6448件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小金井市議会 2019-12-25 令和元年第2回臨時会(第2号) 本文 開催日: 2019-12-25

それとも、出先で携帯電話とか、ご自宅の番号だったんですか。つまり、小金井市のために、都庁の中の都選挙管理委員会に待機していてくれたということなんですか。この方はどこにいらっしゃったんですか。どういう状況にあったんですか。そのことについて明確にしていただきたい。  あと、都選挙管理委員会の方は、このとき、小金井市の問合せに関して何を見て助言していただいたんですか。

国立市議会 2019-12-23 令和元年第4回定例会(第6日) 本文 開催日: 2019-12-23

また、近年では民間の生命保険の受取人や住宅ローンを組む際の連名、携帯電話会社家族割引など事実上の家族であることを証明できれば適用できるサービスがふえてきました。  しかしながら、この家族であること、実質的な夫婦であることの証明に大変不便で面倒な手続が必要でした。パートナーシップ制度条例につけ加えるなら、まずは事実婚と同様の権利義務を擁するものにすべきと考えます。

港区議会 2019-12-20 令和元年12月20日保健福祉常任委員会-12月20日

この中で、例えば、携帯電話や車の購入は一定経済的なものも加味されて契約できるかどうかがあると思いますが、今度、社会的に成人が契約などをできていたことに対して、18歳からの若者が対象になっていくということでは、国も令和4年の実施までの間、これまでの消費者問題だとか、いろいろな社会的な契約についての広報だったり研修だったり、学習の機会というのは、多分これから取り組んでいかなければいけないと思うのです。

東久留米市議会 2019-12-17 令和元年予算特別委員会(第1日) 本文 開催日: 2019-12-17

57 【小泉防災防犯課長】  「安心くるめーる」が受信できない事案につきましては、数件の問い合わせは市民の方からもございますので、メールを送信している事業者に確認をいたしましたが、「安心くるめーる」の登録者に一斉送信をしており、現時点での問題は発生していないとの回答があり、また、携帯電話事業者にも確認をとりましたが、似たような答えをいただいております。

板橋区議会 2019-12-11 令和元年12月11日子ども家庭支援調査特別委員会-12月11日-01号

教育委員会事務局におきましては、まず初めに、子どもたちが安心・安全に暮らせるような取組みといたしまして、学務課での防犯ブザーの配布、それから指導室と地域教育力推進課の連携によりますスマートフォン携帯電話等端末使用ルールの周知啓発などを実施してございます。  

目黒区議会 2019-12-11 令和元年都市環境委員会(12月11日)

こちらでは、イヤホンの装着、携帯電話、おしゃべりなど、ながら走行に対する御意見をいただいてございます。こちらの検討結果でございますが、右欄に、危険な運転が周りに与える影響や事故発生時のリスク紹介し、個々の自転車利用者が安全に利用できるよう啓発活動を行っていくということで整理してございます。  5ページをごらんいただきたいと存じます。  網かけのB、条例の制定についてでございます。  

狛江市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第22号) 本文 開催日: 2019-12-09

暗くては視覚的に情報を伝えるのが難しくなりますし,情報を伝えたり受けたりする携帯電話の充電もできなくなります。また,聴覚障がい者の情報摂取に必要なテレビも見られなくなりますので,非常用電源が必要です。一般の人でも携帯電話は必要です。停電時でも避難所に来れば携帯電話の充電ができることは大切でしょう。そして,何よりテレビからの情報についても一般の人も求めていると思います。

日野市議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会(第5日) 本文 開催日: 2019-12-06

市民への避難情報の発信に当たりましては、市の保有する市防災行政無線、公式ホームページ、防災情報メール、公式ツイッター、ジェイコムテロップ放送、ジェイコム情報サービス携帯電話による緊急速報メール配信サービス消防団及び市の広報車による発信の七つのツールを利用し、発信しております。  約8,600人の方が避難できたことに関しましては、避難周知も一因しているものかとは思っているところでございます。  

東久留米市議会 2019-12-05 令和元年第4回定例会(第2日) 本文 開催日: 2019-12-05

さまざまなメディアツールを活用するといった御提案につきましては、市といたしましては、今後も引き続き、携帯電話等をお使いの高齢者の方々にも扱いやすいメールをメインといたしまして、災害時の情報を初め、防災関係情報につきましては発信・活用していきたいというふうに考えておりますが、情報発信ツールもメールから新しいツールへ、今、議員御案内のLINE地方自治体版への移行とか、そういうことも今後ふえていくのかなというところもございます

調布市議会 2019-12-05 令和元年 第4回 定例会−12月05日-04号

フリーダイヤルの電話番号を御自身の携帯電話へ登録していただくなど、周知の工夫をしていただきたいと考えますが、市の見解をお聞かせください。  画像をごらんください。台風19号の災害についてアンケート調査を行いましたが、情報の収集についても質問をしております。避難勧告の入手先として、やはり防災無線からという方が20%、安心・安全メールという方も15%いらっしゃいます。