19件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大田区議会 2020-03-05 令和 2年 3月  総務財政委員会-03月05日-01号

1、強制性交罪における暴行、脅迫要件、心神喪失、公共不能要件を撤廃し、相手からの不同意のみを要件をとして、性犯罪成立するようにする。  2、性行同意年齢を現在の13歳以上から引き上げる。  3、地位関係性を利用した性行為罰則規定の拡大及び監護者性行等罪の監護者の拡大。  4、公訴時効の撤廃もしくは停止。  

大田区議会 2020-02-28 令和 2年 2月  議会運営委員会−02月28日-01号

趣旨といたしましては、強制性交罪における暴行・脅迫心神喪失・抗拒不能の要件を撤廃し、相手からの「不同意」のみを要件として性犯罪成立するように改正すること。また、性交同意年齢を13歳以上から引き上げること。また、地位関係性を利用した性行為罰則規定を拡大するとともに、監護者性交等罪の監護者を拡大すること。

狛江市議会 2018-03-14 平成30年予算特別委員会 本文 開催日: 2018-03-14

心神喪失,または抗拒不能となった女性を姦淫した場合,例えば酩酊し,抵抗できない状態となった女性を姦淫した場合,そういう場合に準強姦罪成立する。そして,お酒を飲ませて酩酊させた場合に限らず,既に酩酊状態となっている女性を姦淫した場合にも成立します。  それからまた,レイプドラッグという言葉も聞いたことがあると思います。意識不明になるような薬をお酒にまぜて飲ませて強姦することを目的とするものです。

八王子市議会 2016-09-08 平成28年_第3回定例会(第4日目) 本文 2016-09-08

公判で弁護側は、障害の影響で記憶力の低下や欲求を抑制できない心神喪失状態と主張し、介護や見守りなど福祉的支援が必要と訴えています。外見からはわかりづらく、見えない障害とも呼ばれている高次脳機能障害責任能力が法廷で争われたケースは少なく、裁判所の判断が注目されると大きく報道されていましたので、記事をお読みになった方も多いと思います。  

大田区議会 2015-09-25 平成27年 第3回 定例会−09月25日-03号

マイナンバー導入により、赤ちゃんからお年寄りまで全国民は、原則生涯変えられない12桁の番号、また、企業や官公庁も13桁の法人番号が割り当てられ、氏名、住所年齢、顔写真家族構成といった基本的なものに加え、給料や保有する不動産やその評価額、かかった医療機関医療費の金額、医薬品による副作用救済年金保険料や年金額、介護保険保険料やサービスの利用、生活保護に関する記録、心神喪失の状態で重大な他害行為

江戸川区議会 2012-08-10 平成24年 8月 福祉健康委員会-08月10日-05号

精神鑑定の結果でございますが、刑事責任能力なし、妄想性の統合失調症による心神喪失状態であるということでございました。それで、8月2日に不起訴処分ということになりました。  ただし、2カ月程度かけて医療観察法という法律があるらしいのでございますが、これによる鑑定入院ということで、長谷川病院という病院が、これは精神科病院でございますが、三鷹市にございます。

国立市議会 2008-05-19 平成20年第1回臨時会(第1日) 本文 開催日: 2008-05-19

法律的に言いますと、全く判断能力がない、心神喪失の状況という、こういうふうな形になっておりますので、そういう場合に、例えば、後見人未成年者の場合は親権者法定代理人、あるいは成人の場合には成年後見人という者がいなければ訴訟というものは起こせないわけで、その成年後見人が選任されてから6ヵ月以内であれば除斥期間にはかからないんだというのがこの判決でございます。  

三鷹市議会 2006-06-09 2006-06-09 平成18年 第2回定例会(第2号) 本文

障害者自立支援法は3障がい統合といううたい文句で始まりましたけれども、障害者自立支援法は今、心神喪失者等医療観察法という魔物が重くのしかかっています。障がい者統合は、おくれている精神障がい者福祉を他障がい並みというより、身体障がい者が命がけで切り開いてきた地平を、精神障がい者福祉並みに引き下げるという意味ではないかという批判の声も上がっています。

千代田区議会 2004-11-29 平成16年企画総務委員会 資料 開催日: 2004-11-29

│ │                      │(5)所在不明、心神喪失等の事由により、本人         │(5)所在不明、心神喪失等の事由により、本人        │ │                      │から収集することができないとき。               │から収集することができないとき。              

八王子市議会 2001-12-14 平成13年_第4回定例会(第5日目) 本文 2001-12-14

また、刑法強姦罪等は被害者が13歳未満の未成年者であった場合は成立するが、13歳から17歳までの中学生、高校生の場合は、暴行、脅迫心神喪失、拒絶不能の中の1つが伴わない限り、処罰の対象にはなりません。  さらに、児童福祉法は、児童に淫行させる行為処罰の対象は、淫行させた業者等であって、淫行の相手となった者、買春したものは処罰の対象となっていないのであります。  

武蔵野市議会 2000-06-08 平成12年第2回定例会(第1号) 本文 開催日: 2000-06-08

さて、そこで、今、16歳、17歳のこの暴走をどうやって受けとめていくのかということについていろいろ考えてみなければいけないと思っておりますが、いろいろ、原因としては、御指摘のあったとおり、心神喪失や精神障害ということも考えられます。この種の事件が起こると必ず弁護士さんは責任能力がないんだと、つまり、心神喪失であるといったような精神的な問題を必ず裁判では強調いたしたりいたします。

小金井市議会 2000-06-08 平成12年第2回定例会(第4号) 本文 開催日: 2000-06-08

その中で、禁治産者というのは心神喪失の状況に常にある者とか、準禁治産者は心神耗弱者及び浪費者ということにつきましては、一応民法の中で行った法律行為が取り消されることができたり、また取り消すことを認められないというような、このような民法上の制約がありまして、一応欠格条項の中に入ってございまして、その法の趣旨で今現在やっております。

日野市議会 2000-03-16 平成12年企画総務委員会 本文 開催日: 2000-03-16

まず第6条第4項第5号の「心神喪失」を「精神上の障害による事理を弁識する能力の欠如」に改めるものでございます。これにつきましては民法におきまして「心神喪失」の用語が改められたものでございます。  そして第14条第2項の「禁治産者」を「成年被後見人」に用語を改めるものでございます。  次に、新旧対照表の8ページ、9ページをお開きいただきたいと思います。日野市行政手続条例の改正でございます。  

日野市議会 2000-03-08 平成12年第1回定例会(第5日) 本文 開催日: 2000-03-08

旧の方では、「心神喪失」「禁治産者」という用語が改正を行いまして、新しくは「精神上の障害による事理を弁識する能力の欠如」という言葉に改めるものでございます。また、「禁治産者」という言葉につきましては、「成年被後見人」。これは後ほど出てまいりますけども、成年未成年という言葉と使い分けているということでございます。  続きまして8ページ、9ページでございます。日野市行政手続条例

稲城市議会 2000-03-01 平成12年第1回定例会(第2号) 本文 開催日: 2000-03-01

民法改正の概要でございますけれども、現行の禁治産制度心神喪失の状況にある者を対象とする制度でありまして、家庭裁判所で禁治産宣告を受けますと、本人を支援するために後見人が置かれ、後見人は、本人がした契約等の法律行為の取引権及び本人にかわって法律行為を行う代理権を有することになります。  

千代田区議会 1998-09-25 平成10年第3回定例会(第2日) 資料 開催日: 1998-09-25

五 所在不明、心神喪失等の事由により、本人から収集することができないとき。  六 前各号に掲げる場合のほか、あらかじめ審議会の意見を聴いて、実施機関公益上又は区民福祉の向上のため特に必   要があると認めるとき。 2 実施機関は、前項第四号及び第六号の規定により個人情報を収集したときは、その事実を本人に通知しなければならな  い。

  • 1