31691件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

目黒区議会 2020-02-27 令和 2年企画総務委員会( 2月27日)

まず、項番1の計画の概要でございますが、目黒区特定事業主行動計画につきましては、次世代育成支援対策推進法の規定に基づき、国や自治体といった特定事業主が定める行動計画でございまして、本区の計画におきましては、職員のより一層のワーク・ライフ・バランスを実現できるような対策を講じ、仕事と子育ての両立支援を図ることにより、次世代育成支援を推進することを目的といたしております。  

目黒区議会 2020-02-14 令和 2年目黒区総合戦略等調査特別委員会( 2月14日)

 野 参事総務課長)     橋 区民生活部長          橋 本 産業経済部長      橿 原 産業経済消費生活課長          竹 内 文化スポーツ部長   吉 田 文化・交流課長          金 元 スポーツ振興課長    佐 藤 オリンピック・パラリンピック推進課長          上 田 健康福祉部長      保 坂 障害福祉課長          長 崎 子育て

目黒区議会 2020-02-12 令和 2年企画総務委員会( 2月12日)

次に、子育て支援部につきましては、今後の児童相談所の設置を見据えまして、子ども家庭支援センター機能の充実を図るとともに、区民に対する周知、啓発を深めるために、子ども家庭課を子ども家庭支援センターと改称するとともに、ひとり親・生活支援係、事業係、養育支援係に再編をするものでございます。  

目黒区議会 2020-02-12 令和 2年生活福祉委員会( 2月12日)

項番1、経緯といたしましては、子育て支援課から移管を受けた目黒区奨学資金貸付金につきまして、弁護士への委託等により交渉を行ってまいりましたが、度重なる納付相談や納付約束の不履行が生じましたことから、令和2年1月29日付東京簡易裁判所民事訴訟の提起を行いました。  次に、項番2、事件名等は記載のとおりでございます。  

目黒区議会 2020-02-12 令和 2年文教・子ども委員会( 2月12日)

○篠﨑子育て支援課長  それでは、ほ・ねっとひろばの相談時間等の変更について御説明いたします。  まず、1の経緯でございます。  ほ・ねっとひろばでは、子育て総合相談と権利擁護委員制度、それと子育てふれあいひろばの主にこの3つの事業を実施しているところでございますが、相談事業につきましては、その内容に応じましてより適切な関係機関につないでいるところでございます。  

世田谷区議会 2020-02-05 令和 2年  2月 地方分権・本庁舎整備対策等特別委員会-02月05日-01号

4の情報発信・共有の問題といたしましては、特にお母さんたち、子育て世代については、情報収集の欲求やスキルが非常に高いということと、その反面、SNSなどで行政が発信する情報とは異なるルートから情報収集はされているということで、行政がある意味で情報発信から取り残されているのではないかということで、もっとそういうものをしっかり高めていく必要があるのではないかというお話をいただいております。  

世田谷区議会 2020-02-04 令和 2年  2月 福祉保健常任委員会-02月04日-01号

さらには、つなぐ・つながる、参加協働地域子育て力の三つの視点とともにさまざまな子ども・子育て支援施策を推進してまいります。  右側の第三章、重点政策でございます。この部分が今回の計画における大きなポイントになる部分でございます。ここでは、重点政策として四つにグルーピングをしてお示ししております。

世田谷区議会 2020-02-04 令和 2年  2月 都市整備常任委員会-02月04日-01号

また、子育て世帯に対する支援の拡充といたしまして、世田谷区立ファミリー住宅の定期使用期間(十年間)を世帯の最も年少の者が十八歳に達する最初の三月三十一日までに期間を延長するものでございます。  2改正内容につきましては、連帯保証人の規定につきましては、特定公共賃貸住宅に係る条文と区立ファミリー住宅に係る条文を改正いたします。

世田谷区議会 2020-02-03 令和 2年  2月 文教常任委員会-02月03日-01号

一つ目は、「まちでこどもを育てる」「子育てによるまちづくり」の両面から、こども園とまちを捉えるとし、こども園が地域に根差し、子どもたちが地域とかかわりながら育ち、また地域子育てしている親もこども園とかかわりながら育つということから、ともに成長できる環境づくりが大切としてございます。二つ目は、エントランス部分に地域に対し開かれた交流の場を設けることです。

世田谷区議会 2020-02-03 令和 2年  3月 区民生活常任委員会-02月03日-01号

(4)の追加調査による回答者属性への影響でございますが、回答者の年齢層について、四十代が増加するとともに、予約受付枠について子育て世帯が増加いたしました。  6のアンケートの分析結果でございます。(1)の商品券による区内の消費額でございます。算出方法の概要は資料記載のとおりでございますが、商品券を使用した買い物の総額は約十一億九千五百万円と推計されます。

世田谷区議会 2020-02-03 令和 2年  2月 企画総務常任委員会-02月03日-01号

子育て支援施策と児童相談所業務の円滑な連携と調整業務を担う児童相談支援課を新設いたします。児童相談所と子ども家庭支援センターの一元的運用に向けた連携・調整機能を強化するため、児童相談所・子ども家庭支援連携担当副参事を新設し、総合支所保健福祉センター子ども家庭支援課長が兼務いたします。  続きまして、児童相談所、児童相談所開設準備担当部です。

目黒区議会 2020-01-29 令和 2年議会運営委員会( 1月29日)

14ページにまいりまして、第2として、子育て支援の充実と教育の振興でございます。  次に、17ページにお進みください。  第3に、福祉の充実と健康づくりの推進。19ページ後段にまいりまして、第4として、環境と調和した魅力あるまちづくりの推進。21ページにまいりまして、最終行からでございますが、第5として、多様性を認め合う平和社会の実現に向けた取り組みの推進について述べてございます。  

調布市議会 2020-01-09 令和 2年 1月 9日中心市街地基盤整備等特別委員会−01月09日-01号

次に、3つ目として、9月から、バリアフリー推進協議会会長など調布市のまちづくりにかかわっていただいている学識経験者4名、公募市民を含む環境保全審議会や子ども・子育て会議などの委員をしていただいている市民委員7名、商工会商業部会や造園関係であるくすの木会などの地域団体委員4名の合計15名で構成した調布駅前ひろば検討会を、計4回、全部公開にて開催いたしました。  

荒川区議会 2020-01-09 01月09日-01号

今後、区に力を入れてほしい事業では、第一位が「高齢者福祉の充実」、第二位が「地震などの防災対策」、第三位が「幼児・児童子育て支援の充実」であり、第一位と第二位は九年ぶりに入れかわりました。 今後の予定といたしましては、本日の総務企画委員会で報告させていただいた後、町会連合会等でも報告をさせていただきまして、二月二十一日の区報掲載等を予定しております。 説明は以上です。よろしくお願いいたします。

目黒区議会 2020-01-08 令和 2年都市環境委員会( 1月 8日)

こちら、全国の多くの自治体と共同で子育てや空き家、介護などの行政冊子を製作しているホープという株式会社協定を結びまして、区の費用は一切なく作成をしております。本区では、子育て冊子「ホッ!とブック」というのを全く同じ方法で発行しております。冊子内に広告枠を設けまして、その協賛金によりまして作成をするという方法でございます。  

目黒区議会 2020-01-08 令和 2年文教・子ども委員会( 1月 8日)

○篠﨑子育て支援課長  それでは、第10回「ティーンズ・フェスタ・イン・めぐろ2019」の実施結果について御説明いたします。  まず、この第10回のティーンズ・フェスタ・イン・めぐろ2019でございますが、11月27日の当委員会におきまして、実施のことについて御報告しました。それの実施結果ということでございます。  

千代田区議会 2019-12-25 令和元年企画総務委員会 本文 開催日: 2019-12-25

それから2点目、問い合わせへの迅速な対応とセキュリティの確保ということで昨今の社会的な背景を受け急増する区民や外部機関からの問い合わせ、例えば子育てですとか福祉ですとか、いろんな障害ですとか、昨今のいろんな社会的背景から、そういった問い合わせが非常に今区民からふえているというところでございます。