36720件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青梅市議会 2060-12-20 12月20日-13号

青梅市では、昭和40年、当時の市長でありました榎本栄蔵市長が、将来の日本を考え、青年に夢を持たせるためにと、我が国と国民性の似たドイツ連邦共和国の都市との姉妹都市提携を模索されていました。姉妹都市の選定に当たっては、多摩川沿いの自然に恵まれた青梅と似たライン河畔の都市であること、日本と深いかかわりのあるシーボルトのゆかりの地であることなど、望んでいたそうです。 

練馬区議会 2025-09-04 09月04日-01号

7月の親子サッカー体験教室には、定員の10倍、2,000人を超える応募があり、大勢の子どもたちが、女子サッカー日本代表選手や現役選手から基本学びました。 来月には、同公園を会場として、公認記録を取得できる陸上競技記録会を開催します。区民の誰もが参加できる区民体育大会と同時開催することにより、幅広く陸上競技を楽しめる機会とします。 

練馬区議会 2025-06-17 06月17日-04号

区は、今年度から新たに外国人介護職員日本語日本の生活習慣などについて学ぶ研修を実施するなど、外国人を受け入れる事業所の支援を進めてまいります。 また、仕事セミナーや就職面接会に、資格を持っている方や介護に関心のある区民の皆様により多くご参加いただけるよう、周知方法などについて工夫してまいります。 

青梅市議会 2023-12-09 12月09日-11号

近年、日本各地で地震台風、大雨など、大規模な災害が広範囲にわたり、また、連続して発生しております。自然災害は、いつ、いかなるときに襲ってくるかわからない、予測できない脅威となっております。先般の台風第19号では、青梅市内においても、特に市内西部、北部で多くの被害がもたらされました。被害を受けたインフラ等の復旧復興に向けて注力してまいります。 

青梅市議会 2022-12-19 12月19日-12号

世田谷区の母子手帳ですけれども、子どもの権利条約日本ユニセフ協会が作成した大変わかりやすい、冒頭紹介させていただいた子どもの四つの権利を採用されています。条文の条約についても、日本ユニセフ協会のホームページのQRコードがありますので、そこから飛べるようになっているそうです。ぜひ今後、子どもの権利条約の周知、啓発の意味からも検討いただければと思います。 

練馬区議会 2022-09-06 09月06日-03号

ある在日朝鮮人3世の女性教員は、民族差別被害者は性暴力被害者同様、PTSDに苦しみ、自死に追い込まれることや、在日朝鮮人自殺率は日本の平均の2~3倍高いという数字があることを指摘しています。 ヘイトスピーチのもう一つの害悪は、差別構造を強化し、憎悪を増大させ、究極的にはジェノサイドや戦争につながる危険性があることです。

練馬区議会 2022-09-05 09月05日-02号

指導要領のポイントの一つとして、日本領土など、国への理解を深める学習の充実が図られたことや、幼稚園国歌に親しむ活動が盛り込まれたことを歓迎します。国際化の中で、自分の言葉で発信できる人材育成のためにも、日本の国土をはじめ、歴史文化について子どものころから学ぶ意義は大変大きく、年齢発達段階に応じて自国について誇りを持って学び、更に深く勉強したくなる指導の工夫を要望します。 

青梅市議会 2022-05-31 05月31日-02号

外国人子弟が育ってきた環境日本とは異なることを前提に、各学校では少しずつ日本公立学校の習慣になれるよう指導をしております。例えば、日本語の習得が不十分である場合には、学級担任がゆっくり丁寧な日本語でわかりやすく話しかけたり、ジェスチャーや実物を交えて会話をしたりするなど、外国人の子弟が困っていることの理解に努め、一人一人に合ったきめの細かい対応を進めております。

練馬区議会 2021-12-05 12月05日-05号

その結果、「子どもに貧困を押しつける国・日本」の著者である山野良一氏によれば、2000年代の数値ですが、OECD諸国の子どもの貧困率を見ると、所得の再配分前の子どもの貧困率と、税金や社会保険料などを引き、児童手当年金などを加えた再配分後の貧困率を比較したところ、日本だけが再配分後の貧困率が更に高まる逆転現象が生じております。

練馬区議会 2021-12-04 12月04日-04号

29番・島田 拓議員    〔29番島田 拓議員登壇〕 ◆島田拓議員 私は、日本共産党練馬区議団を代表して、一般質問を行います。 まず、区長の基本姿勢として、政治と金の問題についてお聞きします。 安倍改造内閣が発足して、わずか2か月で2人の閣僚が辞任しました。とりわけ、菅原一秀衆議院議員は、練馬区の3分の2を占める9区選出の議員であり、練馬区にとっても大きな問題です。

青梅市議会 2020-12-24 12月24日-15号

〔第8番議員登壇〕 ◆第8番(藤野ひろえ) 議案第56号「青梅市長等の給与に関する条例の一部を改正する条例」に対して、日本共産党青梅市議団を代表して反対の立場から討論を行います。 説明では、人事院勧告東京都人事委員会勧告を踏まえて、市長、副市長、教育長の期末手当を年間で0.05月分の引き上げを行うという内容です。

練馬区議会 2020-12-03 12月03日-03号

隣国においては、最新兵器軍事パレードを披露し、他国を威嚇するような映像を見ると、日本の伝統や文化だけでなく、世界の平和国家国民の安寧と平安を切に願う思いが如実にあらわれたと感じ入りました。 その後、11月には、皇室の最大行事と言われている大嘗祭が無事終了いたしました。大嘗祭は、稲作を中心とした、日本社会に古くから伝わる収穫儀礼に根差した儀式と言われております。

練馬区議会 2020-10-11 10月11日-08号

40番・有馬 豊議員    〔40番有馬 豊議員登壇〕 ◆有馬豊議員 私は、日本共産党練馬区議団を代表し、議案第76号の会計年度任用職員を導入する議案に反対の立場から討論を行います。 今議案は、地方公務員法地方自治法の改定により、来年4月から自治体の非常勤職員会計年度任用職員を導入するため、所要の改定を行うものです。