79件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

清瀬市議会 2020-06-12 06月12日-04号

庁舎建設工事進捗状況は、昨年の12月以降の工事といたしまして、建物を支えるために改良した地盤の上に、基礎及び配管や雨水流出抑制槽などを納めるための地下ピットを構築し、その上に、地下1階の床と柱のコンクリートを打設した後、掘削により地山が崩壊しないように設置をしていたとしての切ばりなどが解体されました。 

港区議会 2020-05-27 令和2年5月27日保健福祉常任委員会-05月27日

委員熊田ちづ子君) 図面のところの確認ですけれども、地中障害物のところで、杭に干渉するために撤去しますとかと書いてあって、それは①のピンク色の部分が全部ということですか。②の薄緑もそうなのですけれども、そのように見ていいのか。③の丸は一ヶ所だから分かりますけれども、①はいっぱいあるではないですか。これは全部が今回撤去しなければいけないものと見るのですか。

千代田区議会 2020-03-02 令和2年企画総務委員会 本文 開催日: 2020-03-02

既存だとか、既存の杭の解体、このSMWというのは新しい地下でございます。そういったものも解体と一緒にやらないといけないので、そこに入れているということで、新しい杭に関しましても、この「CD同時」と書いてあるんですけれども、これはもともとの杭を壊さなきゃいけないところもございますので、そういったものを、CDを同時にやりながら杭をやっていくというような形で書かさせていただいております。  

国分寺市議会 2019-12-09 令和元年 建設環境委員会 本文 開催日: 2019-12-09

その下、都市計画道路国3・2・8号線に要する経費は、現在都が実施している市役所通り北側排水施設工事について埋設物調査等を行った結果、現道路部埋設物が輻輳しているなどを用いた開削工法での施工が困難となり、推進工法による施工へ変更する必要があることから、共同施工負担金の増額をお願いするものでございます。

千代田区議会 2019-11-11 令和元年企画総務委員会 本文 開催日: 2019-11-11

図の水色の枠の周りに薄く丸が重なって描かれていますけれども、これが工事位置になります。で、赤い丸で示した部分で、レンガコンクリートがら、木くずなどが出現をしております。  ここまで前回6月3日に報告をさせていただいております。で、その後でございますけれども、右側オレンジ色で囲った丸く描かれているのが松杭になります。

足立区議会 2019-10-17 令和 元年10月17日エリアデザイン調査特別委員会−10月17日-01号

こちらのほうは現在、と杭他工事を行っている状況でございます。  また、説明資料のほうにはございません、口頭の説明になりまして申しわけございませんが、昨日、東京女子医科大学のほうを施工しました大林組のほうから、午後2時半頃に現地で交通事故があったというような報告がありました。

千代田区議会 2019-10-16 令和元年決算特別委員会 本文 開催日: 2019-10-16

一方で、四番本体工事に関しまして、基本設計が進んでいった中で、これも10月4日の都市基盤整備特別委員会でお話させていただきましたけれども、新たに解体工事アスベスト関係もあるので、出てきたというところで6カ月の増、既存くいの撤去工事で約3カ月の増、工事で約3カ月の増、隣接建物周辺交通ということで、そちらの影響ということで最低6カ月を想定したいということで、ここで18カ月の増が四番本体で必要

千代田区議会 2019-08-26 令和元年企画総務委員会 本文 開催日: 2019-08-26

隣地側に大きな工事を施せれば、これはよかったんですけど、なかなか大きい重機も入れられないということで、こういう描き方のところで、ちょっと工夫をしたというようなところでもございます。  今回こういうような施工方法をとりますので、若干今までお示しさせていただいた工程よりプラスアルファというものが生じております。

千代田区議会 2019-06-03 令和元年企画総務委員会 本文 開催日: 2019-06-03

当初から松杭が、旧の建物松杭があることは既存資料により確認しておりましたけれども、実際に工事を進めていく段階で、予定外のところで松杭が出てきておりますので、新たに赤い丸の部分については、工事前の先行的な掘削工事として、8カ所追加で行ったというものでございます。下の写真オイルタンクレンガ並びに撤去状況写真となります。これにつきましては3月7日の資料と同じものでございます。  

千代田区議会 2019-03-07 平成31年地域保健福祉委員会 本文 開催日: 2019-03-07

このオイルタンクレンガでございますけども、新築する出張所の地下構造物をつくる際に必要な工事ですね、を行う部分と干渉するということでございますので、撤去が必要となりました。  そういった状況写真でございますが、資料下側地中障害、それぞれの番号を振ってはございますけども、1)2)それから3)というところでございます。そういったものが出てきたというところでございます。  

千代田区議会 2019-03-07 平成31年企画総務委員会 本文 開催日: 2019-03-07

さらにレンガ地中障害があったということで、こちらにつきましては、今後、地下構造物をつくる際に必要な工事を行う部分と干渉するため撤去が必要となりました。その状況が下の写真地中障害1)2)になっております。1)、2)がオイルタンクという躯体が見えると思うんですが、そちらがオイルタンクの残骸ということになっております。  

千代田区議会 2019-02-05 平成31年企画総務委員会 本文 開催日: 2019-02-05

青い丸の位置壁を設置し、地下3メートルまで掘り進めていく予定でございました。右側の図をごらんください。一番上の平面図の赤い丸は、地下通路を設けるために新たに必要な壁となります。黄色い部分は、新たにこの部分既存建物を壊しながら、深いところで約10メートルまで掘削するという形でございます。  

千代田区議会 2019-01-30 平成31年都市基盤整備特別委員会 本文 開催日: 2019-01-30

ちょっとわかりにくいんですけれども、一番上の平面図の赤い丸、こちらに関しましては、地下通路を設けるための仮設工事として、新たに必要な壁というふうになります。黄色い部分は、地下通路施工するために、新たにこの部分既存建物を壊しながら、深いところで約10メートルまで掘削をするという形になります。