14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大田区議会 2020-09-28 令和 2年 9月  決算特別委員会−09月28日-01号

区では、感染症拡大防止災害時等における事業継続確保業務効率に寄与する柔軟で多様な働き方を実現するためテレワークを積極的に推進しております。  また、執務環境改善にあたっては、庁内横断型のプロジェクトチームを設置し、ペーパーレス化のさらなる推進やレイアウトの見直しなど、フリーアドレス化を視野に入れた具体的な執務環境の整備についても検討を進めております。  

大田区議会 2020-09-25 令和 2年 9月  決算特別委員会−09月25日-01号

本年8月、大田区は、新型コロナウイルスとの共存前提とした、新たな自治体経営へのシフトを目指すため、感染拡大防止災害時における事業継続確保業務効率に寄与する柔軟で多様な働き方として、テレワークを積極的に推進することを目的として、テレワークに関する今後の取り組みについて発表しました。  そこで、お伺いします。今回の新型コロナ禍の中で、テレワークなどのIT技術導入が進んできました。

大田区議会 2020-09-10 令和 2年 第3回 定例会−09月10日-01号

新型コロナウイルス感染症対策の充実と、今後の区政運営を見据えた全事務事業見直しの視点としてICT導入推進を、また、新型コロナウイルスとの共存前提とした新たな自治体経営へのシフトを目指すため、感染拡大防止災害等における事業継続確保業務効率に寄与する柔軟で多様な働き方として、テレワークを積極的に推進するとされています。  

大田区議会 2020-08-14 令和 2年 8月  総務財政委員会-08月14日-01号

まず、1番の目的でございますが、新型コロナウイルスとの共存前提とした新たな自治体経営へのシフトを目指すため、感染拡大防止災害等における事業継続確保並びに業務効率に寄与する柔軟で多様な働き方の一環といたしまして、テレワークをさらに積極的に推進するものでございます。  2番のこれまでの取組を簡単にご案内申し上げます。

府中市議会 2020-06-09 令和2年第2回定例会(第9号) 一般質問 開催日: 2020-06-09

その1つといたしまして、前年同月比の売上げに関係なく、このコロナ禍において生産性向上などの業務効率、収支増につながる取組を行っている小規模事業者等を支援するための、その取組に要する費用の一部、上限30万円を補助する小規模事業販路開拓等支援事業を展開しており、既に多くの事業所の皆様に御利用いただいているところです。  

小金井市議会 2018-12-04 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日: 2018-12-04

よって、先ほども答弁したとおり、あくまでも官民連携の選択肢の一つで、市民サービス向上ですとか、業務効率のメリットが大きいと判断した自治体のみが導入するというものでありますので、現在、水道事業を行って小金井市が判断するということにはならないのではないかなと、そういうふうに考えております。

大田区議会 2017-10-05 平成29年 9月  決算特別委員会-10月05日-01号

平成28年度歳入歳出決算概要説明書の216ページの決算書に掲載の、事業に対する業務効率支援事業ICT補助金ですが、執行率が40.36%とあります。保育園のパソコンの数が足りないことから作業が進まず、また個人情報保護のため、USBの持ち帰りもできないことなどから、結果、手書きになり、負担軽減につながらない現状も散見されるようです。  

国分寺市議会 2017-01-25 平成29年 総務委員会 本文 開催日: 2017-01-25

じゃあ、その流れで先に申し上げれば、これは担い手最適化以外の業務効率に関するヒアリング結果という次の26ページの一番下の部分だけど、例えば、ここで女性職員が多い職場では、出産休暇は、これは女性職員限定だけど、育児休暇というのは、今、男女ともにとるということが流れになっているわけじゃないですか。

多摩市議会 2013-02-27 2013年02月27日 平成25年第1回定例会(第1日) 本文

持続可能な財政構造への転換を図るため、現在、市議会をはじめ、市民の皆さんのご協力を得ながら多摩市行財政刷新計画に基づくサービス水準見直し業務効率行財政改革取り組みを進めているところです。今年度の見直し効果額については、約8億3,000万円を達成する見込みです。平成25年度予算での各種見直しも進めており、今後も計画に定める額の達成に向けた取り組みを鋭意進めていきます。

八王子市議会 2001-03-06 平成13年_第1回定例会(第2日目) 本文 2001-03-06

職場や職種について職員配置計画が述べられておりますけれども、業務密度の分析や、OA化による業務効率改善計画を明らかにすべきであるとまず考えます。次に、職員の再配置のための教育プログラムを確立すべきであります。民間ではIT化に伴う教育プログラムはもちろん、能力アップ安全衛生配属教育等々、あらゆる角度から人材育成プログラムが設けられております。

  • 1