226件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

調布市議会 2021-03-29 令和 3年 3月29日中心市街地基盤整備等特別委員会−03月29日-01号

現在、グリーンホール階段付近にあるアオギリについて検討した結果、現状の樹木診断C判定空洞率66.6%であることから、現在のアオギリ工事までの間、安全対策実施してできる限り保全しますが、最終的には、北側の交通島の位置に次世代へ植替えを行います。そのほか細かい樹種変更等を行っています。  追加資料の御説明は以上となります。  

調布市議会 2021-02-22 令和 3年 2月22日中心市街地基盤整備等特別委員会−02月22日-01号

なお、外階段前のアオギリについては、樹木診断状態が4段階評価の一番下、C判定、著しい空洞化を確認しているため、今後、接ぎ木をして苗圃で管理している若木への世代交代など、取扱いについて検討をしてまいります。  次の17ページのA3資料につきましては、これまで御説明した内容と具体的な樹種を入れた樹木配置案となり、樹種も含めて案として決定したいと考えております。  

目黒区議会 2021-02-09 令和 3年都市環境委員会( 2月 9日)

まず、(1)樹木診断ですけれども、樹木医による樹木診断により、個々の桜の状態を把握してございます。外観診断精密診断がございまして、記載外観診断については223本、精密診断については57本実施いたしました。  (2)のサクラ再生実行計画の作成ですけれども、今年は駒場野公園と九品仏川緑道において実施してございます。

調布市議会 2020-11-17 令和 2年11月17日中心市街地基盤整備等特別委員会−11月17日-01号

そうした中、令和2年9月に株立ちケヤキの根元にベッコウタケの発生が見られたことから、樹木医による樹木診断を行いました。  その結果は4に記載のとおり、総合判定B2となっています。詳細は2ページに報告書の一部を抜粋しておりますので、後ほど御覧をいただければと思います。  この結果を踏まえて、5の市の対応方針案として、現在の位置づけどおり、今年度中に移植実施いたします。  

世田谷区議会 2020-10-08 令和 2年  9月 決算特別委員会-10月08日-06号

一方で、河川には治水のほか環境の側面もあることから、区民から樹木について保全要望があった場合は、河川の本来管理者である東京都において、流下能力の確認や樹木診断等により評価を行い、構造に対する安全性が確認された樹木については保全を図ることもございます。また、河川の日常の維持管理につきましては区で行っており、樹木が成長した場合、洪水時に影響を及ぼす枝葉については剪定を行っております。  

多摩市議会 2020-09-16 2020年09月16日 令和2年予算決算特別委員会[決算審査](第1日) 本文

場合によっては必要に応じて樹木診断、専門家の目でご意見をいただいたりするような形で「やはりこれはちょっと無理があるのではないか」「不安なのではないか」「心配なのではないか」というものをいただいた中では、早期に基本的には伐採ということで対応させていただこうと考えております。 ◯あらたに委員 確かに、もう市が進められている状況もお聞きしています。

稲城市議会 2020-09-15 令和2年決算特別委員会 本文 開催日: 2020-09-15

342 ◯ あらい委員 限りなく決算の質疑から外れちゃうような聞き方をしたので申し訳ないのですが、例えば、先ほど来言ったように、稲城の中の樹木について、よく言われるのは、樹木診断士がいて安全かどうかを点検して、やっぱりちゃんと把握をしておくということが各地域でやられているんですが、そういうことは今年度実施をされなかったんでしょうか。

清瀬市議会 2020-06-12 06月12日-04号

平成23年度から2年をかけて実施した樹木診断調査の結果では健全とされた木が、このように倒木したことにより、ケヤキ安全対策に対する意識はさらにこれまで以上に高まり、以後、剪定はそれまでの一定の樹形を保ちながらの強剪定から、安全確保を最優先として樹高を低く抑えた強剪定に転換をしています。 一方、根上がりもけやき通り課題の一つとなっております。

武蔵野市議会 2020-03-18 令和2年度予算特別委員会(第4日目) 本文 開催日: 2020-03-18

委託料は、街路樹公園維持管理公園トイレ清掃公園遊具安全点検樹木診断等に要する経費でございます。土地借上料は、もくせい公園ほか5カ所の土地借り上げに要する経費でございます。工事請負費は、既存公園遊具等の修繕、公園及び緑地内の樹木保全工事みやび青葉公園等での浸水対策に要する経費でございます。  緑化推進事業は、緑化推進等に要する経費でございます。  

千代田区議会 2020-03-10 令和2年保健福祉委員会 本文 開催日: 2020-03-10

委員会にもご報告しましたが、前回の協議会では、このサノキクザクラの移植、保存を強くお願いしておりましたけども、しかしながら、東京都におきまして、樹木診断を2回実施しましたところ、両調査とも違った樹木医さんなんですけども、両調査とも、樹木の腐朽がかなり進んでおりまして、中には空洞樹木の中に、幹の中には空洞などもあり、かなり傷んでいると。

豊島区議会 2020-03-06 令和 2年予算特別委員会( 3月 6日)

松田道路整備課長  もともと事業説明会の中で我々の計画、御説明した際に、確かに、住民の方々から、できる限り緑を残してくれというようなお話ありまして、急遽、かなり道路線形等も変わったんですけれども、例えばタクシープールのところの杉の木だとか、象徴的なもの、それから、移設に耐え得る木、つまり全ての木に対して、樹木診断を行いまして、移設に耐え得るものについては移設しながら、新しく広がった歩道に対応できるような

目黒区議会 2020-02-27 令和 2年都市環境委員会( 2月27日)

区内の公園緑道道路緑地等につきましては、老齢化等によりまして、倒木危険性があるような桜が見られるようになってきたところでございまして、平成26年3月に、目黒のサクラ基金を設立いたしまして、基金を活用しながら平成27年度から桜の樹木診断また地域再生実行計画づくり、そして保護や植え替えを進める保全事業を行ってきているところでございます。  

東久留米市議会 2019-12-17 令和元年予算特別委員会(第1日) 本文 開催日: 2019-12-17

これは、昨年度の台風影響街路樹倒木があった路線において、樹木診断実施した結果を受け、倒木のおそれのある街路樹を緊急的に伐採等を行ったことにより、予算に不足が見込まれるため増額するものでございます。  続きまして、消防費でございます。9款、消防費、1項、消防費、目2、常備消防費、大事業の1、消防事務委託事業は、421万8000円の減額でございます。

板橋区議会 2019-12-16 令和元年第4回定例会-12月16日-03号

2、樹木診断医の診断結果を公表すること。3、緩衝緑地帯としても機能が損なわれていないか調査をし、その機能を維持すること。4、今後の伐採植栽計画を明らかにすること。5、鳥類、昆虫類などの生息調査実施についての要望です。  先日の11月7日と12月10日に、区政事務連絡会で、伐採及び植栽についての説明を行い、現地では、伐採する樹木1本ごとに伐採理由を掲示しています。

日野市議会 2019-12-04 令和元年第4回定例会(第3日) 本文 開催日: 2019-12-04

引き続き樹木診断の周知や業者紹介など土地所有者への情報提供懸念事項説明も含めてこれまで以上に力を入れていただきたい、このように思います。  次に、4点目です。市内放送の聞こえにくさ、災害時情報弱者対策についてです。  大雨の音で市内放送の音が聞き取りにくいという御意見は市のほうでも認識している課題かと思います。

世田谷区議会 2019-10-09 令和 元年  9月 決算特別委員会-10月09日-06号

今後につきましては、診断機種もふえ、技術も発展してきておりますので、樹木医とも意見交換などをしながら、さまざまな診断事例なども注視しつつ、引き続き適正な樹木診断に努めてまいります。また、これまで余り実施してこなかった根株付近に肥料を施すなど、根の発育を促す取り組みにつきましても、その有効性について検討してまいります。