771件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

調布市議会 2021-03-16 令和 3年 3月16日厚生委員会−03月16日-01号

最初の◎地域医療対策費は、夜間急患診療や休日診療小児初期救急診療事業等に係る経費です。  次の◎食育推進事業費は、食育推進基本計画(第3次)に基づいて、食育に関する講演会の実施や小学生対象とした食育セミナー事業リーフレット作成等に係る経費です。  次の◎保健事業費は、健康増進法に基づく健康診査や胃がん、大腸がん子宮頸がんなどの各種がん検診などに要する費用です。

江戸川区議会 2021-03-02 令和3年予算特別委員会(第4日)-03月02日-04号

その中で、一之江のほうの夜間救急診療所も発熱の方も見れるような体制になってございますので、来ていただくことも可能なのかなというふうに思ってございます。 ◆笹本ひさし 委員 まず、発熱コールセンターというのかな、そっちのほうに問い合わせて、なかなか誰と濃厚接触したかというのは、これは今のレベルは分からないと思うのです、正直言って。

世田谷区議会 2021-02-09 令和 3年  2月 福祉保健常任委員会-02月09日-01号

十八日の有識者との会議の中で、世田谷医師会窪田先生が、世田谷医師会救急診療所を開設しましたが、そこで世田谷区のほうで看護師さんと事務職員を人的に支援していただくというお話でしたが、いまだ支援されておりませんという文言があるんですが、この辺のことについて、世田谷区としてはどう考えていらっしゃるのか。

世田谷区議会 2020-12-17 令和 2年 12月 福祉保健常任委員会-12月17日-01号

◎小泉 保健医療福祉推進課長 すみません、とても言いづらいところがございまして、先ほど申し上げたとおり非公表ということですが、世田谷医師会の管轄で、今、救急診療所と言われるのが、いわゆる北沢地域に一か所と、烏山方面に一か所ございまして、そこの二か所を使うという形で考えてございます。ただ、住所等については一応非公表ということにさせていただいています。

清瀬市議会 2020-12-02 12月02日-02号

具体的には、第2期中期目標期間中の評価では、外部有識者による評価委員会の意見を踏まえ、三つの重点医療血管病医療高齢者がん医療認知症医療において、個々の患者に適した低侵襲かつ効果的な医療提供や、患者と家族が安心して療養生活を営む環境整備などの取組などを高く評価するとともに、救急診療体制充実に継続的に取り組み、救急患者を積極的に受け入れ、24時間、365日、都民が安心できる救急医療提供したことは

町田市議会 2020-09-30 令和 2年 9月定例会(第3回)−09月30日-08号

(12)救急診療体制充実について、救急隊からの受入れ要請に対して、応需率を上げられるようさらなる要因分析に努められたい。 (13)医師看護師医療スタッフへの研修制度充実、人事考課の検討等を進め、従事者のより一層のモチベーションアップと定着に努められたい。 (14)職員満足度調査について、今後は患者満足度と同様のサイクルで実施するよう努められたい。

青梅市議会 2020-09-29 09月29日-10号

次に、「小児科医師1人を確保した東京地域医療支援ドクター事業について伺う」との質疑には、「医師確保が困難な地域診療科等に従事する意欲を持つ医師東京都が確保し、派遣することにより、地域医療提供体制を支援することを目的とした事業で、該当する診療科は、周産期医療小児医療僻地医療救急診療である」との答弁。 

町田市議会 2020-09-16 令和 2年健康福祉常任委員会(9月)−09月16日-01号

○副委員長 (12)(13)救急診療体制充実について、救急隊からの受け入れ要請に対して、応需率を上げられるようさらなる要因分析に努められたい。 ○委員長 ただいまの附帯決議を付すことに賛成の方の挙手を求めます。    (賛成者挙手) ○委員長 挙手全員であります。よって本件を付すことに決しました。

町田市議会 2020-09-09 令和 2年健康福祉常任委員会(9月)-09月09日-01号

◆東 委員 次に、救急体制というか、実績についてですけれども、会計決算書の中に、28ページにも⑦のところに、救急診療体制充実として記載はございますが、改めて、より詳細な救急診療実績について、2019年の状況をご説明いただければと思います。 ◎医事課長 前年度と比較しました救急来院患者数については、2019年度は1万4,614人ということで、前年度比721人の減となっております。

町田市議会 2020-09-08 令和 2年 9月定例会(第3回)-09月08日-07号

1点目として新型コロナウイルス感染症への対応、2点目として患者満足度向上、3点目として高齢患者に安心な退院支援充実、4点目として情報提供充実、5点目として医療連携推進、6点目として急性期病院としての質の向上、7点目として救急診療体制充実、8点目として災害拠点病院としての機能の充実、9点目として質の高い病院職員確保となっております。  

町田市議会 2020-05-22 令和 2年 5月臨時会(第2回)−05月22日-01号

このままでは民間の病院にとって収益的な面で救急診療からの撤退や入院医療をさらに縮小せざるを得ない状況となり、地域医療そのものが崩壊してしまう恐れがあると考えます。  4月末には、町田市医師会長を通じて、市に対して、こうした危機的状況についての説明があり、ご要望をいただいております。 ○議長熊沢あやり) 23番 いわせ和子議員。 ◆23番(いわせ和子) ありがとうございます。

調布市議会 2020-03-17 令和 2年 3月17日厚生委員会−03月17日-01号

最初の◎地域医療対策費は、夜間急患診療や休日診療障害者診療の各事業、また、小児初期救急診療事業等に係る経費です。  次の◎食育推進事業費ですが、食育推進基本計画(第3次)に基づいて、食育講演会小学生対象とした食育セミナー事業リーフレット作成等に係る経費です。  次の◎保健事業費です。各種がん検診などの検診費などです。  

世田谷区議会 2020-03-12 令和 2年  3月 予算特別委員会-03月12日-05号

区の施設である保健医療福祉総合プラザを開設し、その中には、健康診査検診、また健康教室を実施している保健センター夜間や休日の初期救急医療を行う初期救急診療所、福祉専門人材育成拠点である福祉人材育成研修センターのほかに、認知症の人の在宅生活を支援する認知症在宅生活サポートセンターが入ると聞いております。  

板橋区議会 2020-02-20 令和2年2月20日健康福祉委員会-02月20日-01号

私は、課題としては一般診療身体的診療救急診療精神科診療、これをつないでいくということはさらに必要な課題かなというふうに思っています。  特に、地域協議会の中では、医師会先生からは、かかりつけのクリニックはやはり区民の方、日常的に診ておられます。例えば整形外科クリニックが、足が痛いであるとか整形外科の訴えを聞きつつ、やはりちょっとした変化を気づかれるということがあります。

世田谷区議会 2020-02-19 令和 2年  3月 定例会-02月19日-01号

総合プラザには、夜間や休日の初期救急診療所、休日夜間薬局のほか、区民等が利用できる貸し出し会議室も整備されます。一階の入り口付近には広いエントランスホールとカフェがあり、認知症カフェやイベントの会場として活用するなど保健医療福祉情報の発信や来訪者交流スペースとなっています。  

町田市議会 2019-12-13 令和 元年健康福祉常任委員会(12月)-12月13日-01号

(1)救急診療体制充実ですが、救急車による受入患者数月当たり498人となり、2018年度実績と比べて18人増加いたしました。  (3)急性期病院としての質の向上ですが、外科、眼科などの手術件数が増加し、手術件数2,383件、麻酔科管理件数1,545件となり、目標を達成できる見込みです。また、7月から土曜日のリハビリを実施しているところでございます。