45923件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大田区議会 2020-08-14 令和 2年 8月  地域産業委員会−08月14日-01号

◆田島 委員 区民の世代を区切ってではありますけれども、区民の皆様の意識調査のようなものを行うということで、評価したいと思うのですが、この配付対象者数が3,000人となっているのですけれども、対象令和2年4月2日時点で15歳から38歳までの男女となっているのですが、この3,000人という人数を決めた理由というか、根拠というか、何かあるのでしょうか。

江戸川区議会 2020-08-04 令和2年 8月 福祉健康委員会-08月04日-05号

そういった中で、基本的に今検査対象となっている方に関しては、やはりコロナ感染が非常に疑われる方、あるいはコロナの患者さんと濃厚な接触をして感染している可能性が高い、必然性が高い、そういった人に対して過不足なく行うと、そういう人に対してはきっちり行おうという形で、区の中でもそういった方に関してはきちんと検査をしていただいているという状況でございます。

江戸川区議会 2020-07-28 令和2年 7月 熟年者支援特別委員会-07月28日-03号

今現在、検査対象というところで、こちらのほうもリストアップを進めているところでございます。 ◆伊藤照子 委員 その何か濃厚接触者の、どこまでの範囲というのが、そういうのがちょっと分かりづらいなと思うんですよね。その人、その子供が試験を受けて、教室の中で試験を例えば受けていたとしたら、同じ教室の中にいたらみんなそれに該当するんじゃないかなと思うんですけど、そういう判断ではないんですか。

江戸川区議会 2020-07-27 令和2年 7月 災害対策・街づくり推進特別委員会−07月27日-03号

それから、950より小さく970より大きい場合は、こちらは避難勧告ということではなくて、自主避難施設、冒頭申し上げましたそのまま独りでは怖いだとか、建物が老朽化していられないというような人を対象に、自主避難施設を開けるということで、そこで受入体制を取るというような形を考えております。  

江戸川区議会 2020-07-22 令和2年 7月 行財政改革・都市戦略特別委員会−07月22日-03号

それから、その2年度当初予算をベースに歳入科目ごと対象となる人口区分推計をいたします。次でございますけれども、この人口区分等によりということで、後ほど説明いたしますけれども、これは先ほど出てきたもののもう一度繰返し、振返りになりますけれども、3層別の中位推計で言いますと、2100年だと45万3,000人が減少すると。ここの2020年と比べますと24万人も減少してしまうと。

大田区議会 2020-07-21 令和 2年 7月  防災安全対策特別委員会−07月21日-01号

特に協定先の東御市、岡谷市がこの地域にあるわけですが、対象外ということで、同日、電話連絡にて被害なしの確認をいたしました。  また、今回の豪雨災害に対して、災害義援金について区のホームページに掲載し、呼びかけておりまして、地域力推進課及び1階受付カウンター特別出張所義援金受付実施しております。 ◎河井 防災支援担当課長 私から、資料番号2番から4番までご報告させていただきます。  

大田区議会 2020-07-21 令和 2年 7月  交通臨海部活性化特別委員会-07月21日-01号

伊佐治 委員 今年の3月、予算特別委員会の中でも京急線ホームドア設置ということで、極力、乗降客人数で考えていくのではなくて、例えば、一つの基準として人身事故発生件数が多い駅を対象にして、ホームドア設置を求めていただきたいということで、そのときの議論では、ぜひ京急にそういった議論があって、要望が出ているということをお伝えいただきたいということをお話しをしたのですけど、それは進んではいますか

大田区議会 2020-07-21 令和 2年 7月  オリンピック パラリンピック観光推進特別委員会−07月21日-01号

目的でございますが、大会1年前を迎えまして、オリンピック・パラリンピックそれぞれの期間パネル展を開催し、来庁者対象とした企画展を行いまして、情報発信をし、大会の関心を維持してきたいと考えております。  展示概要でございますが、第一弾は、「挑戦し続けるアスリート」というテーマを掲げまして、7月16日の木曜日から30日まで3階の中央展示コーナーにおいて実施をしております。