり弁護士法曹資格と同時に公認会計士資格もお持ちで、会計分野にも非常に明るいということで、勝訴に向けて万全を期すために、補強証拠ということで依頼をいたしました。 ◆堀部やすし 委員  公認会計士としての見解は示されていなかったですよね。あくまで弁護士としての法律解釈について記載されていました。  

板橋区議会 2019-10-15 令和元年10月15日決算調査特別委員会 企画総務分科会-10月15日-01号

こちらについては、板橋法曹会の弁護士さんが全て対応しております。 ◆高山しんご   ありがとうございます。  区のホームページを拝見させていただいたところ、この法律相談というのは、無料で3回まで30分受けられるということで、私が把握しているんですが、これ仮に3回の無料の30分間を使い果たしてしまった場合には、どのような対応になるのでしょうか。

板橋区議会 2019-09-25 令和元年第3回定例会-09月25日-01号

ここでお伺いいたしますが、本区でも平成26年度より導入しております区立学校法律相談ですが、現在、板橋法曹会に業務委託をし、76校園を対象に19名の弁護士と相談体制を整備しておりますが、問題が起きた時点で対処する、いわゆる事後処理がほとんどであり、早急に対応しなければいけない案件への対応は困難な状況であると認識しております。  

目黒区議会 2019-08-07 令和元年都市環境委員会( 8月 7日)

なかなか今、私ども空家等対策審議会ですね、これを設けまして、このメンバーは非常にさっき言った住区、あるいは町会連合会、民生・児童委員商店街さんとか、全て、警察もそうですし、消防法曹会とか、行政書士、関係するところ全て入れてございます。なおかつ、委員の中には、私とあと健康福祉部長も入ってございまして、今回、議会からは都市環境委員会の委員長と副委員長が入って、検討してございます。

武蔵野市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 開催日: 2019-06-14

また、弁護士司法書士等の法曹等関係者である委員から、計画策定における課題、論点について意見の発表がなされ、その後意見交換を実施し、策定委員会における課題等の認識の共有化を図ったところでございます。  続きまして、大きな1問目の2番目の3についてでございます。地域連携ネットワークとは、権利擁護支援の必要な人を発見し、適切に必要な支援につなげる地域連携の仕組みです。

板橋区議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会−03月06日-03号

スクールロイヤー制度の導入については、学校長と弁護士が直接相談できる体制の構築に向けて、板橋法曹会と協議していくとの答弁がございました。これからはさらに協議を深め、各校にスクールロイヤーが配置できるかどうかの具体的な検討を要望いたします。見解を伺います。  また、我が会派が過去に重点要望としてきた副校長の2人制についてですが、なかなか導入に向けて重い腰が上がりませんでした。

江戸川区議会 2019-02-21 平成31年 第1回 定例会−02月21日-02号

スタッフの配備状況、並びに弁護士などの法曹職員を配置すべきと考えます。ご所見をお伺いします。  次に、公共施設の再編について、お伺いをいたします。  大型公共施設の老朽化に伴う再編整備は、さきに述べたように本区にとっては喫緊急務の課題となっております。一方、人口が七十万人に迫る大都市江戸川区を鑑みれば、単に老朽化施設の建替事業ということでは話は済みません。  

板橋区議会 2019-02-14 平成31年第1回定例会−02月14日-01号

初めに、スクールロイヤー制度の導入についてのご質問ですが、平成26年度から、学校におけるトラブル等の解決を図るため、板橋法曹会に法律的な助言指導をいただいております。近年、学校におけるトラブル等が増大するとともに、深刻化、複雑化しており、弁護士による法的観点からの専門的な助言は必要であると教育委員会としては認識しております。  

港区議会 2018-11-30 平成30年第4回定例会-11月30日-16号

区は、児童相談所への弁護士の配置について、現在も東京都児童相談所の協力弁護士や港法曹会所属の弁護士指導を受けております。新たに設置する児童相談所においては、できるだけ日常的に弁護士と相談できる体制となるよう、弁護士の配置と勤務形態について検討してまいります。  次に、(仮称)港区子ども家庭総合支援センターの施設長に求められる能力についてのお尋ねです。