402件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

江戸川区議会 2020-12-16 令和2年12月 災害対策・街づくり推進特別委員会−12月16日-07号

そういう意味で、ぜひ今後の区民皆様方の安心安全を守ることと、定住意向を高めていくことを含めて、そういう災害に強いまちづくりの投資をしっかりやっていくんだという決意一つお聞かせをいただきたいと思います。  それから次の質問でございますが、今、学校の監査でいろんな学校回らせていただいています。

八王子市議会 2020-06-22 令和2年_第2回定例会(第4日目) 本文 2020-06-22

私は、こうした特色を強く打ち出すことが、市職員の募集や定住意向によい影響を与え、地域プライド一つになるというふうに考えております。  それでは、2回目の質問を始めます。  まず、ごみの発生抑制、リデュースについてであります。  環境省の発表を詳しく見ますと、人口10万人以上50万人未満の都市の中には、多摩地域の多くの自治体が優秀な成績でランクインしています。

目黒区議会 2020-06-18 令和 2年第2回定例会(第2日 6月18日)

まず、最初の基本構想のところですが、まず、ここの部分に関しては、区長がよく日頃から定住意向ということで、目黒区に住み続けたい人が95%いるという話をいろいろなところでされてます。  例えば、今のこの緊急事態になって、この事態の中でも目黒区民が同じように、目黒区にいてよかったと思ってくれてるかどうか。

江東区議会 2020-02-26 2020-02-26 令和2年予算審査特別委員会 本文

そうしたさまざまな努力の結果が、定住意向が9割という数字をキープし続けているところにあらわれているかと思っております。  また、重要課題でありますけれども、中防と8号線と2つあったわけですけれども、今回は8号線1つに絞ってあるという点については、当然、これはやり残したことにつながるあらわれだと思いますし、その強い決意あらわれでもあると。1つに絞ったと考えております。  

江東区議会 2020-02-20 2020-02-20 令和2年第1回定例会(第2号) 本文

本区は今もなお人口増加が続く一方で、区政世論調査では、定住意向の回答が90%と非常に高い水準となっております。これからも江東区が子育てしやすいまちであり続けるよう期待して、次の質問に移ります。  大綱2点目は、次期高齢者地域包括ケア計画における施策の展開についてであります。  我が国は、少子高齢化による急速な人口減少高齢化が進展しております。

目黒区議会 2020-02-19 令和 2年第1回定例会(第2日 2月19日)

区長は、区民定住意向は95%と高い数値を維持していると言いますが、実態は、定住したいと思っても、長年目黒に住んできた方が介護などを理由に転居を余儀なくされたり、民間アパートから追い出されてしまい、区内には住めない方も続出しています。目黒で生まれても、結婚して家族ができると、経済的な理由で他の区や他県に転居せざるを得ないといった方も少なくありません。住み続けられる目黒にはなっていません。

目黒区議会 2020-02-18 令和 2年第1回定例会(第1日 2月18日)

その結果として、区民定住意向は95%の高い数値を維持しているところでございます。  令和2年度は、21世紀半ばに向けた目黒区の将来像を創造するとともに、新たな時代に即した区政運営に向けて、変革を進める大変重要な年でございます。そのためには、区組織全体がワンチームとして取り組んでいくことが必要不可欠でございます。  

杉並区議会 2020-02-12 令和 2年第1回定例会-02月12日-01号

昨年実施いたしました区民意向調査によれば、杉並区への定住意向の方が87.6%と、ここ5年間の中で最も高い結果となりました。また、「住みよい」、「まあまあ住みよい」と答えた方が合計で96.1%との結果でありました。近年、民間企業実施している住みやすさや住んでみたいまちなどの各種調査の結果においても、区内の各地域が高く評価され、上位に選ばれることが多くなりました。

八王子市議会 2020-02-06 次世代支援・高齢社会対策特別委員会(2月6日) 本文 2020-02-06

若者施策関連資料の5ページなんですが、先ほど若林委員からも質問がありましたところですが、(4)学生の定住意向ということで、八王子に住みたい、または住む予定と回答された方のアンケートになっておりますが、これは428名に御回答いただいておりますが、住みたいと答えた方、あるいは逆に住みたくないと答えた方の内訳を教えていただけますでしょうか。

国分寺市議会 2020-01-28 令和2年 総務委員会 本文 開催日: 2020-01-28

保育園や学童保育所など、子育て関連施設施策を進めておりますが、引き続き安心して子どもを産み、育てられる環境を整備すること、また若い人の定住意向が低いことなどにより、一層、あらゆる世代の方々の定住意向を高めること、またバリアフリー化ライフステージの変化に応じた環境整備を行うことや、活気あるまちづくりを推進すること、また、外国人など増加傾向にあることから、多文化共生社会など、ダイバーシティの実現を進

府中市議会 2019-12-03 令和元年第4回定例会(第18号) 一般質問 開催日: 2019-12-03

このため、本市では毎年度、市政世論調査実施し、市民が日ごろの生活の中で感じている満足度定住意向などの把握に努めているほか、総合計画に関する市民意識調査や各分野の個別計画に関するアンケート調査実施、さらには附属機関を通じた意見聴取など、具体的な課題の抽出や要望の把握に向けたさまざまな取り組みを行っているところでございます。  

江東区議会 2019-12-02 2019-12-02 令和元年企画総務委員会 本文

下段(2)の定住転出意向では、「ずっと住みたい」、「当分は住みたい」を合わせた定住意向割合は90%となりました。前回調査から2.0ポイントの減となりましたが、本調査項目の結果は、過去4回の調査全てで定住意向が9割以上となってでございますので、江東区に住み続けたいと思う区民割合が引き続き高い値で推移しているということがわかりました。  

目黒区議会 2019-11-25 令和元年第4回定例会(第2日11月25日)

平成29年度に実施した第45回目黒世論調査では、定住意向は95%と、23区比較でもトップクラスであり、昨年実施した区政に対する意識調査でも、暮らしやすいと感じている方は78.3%、約8割の方が目黒区は暮らしやすいと感じていると回答されております。この結果を見ても、16年、区政運営に邁進してきた私といたしましては、総合行政として誤った手法はとっていないと自負をしております。  

目黒区議会 2019-11-22 令和元年第4回定例会(第1日11月22日)

平成29年に実施した目黒世論調査において、定住意向は95%と高い状況を維持しており、居住理由では、緑の多い落ちついた環境が評価されています。また、平成30年に実施した区民に対する意識調査では、都市環境に関する施策に関して重要度が一番高いのは、暮らしやすい街づくりが44.4%となっております。現在の街づくりについては、区民から一定の評価をいただいているものと認識しております。  

世田谷区議会 2019-11-12 令和 元年 11月 都市整備常任委員会-11月12日-01号

定住意向については、約八割が住み続けることを希望している一方、住み続ける上での不安要素としては、居住費購入価格、家賃)が三割で最も多く、次いで不安・不満要素はないが二割となってございます。  住宅施策認知度については、三割程度の方が、公的住宅が最も多く、一割半の、住宅耐震化支援が続いておりますが、それ以外は一割以下で、全体として認知度は低い結果となってございます。