36125件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

江戸川区議会 2021-01-14 令和3年 1月 総務委員会-01月14日-15号

山田康友 地域防災課長 今、委員からご質問のありました11月10日の資料の中に訓練の22区の状況について調査依頼中というふうに記載があったということなのですが、これにつきましては去る12月15日に行いました総務委員会におきまして、災害に備えた医療的ケア児対応についての23区の比較ということで資料の提供をさせていただいたところでございます。 ◆瀨端勇 委員 どうも失礼しました。

江戸川区議会 2020-12-15 令和2年12月 総務委員会-12月15日-14号

手元資料、第50号陳情資料災害に備えた医療的ケア児対応についての23区比較について説明させていただきます。  まず項番の1ですが、医療的ケア児重症心身障害児を対象とした区主催防災訓練実施の有無についての調査の結果でございます。実施している区が4区、実施していない区が本区を含めまして19区でございます。  

目黒区議会 2020-12-09 令和 2年文教・子ども委員会(12月 9日)

次に、申込者状況ですが、増減計の欄を御覧いただきまして、出入りともに多い学校目黒中央、大鳥中の2校、入の欄の申込者が多い学校は第八、東山中学校の2校、逆に申込者が少なく他校を選択した数が多い学校は第一、第七、第九中学校の3校という状況でございまして、下段の昨年度と比較をいたしましても同様の傾向で、例年とは大きな変動はないというような状況でございました。  

目黒区議会 2020-12-09 令和 2年企画総務委員会(12月 9日)

こちらは特に規定があって3,000ということではございませんけれども、他区の状況比較しましても、23区全体で世論調査実施しておりますけれども、3,000という標本数が一番多い標本数となってございます。目黒区におきましても、状況に応じて標本数というものは見直しておりまして、すみません。

目黒区議会 2020-12-09 令和 2年生活福祉委員会(12月 9日)

さらに、10月には、全国での交付枚数率が当初の想定と比較して下回っているということで、全知事、各区市町村長宛て総務大臣の書簡というものが発出されておりまして、現在の申請数がさらに倍増することを前提として計画を改定し、交付体制を拡充すること等が求められている状況でございます。  項番2の区の取組状況でございますが、(1)は、まず現在の交付実績でございます。  

大田区議会 2020-12-03 令和 2年12月  交通臨海部活性化特別委員会−12月03日-01号

◎堀江 工業振興担当課長 臨海部ものづくりにつきましては、従前より基盤技術を中心とした比較的重厚長大的な業種が集積しているエリアではございますが、近年区に寄せられる立地需要、こういった中には研究開発的な活動をするところ、あるいはものづくり産業等をつなぐ、そういった機能を持つ企業等立地も進んでいるところでございます。  

大田区議会 2020-12-01 令和 2年12月  地域産業委員会-12月01日-01号

◆野呂 委員 かんぽの宿は今年1月からの指定なので、残り三つ比較したときに、伊豆長岡京急は昨年、143万6,000円の補助グリーンピアが203万円、ゆがわらが472万円と、すごい金額の差が大きいのですね。  グリーンピアは、障がいのある方たちが、バリアフリーになっているので非常に使いやすいということで、皆さん遠いけれど行きたいというお声をいただくのですけれど。  

大田区議会 2020-12-01 令和 2年12月  総務財政委員会-12月01日-01号

元年度同時期の調定収納率比較しますと0.97ポイントの増です。  次の段、滞納繰越分調定額は35億697万円余、収入済額は6億2,857万円余。調定収納率は17.92%。前年度と比べ3.72ポイントの減です。  現年分滞納繰越分を合わせた合計の調定額は、206億6,431万円余、収入済額は78億8,580万円余。調定収納率は38.16%。前年度と比べ0.39ポイント増という状況です。  

江戸川区議会 2020-12-01 令和2年12月 総務委員会-12月01日-12号

今年の1月から9月までの実績でございますけれども、過去4年分平成28年から昨年度令和元年までの平均受診率比較いたしまして、がん検診で34.6%の減少、国保健診で33.7%の減少でございます。その他の健診も含めまして、おおむね30%以上減ってしまっているという状況になってございます。

豊島区議会 2020-11-30 令和 2年区民厚生委員会(11月30日)

佐藤住宅課長  一人世帯というところでの比較は今ちょっと手元にないんですが、住宅マスタープランの中では、良質で住み続けられる住宅ストックの形成というのを掲げて、このワンルームマンション税も含めて、そういった手法で取組を行っているところです。その中で、成果指標としては50平米以上の住宅ストック割合だとか、敷地面積65平米以下の一戸建て、長屋建て割合を設定しております。

目黒区議会 2020-11-30 令和 2年総合戦略・感染症対策等調査特別委員会(11月30日)

最後に仮設のことについてですけれども、通ってくる子どもたちのことを考えると、当該地仮設を造っていくことが望ましいというふうには考えてございますが、敷地状況やまたその周囲の状況、例えば敷地外仮設校舎が建てられるような状況があれば、それも考えていかなければいけないと思っておりまして、当然敷地外仮設校舎を造って、そちらに通ってもらうというような状況がありますと、建物を改築する工事自体が短期間、比較

大田区議会 2020-11-30 令和 2年11月  健康福祉委員会−11月30日-01号

この金額については、近隣自治体類似事業との比較、グループホーム指定権者である東京都の考え方、区内民間グループホーム家賃、これまでの利用者所得状況等を勘案し設定をいたしました。  なお、家賃については、グループホーム支援事業実施要綱に基づき、約1万円程度の補助がありますので、実質負担は若干低くなります。  第5条の2については、減免を行うことができる規定を新設いたしました。

大田区議会 2020-11-30 令和 2年11月  こども文教委員会−11月30日-01号

◎長岡 大田図書館長 池上ビル図書館を入れるにあたっては、内部検討として現地改築駅ビル移転との比較検討を行ってございます。その中で、区民サービス施設マネジメント経済的合理性の観点から検討する中で、現在の場所に改築あるいは長寿命化ということも検討いたしましたが、池上ビル図書館を入れることのほうが総合的に判断して好ましいということで、今回の運びとなりました。

目黒区議会 2020-11-27 令和 2年都市環境委員会(11月27日)

西崎委員  昨日もそうですけれども、定期的に国の測定の状況を情報提供いただいておりまして、3月末からスタートして、公表されているところまで言うと半年弱ぐらいの分が出そろっているというところなんですけれども、全体の傾向を見ていくと、いわゆる事前に聞いていた騒音推計平均値比較して、この目黒区というか、豊島区、新宿区以南というんですか、この目黒区辺りまでの中型機騒音値だけ、これは明らかに傾向として

目黒区議会 2020-11-27 令和 2年文教・子ども委員会(11月27日)

やはり普通教室に使用ができる教室は限られていますので、今の教室数の現状と比較しますと、小学校は大体10校で31教室が不足をすると、あと学校によっては4教室以上足りなくなるような学校も出るというふうにシミュレーションしてございます。  また、中学校では、2校で5教室足りないというふうにシミュレーションしています。