400件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

目黒区議会 2021-01-13 令和 3年都市環境委員会( 1月13日)

本当に最初の頃は、公園だとか学校だとか、もう様々なところをもう何百か所近くやって、あと近隣東京工業大学とか、新宿も定点観測していましたけど、毎日、ほぼ毎日のようにやっていましたよね。  そういったことから見ると、この10年間、この数値というものがこういうふうに評価されて、今報告あったとおり安定してきたという部分では、1つの役目を終えた部分というのはあるのかなと。

目黒区議会 2020-12-09 令和 2年都市環境委員会(12月 9日)

当然、区だけではできませんので、例えば呑川であれば、下水道の管を今工事東京工業大学のところからシールドでやっていますけども、そういう形で対策をしていたり、蛇崩川のところでは調節池目黒川上流何箇所かでは、32ページに書いてございますけども、調節池の設置を予定していたり、こういうことで対策を進めていくという形になっております。  

大田区議会 2020-10-06 令和 2年 9月  決算特別委員会−10月06日-01号

次に、決算書310から311ページによりますと、理科教育強化推進として東京工業大学との連携により、サイエンススクール清水窪小学校で行われています。理科実験のような体験的な学びは、子どもたちにとって科学への好奇心や意欲を育む貴重な機会となります。理科教育の充実のために、どのような取り組みをしていますでしょうか。

大田区議会 2020-10-01 令和 2年 9月  決算特別委員会−10月01日-01号

◎浦瀬 建設工事課長 本散策路は、東京工業大学地元自治会・町会など、地域の方々とのワークショップを通して導かれた整備コンセプトである夏場は木漏れ日の中に憩いの場を提供し、冬場は日だまりから富士山を望むことができる四季折々の表情を見せる植栽とともに、歩いて楽しい道を創出するという考え方を基に、遊歩道、愛称名ふれあいロード桜新道と無電柱化整備を進めております。  

目黒区議会 2020-06-18 令和 2年第2回定例会(第2日 6月18日)

目黒区では、平成26年3月に協定を締結した国立大学法人東京工業大学をはじめ、学校法人東邦大学東京医療保健大学の3大学と包括的な協定を結んでおります。また、昨年4月に中目黒代官山キャンパスを開校した東京音楽大学につきましては、現在、包括協定の締結も見据えて様々な連携を進めているところでございます。  

目黒区議会 2020-06-09 令和 2年生活福祉委員会( 6月 9日)

2点目のマイナースポーツというようなことでございますが、今回、一覧のほうを御覧いただきましてもお分かりいただけますように、7番目の東京工業大学サイクリング部ボール班ということで、サイクルサッカーと。こちらはどちらかっていうとマイナースポーツに当たろうかというふうに考えております。

大田区議会 2020-02-25 令和 2年 第1回 定例会−02月25日-03号

そのような中、大田教育委員会理科教育研究推進校が指定した清水窪小学校でおおたサイエンススクール平成23年(2011年)に始まって今年度で9年、平成25年(2013年)、文部科学省教育課程特例校としてサイエンスコミュニケーション科SC科)を新設して今年度で7年、「科学大好きな子どもを育てる」をテーマに、東京工業大学連携しながら、科学を通じて子どもたち人間力育成を目指し、1年生から全学年で

大田区議会 2019-11-29 令和 1年11月  総務財政委員会−11月29日-01号

大田 基盤工事担当課長 大田区、東京工業大学それから、建設技術研究所との技術協定により進められておりました。 ◆奈須 委員 そうなると技術があって、今回の場合にはこの技術の、ものをつくれますかという発注の仕方だったのですか。それとももう実用化されたので、その実用化されたものについての入札を行ったのですか。

大田区議会 2019-11-28 令和 1年 第4回 定例会−11月28日-02号

また、大田区には、AIやビッグデータに先進的に取り組んでいる東京工業大学東京工科大学がございます。例えば東京工業大学にはスーパーコンピューターTSUBAMEで培った豊富なリソースと経験値があります。こういったものをほんの少しでも大田区の小中学校教育に役立てることができれば、この世界に興味を持つ子どもが増え、将来才能が花開く可能性もあると思うのですが、連携について見解をお聞かせください。

大田区議会 2019-10-03 令和 1年 9月  決算特別委員会−10月03日-01号

私なりに、そういった意味で、過去から改善対策を提案してきたところでありますが、最近といっても7年ぐらい前になってしまうのですけれども、7年ほどになるかなと思いますけれども、高濃度酸素水の投入についての試行を提案いたしまして、実証実験をしたところが、まあまあ結果がよく出たということで、これは東京工業大学先生、それから東京工科大学先生にも試験をしていただいたということになりますけれども、そういったことであったのですが

清瀬市議会 2019-09-05 09月05日-03号

僕の親しい東京工業大学を出た仲間が、自分学校で何かいい成績をとってくると、いつも何かおやじは仕事のことで苦労してたら、何か食事のときには皿投げたりしてたんだって。ところが、自分がいい成績をとってくると、おやじがおとなしかった、おやじをおとなしくさせるために自分は勉強しようと思った。 僕自身は、小学5年生のときに、直接医者から20歳までに心臓が悪くて死ぬぞと言われちゃったんだから。

渋谷区議会 2019-09-01 09月10日-09号

大学についても、本年十一月にオープン予定渋谷スクランブルスクエアの十五階にオープンする産業交流施設「SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)」は、東京大学東京工業大学、慶応義塾大学、早稲田大学東京都市大学などが連携し、新しい価値の創造、クリエイティブ人材育成を目指すことが公表されています。このような大学連携することも考えられます。 

目黒区議会 2019-07-10 令和元年都市環境委員会( 7月10日)

地図でございますが、右下作業用地ということで東京工業大学が書いてあります。ここから左上、世田谷区の作業用地世田谷区立三島公園、こちらにシールドで穴を掘って、増強幹線を行うものでございます。  目黒区の部分でございますが、図の下に下流部と書いてございますが、ここの約4.0キロメートルでございます。  

目黒区議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第1日 6月17日)

具体的に言いますと、本区と連携協力に関する基本協定を結んでいる東京工業大学ここには地震に負けない社会の実現を目指した、地震防災に必要な地震現象の理解と予測を行う研究室がございます。例えば、この研究室地震予測に関して、研究モデル地元目黒区に置いていただく。そして、その研究成果目黒区の防災計画、そして防災訓練に生かしていく。