106件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

目黒区議会 2020-04-03 令和 2年議会運営委員会( 4月 3日)

今後、二度と同じような問題を起こさぬよう、自らを厳しく戒めるとともに、信頼回復に努め、政教分離考えの下、学校や教育現場とは一定の距離感を保ちながら、目黒議会議員としてふさわしい行動を取ってまいりたいと考えております。議会運営委員会の冒頭に貴重なお時間を頂戴いたしましたことに重ねておわびを申し上げまして、私の発言とさせていただきます。このたびは大変申し訳ございませんでした。

羽村市議会 2019-12-19 令和元年第5回定例会(第5号) 本文 2019-12-19

皇位継承に伴う一連儀式に公的な費用である宮廷費支出することは政教分離を定めた憲法に違反するとして、宗教関係者大学教授などから支出をやめるよう、国は訴えられました。また、秋篠宮様は昨年11月、憲法政教分離観点から、天皇生活費などに充てられる内廷費から使用するべきという考えを示しております。このような経緯を考えると、皇室自体がこうした決議は望んでいないと思います。  

杉並区議会 2019-12-06 令和 元年第4回定例会−12月06日-28号

さきの陳情については、即位にかかわる諸儀式に触れた上で賀詞決議を上げることを求めており、即位の礼や大嘗祭などの諸儀式は、憲法国民主権政教分離原則と両立せず、国事行為としてふさわしくなく、そうした諸儀礼を含めて賀詞決議を上げることについて問題があると判断し、陳情については不採択を求めました。  

小金井市議会 2019-11-18 令和元年総務企画委員会(11/18)  本文 開催日: 2019-11-18

この即位の礼は戦前のままの儀式であって、即位天皇家祖先神とされる天照大神に報告するという宗教行事であって、神によって天皇の地位が与えられたことを示し、天皇神格化国家神道を徹底する立場であって、それらは日本国憲法国民主権政教分離に反するものとなっております。日本共産党は国会でも憲法原則に反する行事には参加しない態度をとっております。

世田谷区議会 2019-10-18 令和 元年  9月 定例会−10月18日-05号

しかし、四日後に控えた大嘗祭は、明らかに皇室宗教行事であり、公式行事としてこれを行うことは政教分離原則に反すると考えます。  即位から五カ月も経過した今の時点で、区議会としての決議により賀詞を出すことは、宗教行事を含む一連行事に対し、世田谷区議会公式行事として認め、お祝いしているかのように見えるという懸念があり、今回の賀詞には賛成しがたいと考え、以上、生活者ネットワークの意見といたします。

台東区議会 2019-06-28 令和 元年第2回定例会-06月28日-付録

補足説明事項  今回の陳情に関しては、「墓地政策とは特定宗教(仏教)に関わる政策であり、政教分離原則に反するのではないか」という指摘が予想されるところです。しかし陳情者がここで考え墓地政策は、台東区が有数の寺院集積地区であり、これに関わる関連産業の規模も大きいという現状を鑑みての、台東区の産業振興策であり、公共の福祉に関わる社会的資本の安定についての政策です。  

目黒区議会 2018-11-14 平成30年企画総務委員会(11月14日)

まず、訴訟概要ですけれども、こちらに記載しましたように、小学校長校長交際費を使って神社等祭礼奉納金等として48万円余を支出したことは、政教分離原則に違反する不法行為であり、これにより、区は同額の損害をこうむっているにもかかわらず、区長損害賠償請求権行使を怠っていると主張し、損害金及び遅延損害金について、区長個人に対して請求をするよう区に求めたものです。  

目黒区議会 2018-06-19 平成30年第2回定例会(第2日 6月19日)

それから、もう一つは、目黒区は憲法で禁止されてる政教分離原則に反して、それ以外だって、目黒区の校長交際費の問題を、僕は今、一審、二審が終わって、三審、上告上告上告受理申し立ての2本立てでやってますよ。じゃ、どういう結果で、勝った勝ったなんて、教育長、講演に行って勝った勝ったって、まだ残ってるでしょう。だけど、あんたが今までやってきたのは、随分とんでもないことをやってるんですよ、これを。

目黒区議会 2018-06-13 平成30年企画総務委員会( 6月13日)

項番2の訴訟概要ですけれども、一審におきまして、原告は、校長交際費を使って神社等への祭礼奉納金などの名目での48万円余の支出につきましては、政教分離原則に違反し、不法行為であるにもかかわらず、区長損害賠償請求権行使を怠っているということで、当該損害額及び遅延損害金につきまして、区長個人に対して請求を求めたものです。  

江戸川区議会 2018-03-08 平成30年予算特別委員会(第7日)-03月08日-07号

この場合、政教分離原則から補助金を出すことについての区としてのお考えをお聞かせいただきたいのですけれども。 ◎柴田 教育推進課長 これは、文化財保護法によりまして、そういった寺社ですとか、そういったものの文化財について、これについては、補助金等については問題ないということでうたわれております。  

品川区議会 2017-09-25 区民委員会_09/25 本文 2017-09-25

観光という意味でも、地域活性化という意味でも、いわゆる政教分離というのはあるけれども、お祭りということに関して、地域方たち宗教行事としてあまりやっていないような気がするのです。  というのは、例えば町会の総会に出ると、町会の今年度の予定みたいなものには、町会が氏子になっている神社に関しては「お祭り」とほとんど入っているわけです。

目黒区議会 2017-09-20 平成29年決算特別委員会(第3日 9月20日)

こっちはばかじゃないから、政教分離憲法原則ぐらいは知ってるだろうと、さもなきゃ校長なんかにならないだろう、なれないだろうと思っていたのがそうじゃないわけ。いざとなっちゃえば、教育長だって憲法政教分離という文言はありませんなんて言って、文言があるないでいろんなことが決まるわけじゃないだろう。そんなことも知らないで教育長をやって、偉そうに振る舞ってるけど、とんでもない話だよ。