58966件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大田区議会 2021-08-17 令和 3年 8月  羽田空港対策特別委員会−08月17日-01号

世界のものづくり企業対応するために、羽田空港の国際化を活用し、海外における精密加工の金型、治具等のメンテナンスや研究化ニーズタッチアンドゴーでそこをできる仕組み、だからこれは区内にいるのと、この跡地に進出するのはタッチアンドゴーができるのかなと、どう違うのかなと一つ思います。  

大田区議会 2021-08-13 令和 3年 8月  地域産業委員会−08月13日-01号

今般、令和4年4月からの民営化に向けて公募型プロポーザルを実施いたしましたが、不調となりましたため、今後の対応についてご説明いたします。  まず、経緯でございますが、令和3年1月に公募型プロポーザル方式により運営事業者の募集を行い、3月に1者、参加表明がございましたが、5月末に辞退届けが提出され、本公募が不調となりました。  今後の対応につきましては、3点、ご説明させていただきます。  

大田区議会 2021-08-13 令和 3年 8月  総務財政委員会-08月13日-01号

現在、少子化、超高齢社会への対応とか、昨年来のコロナ対応によって人、金などの区が所有する行政資源について、非常に厳しい状況が続くこと、これらの状況を乗り越えるために行財政改革を進めていく必要があると、今、感じているところでございます。  そこで、資料のほうをご覧いただければと思います。  持続可能な自治体経営に向けた取り組み方針という形で、今回、報告をさせていただきます。  

江戸川区議会 2021-08-10 令和3年 8月 災害対策・街づくり推進特別委員会−08月10日-04号

それで、やっぱり東日本大震災のときに、ここに渡る橋がないために橋のたもとで、それからこの江戸川の水門のところなんかで非常に帰宅困難者の方がそこを渡るために非常に密というか、ぎゅうぎゅうな状態になって渡る場所がなかったという状況がございますので、早くこの都県橋を整備して、そういう広域避難にも対応できるようにしなければいけないと考えております。  これ、東京側から見たと。

江戸川区議会 2021-08-04 令和3年 8月 総務委員会-08月04日-06号

◆瀨端勇 委員 この陳情記書きの2についてなんですけど、新型コロナへの指定感染症類相当対応をやめ、民間医療施設でも対応しやすくすることというふうに陳情項目になっているんですけど、この指定感染症類相当対応をやめるということは、どういうことになるのかなというのを、ちょっと所管の担当の部署の方はいらっしゃらないかと思うんですけど、一応総務委員会に付託されちゃっているんで、記書き2についてちょっと

江戸川区議会 2021-08-04 令和3年 8月 生活振興環境委員会-08月04日-04号

その中の項目に、屋根・外壁・窓等断熱性、または遮熱性を高める工事ということで入っているところもありますので、現時点ではこちらのほうを活用していただいて対応していただければというふうに思っております。  今後、この辺の施策の部分になりますけれども、今、気候変動適応計画も含めて検討してきているところがあります。

江戸川区議会 2021-08-04 令和3年 8月 福祉健康委員会−08月04日-04号

在宅等家事支援ということの延長で考えれば、要項等の拡充をすれば、こういった対応をできるというふうに考えてございます。 ◆本西光枝 委員 分かりました。多胎児ピアサポート事業というのは、江戸川区は独自でやっているということなんですけれども、こちらも同じということと受け止めます。そしたら、ぜひともこちら進めていただけたらと思っております。 ○佐々木勇一 委員長 ほかによろしいでしょうか。  

江戸川区議会 2021-08-04 令和3年 8月 文教委員会-08月04日-04号

小俣則子 委員 参加していれば、ある意味では今後具体的に医療的ケア児教育委員会としてもどのように対応していくのかということがだんだん見えてくると思うんですが、大まかなスケジュール的に教育委員会としていつ頃までにいろいろな形として具体化していくかというのはイメージとしてはありますでしょうか。

江戸川区議会 2021-08-04 令和3年 8月 建設委員会−08月04日-04号

今、区民皆さん関心という点でも、住宅を建てるというときに、住まいとしての機能ということはもちろんですけども、災害時にどれだけ対応できるかとそういう価値観というのもやはり非常に江戸川区民皆さんの中では関心が強まっていることと思いますので、ぜひ自治体としても、国が何か示してくるのを待つというのではなくて、独自に、やはりこういった補償も含めた検討をしていただければというふうに思います。  

大田区議会 2021-07-20 令和 3年 7月  交通臨海部活性化特別委員会−07月20日-01号

その場合に、かかったコストをまた加算運賃で上げたいのですということは、場合によっては、そんなことはないと思うけれども、そういうことが起これば、そういった対応考えられるということだと思うので、これをいいとか悪いとかやめてくれとかやってくれとかという話ではなくて、鉄道事業者から考え方を、きちんといろいろな考え方があると思うから、それは早めに我々に情報を出してもらいたいし、その中で私たちとしては、この加算運賃

大田区議会 2021-07-20 令和 3年 7月  オリンピック パラリンピック観光推進特別委員会−07月20日-01号

今後も、的確で心のこもった対応に努め、利用者の皆様に愛される観光情報センターを目指してまいります。  最後に、資料番号10番、大田観光協会事業カヌーカヤック教室」についてご説明いたします。  大田観光協会では、2013年の東京国体で、大田区がカヌー競技の会場となったことを契機に、カヌーとシーカヤックの教室を実施してまいりました。  

江戸川区議会 2021-07-16 令和3年 7月 災害対策・街づくり推進特別委員会−07月16日-03号

次に、流域治水プロジェクト気候変動にも大きく寄与いたしまして、緩和策適応策、それぞれに対応する内容となっております。緩和策としましては、これもともとCO2、こういったものを削減していくということが緩和策でございまして、適応策としてでは、こういった起こったものからどうやって防いでいくか。そういうことを対応していく。この二つの大きい気候変動対策となります。

大田区議会 2021-07-15 令和 3年 7月  総務財政委員会−07月15日-01号

二つ目情報一元管理と継続的な実態把握による変化への柔軟な対応でございます。個別施設計画に相当する計画は、学校施設区営住宅公共施設の三つの計画実行段階において施設整備課で集約しまして、一体的な検討を行ってまいります。  各施設老朽化状況等ハード面運営コスト等ソフト面も把握しながら、部局横断的な対応を行い、効果的・効率的な施設整備を推進します。  

大田区議会 2021-07-15 令和 3年 7月  こども文教委員会-07月15日-01号

◎政木 教育総務課長 ご質問いただいた件でございますが、あくまでも清水委員のお話のあったところを踏まえてなのですが、あくまでも教育委員会の中でのコロナ対応というのは、保健所としっかりと連携をしながら進めてきたというところと併せまして、国から出ているガイドライン、これらも踏まえて対応してきたというところでございますので、事業概要の中にその旨は記載していないということですが、それを前提に対応しているところでございます