25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

武蔵野市議会 2020-01-29 令和2年 自治基本条例審査特別委員会 本文 開催日: 2020-01-29

それが、いわゆる角栄さんのときの日本列島改造なんかとの関係で、要するに行け行け、つくれつくれといって道路、鉄道、飛行場をつくっていって全部やってきた時代のものでずっときたのだけど、自分で調べてみたら、全国総合開発計画というのは今はなくなってしまったのです。あれは第五次まであるのです。たしか2015年までです。では2016年から国交省国土開発計画はどうしているのだ。ない。ないのです。

世田谷区議会 2019-03-14 平成31年  3月 予算特別委員会-03月14日-06号

国土の均衡ある発展日本列島改造に基づくものではありますけれども、豪雪地帯山間僻地で暮らす方でも望めば、東京と変わらない、便利で情報にあふれた暮らしができるという現代日本の礎を築きました。田中総理亡き後も、道路整備新幹線整備は進められ、後世の日本人にとって大きな財産になっているというふうに思っております。  

日野市議会 2017-12-08 平成29年第4回定例会(第5日) 本文 開催日: 2017-12-08

戦後復興からその後の日本国土計画立案に多く関与し、各種団体の要職を歴任、ミスター全総、御大などと呼ばれ、皆さん御存じの元総理田中角栄著の「日本列島改造影響を与えた人物でございます。土地区画整理事業においても、旧建設省での影響は大きく、都市計画において画一的なまちづくりとの辛辣な評価もありますが、全国のニュータウンの駅をおりると、どこか似ている感じがするなと感じた方もいるかと思います。  

足立区議会 2016-12-02 平成28年 第4回 定例会-12月02日-02号

しかも、その世代の就業率は6割、かつてベストセラーとなりました「日本列島改造で、「福祉は天から降ってくるものではなく、外国から与えられるものでもない。日本人自身が自らのバイタリティをもって経済発展させ、その経済力によって築き上げる他に必要な資金の出どころはないのである」と書いたのは、田中角栄総理でございました。  

杉並区議会 2016-09-29 平成28年 9月29日議会改革特別委員会−09月29日-01号

最近ちょっといろいろ話題になりましたけれども、今地方創生ブームだというので、田中角栄日本列島何とかとか、いろいろ見直しの動きがあって、杉並区の図書館に田中角栄の「日本列島改造が1冊もないというのでクレームを受けたことがあったんですが、議会図書室にあるそうですね、1冊。

三鷹市議会 2015-12-01 2015-12-01 平成27年 第4回定例会(第2号) 本文

三鷹市では、今、市長から御答弁ありましたとおり、基本計画という中で、国が第1目標として進めているこの総合戦略と同様なことを今までも進めてきたというふうには私も考えておりますけれども、やはりこれは、国が今まで何十年もかかって、いろいろな大きな施策を進めてきましたけれども、大きな、本当にこれはやらなければ日本はどうなってしまうのかなということを考えますと、今までの日本列島改造等々いろいろな、ふるさと創生等

日野市議会 2014-03-17 平成26年第1回定例会(第5日) 本文 開催日: 2014-03-17

69 ◯23番(池田利恵君)  戦後、日本というのは、コロンビア大学のシャウプ博士という方が、大きな税制を、アメリカで実現できなかった税制を引きながら、それを田中角栄国土庁長官がですね、当時、日本列島改造という中で、地方交付税のありようというものを、非常に大きく算定数値を変えていく中で、国土の均衡なる発展というものを果たしてきながら、平成13年の分権改革

品川区議会 2013-10-08 平成25年(平成24年度)決算特別委員会(第5日目) 本文 2013-10-08

初めにリニアのほうですけれども、そもそもこの計画のルーツは、43年前、国鉄時代に当初の田中角栄総理日本列島改造ブーム時代計画です。紆余曲折を経て、JR東海が事業主となりました。ゼネコンは大喜びですけれども、国民、そして区民にとってどうかを問いたいと思います。質問です。品川区は歓迎はしていますけれども、なぜ今、リニア新幹線なのか、魅力やメリットがあるのかどうか、この点をお伺いします。  

目黒区議会 2013-07-26 平成25年区有施設等調査特別委員会( 7月26日)

そうしたら、後の質問だって、みんな何だと、こんなことで、質問状はつくったのかということになって、これは、もっと正確というか、ここでも、また区民ニーズに合わせてとか、高度経済成長期に……、だって昭和30年代と40年の中ごろになれば、もう日本列島改造、昭和47年、全然違うんだから、これを30年、この10年間なんていうのはむちゃくちゃに違うんだから、昭和30年から40年代の田中角栄の出現と、それまで17

日野市議会 2013-06-11 平成25年第2回定例会(第6日) 本文 開催日: 2013-06-11

さて本日6月11日は傘の日、そして代表的な出来事では、今から41年前の昭和47年、田中角栄日本列島改造を発表、また昭和44年の1969年、東京国立美術館新館開館式が行われました。また、今から140年前の明治6年の1873年には日本初銀行、第一国立銀行が設立した日となっております。さて次に、日野市の嬉しいニュースをお伝えしようと思います。

大田区議会 2013-03-08 平成25年 第1回 定例会−03月08日-04号

ようやく日本列島改造公務員の給与が見直されましたが、そうした大変厳しい時代を経てなお働き続けた公務員に対し、国の無謀とも言える論理。しかも、官民、公務員と民間の差別化を図り、対立をあおるようなやり方での今回の退職手当見直しに反対いたします。(拍手) ○高瀬 議長 以上をもって討論を終結いたします。  これより採決に入ります。  

多摩市議会 2011-03-11 2011年03月11日 平成23年度予算特別委員会(第2日) 本文

それで、土地開発基金については、できれば縮小、廃止をしていきたいといった方向で、代表質問の答弁にもそういう話があったわけですが、私は今の土地購入のあり方については、ある意味、かつての日本列島改造時代とは違って、ましてやいろいろ空間が豊かな多摩市においては、必ずしもそれが本当に必要なのかどうかということは、土地開発公社とともに私は議論をもっとしなければいけないと思っております。  

豊島区議会 2009-03-24 平成21年予算特別委員会( 3月24日)

明治維新のときは富国強兵や殖産興業、戦後は所得倍増計画日本列島改造など、国民が一致団結して目指すスローガンがありました。経済が高度に発達し、世界の1、2位を争う経済大国という地位を得てからは、次に日本はどうあるべきなのか、どこへ目指して行けばよいのかということについて、政治家からは明確なメッセージが聞き取れません。戦略なき国家戦略なき政治は与野党を問わず滅びるのみです。

墨田区議会 2007-02-13 02月13日-03号

所得倍増計画を掲げて、執政のかじとりをされた池田隼人氏や、あるいはまた、日本列島改造政治を行ってこられた田中角栄氏は、少なくとも学校で愛国心を教えるというようなことは一度も言われたことがありません。それは、彼らがやはり自分の政策で国民を幸福にできる、国民を幸せにできる。そして、その結果として、人々が郷土や国を愛することになるだろうという自信を持っていたからだろうというふうに思います。

渋谷区議会 2005-06-01 06月10日-07号

田中角栄首相日本列島改造以来、日本全土を平等にするという名目で、本来投資効果が悪い田舎に分散的な投資が行われてきました。これは今、国会でも問題にされているように、ほとんど通行量が認められないにもかかわらず、地方には立派な道路が多く存在する一方、東京道路が慢性的に混雑し、全く都市計画が進んでいかない現実が顕著な実例ではないかと思っております。 

昭島市議会 2005-03-03 03月03日-03号

かつての所得倍増計画や、あるいは日本列島改造など。それが今は、痛みに耐えろでは余りにもお粗末ではありませんか。 私たちの周りを見渡せば、長引く不況の実情が見えるではありませんか。日曜日になるとシャッターを閉めてしまう商店閉店セールの跡には貸し店舗の張り紙が、あるいは整地をされて売り出しの土地看板シャッターのあかない歯が抜けたような商店街が市内にあちこちに見られます。

昭島市議会 2004-12-03 12月03日-02号

政権党の党首は、普通は国民に向かって夢を語って支持を得るということで、私が記憶するところでは、所得倍増計画だとか、あるいは日本列島改造などということを言ってきていました。しかし、今は違います。小泉首相は何と言っていますか。痛みに耐えろ、こう言っているじゃありませんか。国民痛みを押しつける。市長はこの首相と一緒になって、やはり痛みを押しつけようとするものだというふうに私は指摘せざるを得ません。

小金井市議会 2004-02-20 平成16年全員協議会(2/20)  本文 開催日: 2004-02-20

日本列島改造という独自の開発計画も発表されました。そのときに中央線連続立体化工事複々線化も含めて、三全総の中に位置付けられているんです。中曽根さんになって四全総になったんですが、今、何全総だか私はよく知りませんけど、国家的プロジェクトというのは確かにあると思うんです。

青梅市議会 1998-12-09 12月09日-02号

古くは所得倍増計画看板にした池田内閣高度経済成長から、田中角栄内閣日本列島改造この時期に大企業等に買われたものでございます。永山北部丘陵地区昭和45年ごろに、長淵丘陵は大和ハウスが昭和43年から、西武鉄道は昭和36年から、その後建設省も一部分を買っております。また立正佼成会は昭和48年に霞丘陵も取得をしております。

  • 1
  • 2