9690件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

足立区議会 2019-06-28 令和 元年 6月28日待機児童・子ども支援対策調査特別委員会−06月28日-01号

それで、4年前に初めての子を産んで、産休、育休の後、職場復帰して2年ほど勤務した後に、また今回、出産という、そういうような経緯もございますので、やはり安心してお母さんが、ママが子どもを産み育てる、そういう環境づくりを意識する、これは絶対に重要ですし、やはり少子高齢という部分を鑑みても必要なことだと思います。  

江東区議会 2019-06-25 2019-06-25 令和元年防災・まちづくり・交通対策特別委員会 本文

江東区は今、人口がふえていますけれども、大きな流れとしては、少子高齢ということで、また、若い方で結婚されていない方も結構いらっしゃるということで、分譲、賃貸を含めて、ワンルームといいますか、今後の動向的には需要がふえていくのではないかというような感じもありますけれども、そういう点はどういうふうに考えていますか。  

国立市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第6日) 本文 開催日: 2019-06-25

政府少子高齢が進む中で社会保障制度の維持、持続性と財政健全化を同時に達成するため、消費税の値上げを含む社会保障制度と税の一体改革を進めている。その内容を真っ向から否定する内容だ。  他の委員より、採択とする。陳情者からスーパーの値引きの話は実感し、生活者の生の声として受けとめた。福祉が大きくなる中だが、消費税の凍結をするべきだ。  他の委員より、不採択とする。

東久留米市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第6日) 本文 開催日: 2019-06-24

日本少子高齢社会の到来が急速に進んでいます。安倍晋三首相は、「これまでとは次元の異なる政策を実行することにより子育て教育に係る負担を大幅に軽減し、日本を子どもを産み育てやすい国へと大きく転換する」と述べ、10月から幼児教育保育の無償化を実施するための子ども・子育て支援法改正案を国会に提出しました。

港区議会 2019-06-20 令和元年6月20日まちづくり・子育て・高齢者等対策特別委員会−06月20日

少子高齢の中で、まちづくり・子育て高齢者、皆様とともに円滑で活発な委員会運営に努めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。  これより、副委員長の互選を行います。副委員長について、いかがいたしましょうか。                 (「一任」と呼ぶ者あり) ○委員長(池田たけし君) 一任ということでありますので、ご指名いたします。  副委員長に、榎本茂委員をご指名いたします。

足立区議会 2019-06-20 令和 元年 第2回 定例会−06月20日-01号

少子高齢東京五輪後の不透明な経済景気など、これからの区民ニーズに的確に応えたい」と強い意気込みを述べておられました。  そこで区長に伺います。  1、これまでの3期12年間の成果をどのように評価されているか。  2、4期目を迎えた今、これからの足立区政運営に向けた決意を改めて伺います。  次に、基金の必要性について質問いたします。  この5月1日現在、足立区の人口は69万人を超えました。

調布市議会 2019-06-20 令和元年 第2回 定例会−06月20日-04号

現在は、人口推計の上からも、増加の傾向を維持している調布市ではありますが、少子高齢に伴う全国的な人口減少によって、そう遠くない将来は人口の増加がとまり、減少するのではないかと予測されております。  それに対して、首都圏におきます住宅供給量はふえ続けており、また、高齢者だけで暮らしている世帯も多いため、より一層空き家が増加することは容易に予測できます。  

目黒区議会 2019-06-20 令和元年企画総務委員会( 6月20日)

まず、項番1の背景等でございますが、少子高齢人口減少社会による社会構造の大きな変化等が見込まれる中で、さまざまなライフスタイルや子育て期、親の介護などを行う中高年期といった人生の各段階におけるニーズに合わせて、多様な働き方、生き方を選べるワーク・ライフ・バランス社会の実現に向けて、国、自治体企業などが一体となって取り組んでいるところでございます。  

狛江市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第9号) 本文 開催日: 2019-06-18

377 ◯ 市 長(松原 俊雄君) この制度につきましては東京都においても少子高齢の進展や都の財政状況などさまざまな観点を踏まえて制度全体の設計がされているものと考えておりますし,それに対する各市の対応につきましてもそれぞれの市における状況の中で,時には政策的な判断をされながら取り組まれていると認識しています。

武蔵野市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 開催日: 2019-06-14

しかしながら、少子高齢対策などにかかる社会保障費の増加に対し、消費税は大きな財源となるものであり、引き上げは一定やむを得ない面もあると考えております。また、消費税増税対策として本定例会の補正予算に提出しましたプレミアム付商品券事業のように、低所得者向けの対策地域における消費の喚起策などが予定されており、市としてもこうした対策事業を行っていくべきと考えております。  

あきる野市議会 2019-06-13 令和元年環境建設委員会 本文 2019-06-13

市政と市民を取り巻く環境というのは、少子高齢人口減少等が進む中で、これらの状況を踏まえた上での抜本的かつ大胆に変更すべきではないか。  ここで市長にお尋ねしたいのです。他の議員からも一般質問等でいろいろと今まで質問して、それに対して市長は答弁してきました。今度の陳情の趣旨を踏まえて、1)、2)。

武蔵野市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 開催日: 2019-06-13

ただし、これはあくまで現状の社会経済状況や社会保障制度、税財政制度を前提に、市の人口推計を鑑み、さらに、少子高齢による社会保障費の増や、公共施設の更新を現在の水準で進めた場合を想定して作成するものです。社会保障費については、将来人口推計における人口増、特に高齢者人口の増を背景に、扶助費の増や保険給付の増による介護保険事業会計等への繰出金の増額も見込まれているところです。