1155件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大田区議会 2020-10-02 令和 2年 9月  決算特別委員会−10月02日-01号

◆奈須 委員 満たしているか、満たしていないかというのは、またこれはすごく複雑な仕組みなのですけれども、学費から賃料を払うということになれば、またいろいろと問題も起きてくるのではないかなと思いますし、あるいは、そうした確認を大田区がしていかないと、やはり、しっかりと法令を守り、補助金であったりとか、税の減免を受けているというところと、それから、やはり教員ですとか、生徒を守ってほしいと。

西東京市議会 2020-10-01 西東京市:令和2年第3回定例会〔資料〕 2020-10-01

これは市が学費を出して、他に学費共済を名義がその方で市が支払うようにしてください。  西東京市で定時制校がないときは隣の市の定時制校に通わせるようにして、中に進学しないで社会には出たい方は高卒認定試験を受けて、社会に出る方にはデュアルシステムによる職業教育をしながら、社会人としてやるようにしてください。  

江戸川区議会 2020-10-01 令和2年決算特別委員会(第3日)-10月01日-03号

私の知り合いで、先日ね、お子さんが3人いて、ひとり親なんですけども、このコロナで仕事失っちゃいまして、何かアルバイト的で短時間で、下に3歳の子どもがいますので、一生懸命働いていたんですけども、真ん中の女の子が都立に入れなくて、どうしても私立しか入れなくて、その学費がなかなか払えなくて、学校からその学費の請求がもう毎日毎日来てね。

江戸川区議会 2020-09-23 令和2年 第3回 定例会-09月23日-02号

子ども学費は、幼稚園、小中学校、高校大学と全て国公立に通った場合でも、約八百万円がかかるとされていて、決して少額ではありません。平成三十年度の文部科学省が行った子ども学習量調査では、世帯年間収入が多い家庭ほど、学習机参考書の購入、塾や通信教育を利用するなどの子ども学習にかける経費が多くなっています。世帯収入の差が教育格差につながるという事実は明白です。  

大田区議会 2020-09-15 令和 2年 9月  総務財政委員会-09月15日-01号

アルバイト収入学費に充てる学生が多い現在、家庭経済力で学びの機会に格差が生まれないよう、本来は国が大学無償化に取り組むべきですが、区としても区内に住み学ぶ学生状況を把握し、さらなる善処を求めます。  次に、介護保険特別会計補正予算(第1次)については、令和元年度決算剰余金の確定に伴い、介護給付費準備基金に8億1,900万円を積み立てる補正予算となっています。

西東京市議会 2020-09-11 令和2年文教厚生委員会 本文 2020-09-11

提出者のお考えといたしましては、義務教育小中高までやるべきだという考えをお持ちのことでございまして、こういったことから、教育委員会最終学歴中学卒業の方、こういった方々を調査いたしまして、進学希望がある場合には市で学費等を負担するとともに、その中ではデュアルシステム、いわゆる実際の企業現場での実習を通して、企業における実習訓練教育訓練機関による座学、こういったものを並行するような形になるんですが

八王子市議会 2020-09-04 令和2年_第3回定例会(第1日目) 本文 2020-09-04

コロナウイルスより前から高額である学費負担学生たちに重くのしかかっている中で、新型コロナウイルス影響アルバイトに入れなくなったことで収入が減少、たちまち生活費すら工面できなくなった学生が多く出ました。国が支援を進めている今もなお苦しい生活を強いられている学生が多くいます。

世田谷区議会 2020-09-02 令和 2年  9月 福祉保健常任委員会-09月02日-01号

また、生活困窮世帯高校世代に対しては、自身がアルバイトなどで学費をはじめ家計を支えるような現状がうかがえるところですが、高校世代に対する支援も必要と考えております。  そこで、本給付事業についてでございますが、概要については今御覧のページの裏面の表を御覧いただけますでしょうか。この上の表が今回新たに実施する給付事業の表で、下のほうがこれまでの主な事業です。

北区議会 2020-09-01 09月15日-11号

その上で、大学授業料については、限定された無償化ではなく、学費自体を値下げするべきだし、幼保無償化については差別的取扱いをするべきではない。今の消費税は不公平だし、社会保障の財源としてふさわしくないということを改めて主張するとともに、北区に対しては消費税の廃止、また減税を国に求めてほしいと改めて要望します。 

八王子市議会 2020-07-10 次世代支援・高齢社会対策特別委員会(7月10日) 本文 2020-07-10

また、経済的な影響の有無につきましては、46.5%の学生影響があると答えており、その内容としては、学費、生活家賃御覧のとおりの割合で影響があるとの回答を得ているところでございます。一方で、全体の半分以上の学生が経済的な影響は現時点ではないと回答しているところでございます。  1枚おめくりいただきまして、A3横の資料でございます。

江戸川区議会 2020-06-25 令和2年 第2回 定例会-06月25日-03号

入所中から、退所後の自立に向けたセミナーを行っており、進学希望子どもたちには奨学金の情報を伝え、学費や、生活資金家賃や食費などの金銭面でのシミュレーションをします。収入奨学金アルバイトであり、経済的にぎりぎりであることが試算からも分かりました。就職希望の場合も、離職率が高いこと、家賃の支払いに困窮することなども伺いました。

目黒区議会 2020-06-24 令和 2年企画総務委員会( 6月24日)

以上を踏まえると、このままただ生活が苦しいだとか、学費が払えないというような学生を当てにしていては、十分集まらない可能性もあるんじゃないかと思います。何かこのプログラムに応募することによって、学生にとって得るもの、言わばインセンティブがあったりだとか、あるいはその職場が自分の強みを生かせるような場所であればこそ、やってみようかという気になるんじゃないかと思っています。  

八王子市議会 2020-06-19 令和2年_第2回定例会(第3日目) 本文 2020-06-19

一例を挙げると、学園都市たる八王子市だからこそ、コロナ禍の中で市内飲食店休業状態にあり、日々の生活費学費アルバイトに頼っている学生は、現在、アルバイト先がなく逼迫した経済状況に陥っていることからも、八王子市として独自の給付金や無利子での生活支援金制度の創設などを検討してほしいというものがありました。  

昭島市議会 2020-06-18 06月18日-03号

4月22日、「学生13人に1人が退学検討 バイト減6割、親の収入も、学費に不安」、テレビや新聞が一斉に報じたニュースは、学生団体コロナ禍による学生への影響調査した中間報告で、大学関係者に衝撃をもって受け止められたと報じ、さらに、30日の最終報告によると、アンケート回答した319校、1200人のうち、バイト収入が減ったかゼロになった学生は約7割に上り、バイト代や親の収入減で5人に1人が退学を検討していることも

八王子市議会 2020-06-18 令和2年_第2回定例会(第2日目) 本文 2020-06-18

次に、学生支援特別給付金について、学園都市である八王子市が独自で国の制度対象外となった学生支援を行うことを高く評価するとした上で、給付金支給要件特徴を問う発言に、現在、奨学金修学支援制度などを利用していない方も対象としていること、また、家庭からの支援金額の目安を学費を含まない金額で設定し、学費の差による不公平感がないように配慮したことが特徴考えているとの答弁がありました。  

目黒区議会 2020-06-17 令和 2年第2回定例会(第1日 6月17日)

学費が払えない学生の5人に1人が退学考えるなど、学業を続けられない事態が広がっています。国は第2次補正予算学生支援緊急給付金を決めましたが、対象が43万人と、学生の約1割にとどまり、行き届かない懸念があります。  そうした中で目黒区として、困窮する学生住居確保給付金を確実に支給することが重要です。