537件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

板橋区議会 2020-03-18 令和2年3月18日予算審査特別委員会−03月18日-01号

危機管理室長   垂直避難先の確保状況でございますけれども、荒川が破堤するような大規模水害では、特に河岸、舟渡地区におきまして、最大5メートル以上の浸水が発生し、2週間以上水が引かない可能性があると想定されておりまして、区といたしましても、内閣府東京都による大規模水害の広域避難検討会、こちらに参加をし、避難の在り方を一緒に検討してまいりました。  

板橋区議会 2020-02-26 令和2年2月26日災害対策調査特別委員会-02月26日-01号

あと水害については、荒川破堤だったら一定出ますけれども、中小河川の場合は先般の19号の場合でも、石神井川は全然問題なかったけれども、白子、河岸のほうだけちょっと上がっているとか、そういうケースもあるので、どこが避難者が多く出るのかというのは、本当に分からないところだと思います。

板橋区議会 2020-02-25 令和2年2月25日健康長寿社会調査特別委員会-02月25日-01号

スポーツ振興課長   運動会につきましては、河岸陸上競技場、こちらで毎年10月に実施をしているような状況でございます。 ◆小林おとみ   つまり、今のお話だと、施設面での支援を行っているというけども、毎年10月に行っている高齢者スポーツ大学同窓会の運動会について、河岸の陸上競技場を優先的に使うように前もって予約を取って確保してあげていますということだけということですか。

板橋区議会 2020-01-21 令和2年1月21日企画総務委員会-01月21日-01号

◎いたばし魅力発信担当課長   基本的に、板橋でいくと練馬陸運局と、あと軽自動車については河岸のほうにございます。その2か所ということになります。 ◆高山しんご   続きまして、庁有車について伺うんですが、庁有車、例えば今ごみ収集車というお話があったと思うんですけれども、例えば区長車ですとか、議長車ですとか、そういったところの対応はどうなるんでしょうか。

板橋区議会 2019-12-11 令和元年12月11日災害対策調査特別委員会-12月11日-01号

また、今回避難所が設定されて、1つ気になっているのは、河岸地域、舟渡地域新河岸川と荒川に挟まれた地域ですね。その地域の人に対して、新河岸川を越える場所に避難所が設置された。そのことの意図であるとか、狙いについてちょっとお伺いしていいでしょうか。 ◎防災危機管理課長   今回、河岸・舟渡地域避難所選定については、非常に難しい判断がありまして、結果的には開かなかったというところです。

板橋区議会 2019-11-29 令和元年第4回定例会-11月29日-02号

さらに、河岸、白子、石神井川流域のマイ・タイムラインの推進が必要と考えます。これらの地域のマイ・タイムラインの整備を求めますが、区長の見解をお聞かせください。  3点目に、移送手段についてです。  現行では、福祉避難所への避難が必要な要支援者の方は、指定避難所にまず避難し、福祉避難所への避難が必要な場合、福祉避難所避難する流れになっています。

港区議会 2019-10-28 令和元年10月28日建設常任委員会-10月28日

上側が今回の改定の範囲外の隅田川及び河岸川流域になります。上側は、四角い着色のマスが、大きさが50メートル×50メートルとなっておりまして、かなり大きな四角が書いておりまして、今回の改定部分は、大きな四角ではなくて、10メートル×10メートルと小さくなっているのがご確認いただけると思います。  1ページに戻っていただきまして、3点目は、古川の浸水想定区域の面積です。

板橋区議会 2019-10-25 令和元年10月25日決算調査特別委員会-10月25日-01号

こちらのほうに戻りますと、もちろん高島地域あるいは舟渡や河岸、坂下、東坂下あたりはもう全て水没、5メートルぐらいの水深になってしまうという内容です。  これだと、もう2階までもだめだ、3階すら危ないかもしれないと。もし荒川が氾濫するんだったら、これはもうあらゆるリスクをとって逃げなきゃいけない。

板橋区議会 2019-10-24 令和元年10月24日決算調査特別委員会−10月24日-01号

対象地域はレベル3ですけれども、河岸、白子、石神井川沿いの地域というふうにうたわれています。ここで伺いますけれども、ここまとめて聞きます。この地域高齢者についての対象者数、また、避難が必要な方とは誰なのか、避難所の収容人数、それで、車の避難について、できたのかできなかったのか、一括してお願いします。

板橋区議会 2019-10-16 令和元年10月16日決算調査特別委員会 都市建設分科会−10月16日-01号

ただ、石神井川、確かに委員がおっしゃるとおり、まだ発生があるんですけども、白子川あるいは河岸川では若干減ってきたというところもございまして、総数はどうしてもふやせないというような財政の事情もございまして、そういったところから撤去したものを石神井川沿いに設置するとか、あるいは、簡易型の捕虫器というのはございまして、そういったものを貸し出しも行っております。  

板橋区議会 2019-10-15 令和元年10月15日決算調査特別委員会 健康福祉分科会-10月15日-01号

私も、担当エリアで河岸の都営住宅が、ちょうど土手と、荒川新河岸川にはさまれているところで、特に土手寄りの1階の方が80代のお母様と52歳の息子さんで、要するに移動は車椅子というお2人の方からご連絡いただいて、12日の夜、ちょうど東京湾もだんだんふえてきて、荒川が流れないと、あのときに、暗くなる前に自分としては移動したいということだったんですけども、危機管理のほうに、この点、障がい施策と高齢者危機管理

板橋区議会 2019-10-15 令和元年10月15日決算調査特別委員会 企画総務分科会-10月15日-01号

続いて、備蓄倉庫の件で、今回荒川の氾濫というのが起こらなかったんですけれども、例えば河岸や舟渡、高島平、蓮根、坂下、東坂下といった地域は、最大で5メートルから6メートルの浸水が予想されるというふうにハザードマップではなっています。こうした地域備蓄倉庫というのは、水害時には一体どうなるんでしょうか。

板橋区議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会-09月26日-02号

次に、日本語学級の課題についてのご質問ですが、日本語学級に通う児童・生徒の増加の対応が大きな課題であることから、今年度は、河岸小学校と志村第二中学校にそれぞれ1クラスずつ増設したところです。日本語学級設置校の増設につきましては、対象者の地域分布や増加傾向、学校施設等の状況等を勘案し、慎重に検討する必要があります。

板橋区議会 2019-09-25 令和元年第3回定例会-09月25日-01号

高島地域では、高島平四丁目、五丁目、高島平に隣接する河岸三丁目地域は、電車やバスが少なく、とても不便な生活をしている方々がいます。コミュニティバスを通していただきたい。また、小回りのきく車で移動支援をするなど、早急な支援が必要です。この地域の移動手段として、区はどのように考えているのかお聞かせください。  昨年、ポーランドで開催されたCOP24にて、坂本区長は板橋清掃工場に触れていました。