62件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

豊島区議会 2020-02-18 令和 2年第1回定例会(第2号 2月18日)

高野区長は、昨年第2回定例会招集挨拶の中で「予算編成時にあっては、事業の新規・拡充のみの提案にとどまることなく、既存事業見直しをセットで提案することで、事業の新陳代謝を進め、予算や組織の膨張抑制を図る」、また、「予算執行時にあっては、より効率的・効果的な執行に努めるとともに、事業予算執行残契約落差などを、安易に他事業へ流転用することのないよう、監視強化を図る」、さらに、「事業執行後には、

港区議会 2019-12-02 令和元年12月2日総務常任委員会-12月02日

本件は、平成29年12月8日に議決いただきました南麻布四丁目障害者支援施設等新築工事委託契約について、受託事業者工事契約における契約落差が生じたこと、地中障害物処理及び安全対策追加工事等を実施したことから、契約金額変更することについてご承認を求めるものです。本日付当常任委員会資料№4を補足資料として調製しましたので、ごらんください。  

港区議会 2016-02-08 平成28年2月8日建設常任委員会−02月08日

まず、調査・設計費につきましては、発注した際の入札での契約落差により約2,000万円の事業費減少となってございます。  次に、電線共同溝工事費につきましては、管路計画が当初想定管路整備内容より小規模で済むなど、管路延長整備内容の確定や昼夜間施工条件想定部分変更による工事費減少、または工事入札での契約落差による減額により、約1億4,000万円の事業費減少となってございます。  

杉並区議会 2015-09-18 平成27年 9月18日都市環境委員会−09月18日-01号

今、工事等は、あるものを移設するとかして最小限のものを考えておりまして、それは契約落差とか使わせていただいて工事等をしたいと思っております。それはなぜかと申しますと、やはり11月1日開設に向けてということでございましたので、応急的措置としてさせていただいたところでございます。  今回の地権者様に対する敷金、礼金、契約保証金につきましては、交渉の結果、なかったということになっております。

港区議会 2015-02-06 平成27年2月6日議会運営委員会−02月06日

なお、契約落差や不調によります減額補正に対します内容については、説明を省略させていただきます。  それでは、1、平成26年度港区一般会計補正予算(第6号)についてでございます。初めに、補正額説明です。  総務費です。安全安心施設対策基金利子積立金は、基金利子が減となったことによる減額でございます。  

港区議会 2013-11-22 平成25年11月22日建設常任委員会−11月22日

平成25年度補正予算としまして、今回の変更が6,053万円でございますが、エレベーター工事契約落差が2,690万円ございますので、この差額分として3,665万7,000円ということを要望したいと考えております。  参考としまして、2枚目に現地の写真がございます。2)を見ていただきますと、これが現地で杭を掘削しているときの状況でございます。

港区議会 2013-02-21 平成25年第1回定例会−02月21日-02号

定例会提案予定一般会計補正予算(第六号)では一五件、九億五千九百万円の契約落差補正が組まれています。人件費が削られる可能性もあります。区の発注する契約で、低入札価格でしわ寄せされ、低賃金に苦しむ下請業者労働者を地方自治体がつくり出すことがないよう、区でも早期に公契約条例を制定すべきです。答弁を求めます。  次の質問は、保育園の待機児童解消についてです。  

港区議会 2011-10-03 平成23年度決算特別委員会−10月03日

監査からも人件費等問題点については、協定書に定められた職員を確保せず、その分の人件費社会保険料指定管理者の利益になっている事例や契約落差執行残による剰余金も見受けられた。障害児対応職員のための人件費次年度に繰り越すやり方が繰り返され、収支差額の累計が多額になっているとたびたび指摘されています。  

目黒区議会 2011-09-09 平成23年第3回定例会(第3日 9月 9日)

これらを念頭に置きまして、第1に当初予算編成後の状況変化に伴う緊急課題などに適切に対応すること、第2に人件費などの義務的経費を適切に計上すること、第3に東日本大震災に伴う国や都の動向等に留意し、現時点で見込み得る財源を的確に把握すること、第4に事業執行状況を踏まえた不用額一定額以上の契約落差のほか、緊急財政対策による見直し対象となった事務事業のうち、平成23年度予算から反映可能なものも含めて、

港区議会 2011-03-03 平成23年3月3日総務常任委員会−03月03日

委員鈴木たけし君) きのうも補正予算の審議の減額補正の中で、やはり契約落差という形で減額があったわけなのだけれども、世の中不景気だから、やはり最低価格でも仕事をとろうという気迫があった。それからまた一つにはやはり港区が、はっきり言って今まで行ったことのないような大型事業です。そのためにやはり、港区のために精査して、どうしてもこの仕事をとりたかった、そういう面もあるのだろうと思うのです。

港区議会 2010-03-04 平成22年3月4日総務常任委員会−03月04日

主な内容は、ふるさと納税寄附金文化芸術振興基金及びみなとパートナーズ基金への寄附金内訳について、全国瞬時警報システム概要について、麻布地区子ども中高生プラザ等用地購入における契約落差が発生した理由について、都市型水害対策工事に対する区内中小事業者への発注配慮について、高額医療費共同事業医療費拠出金及び保険財政共同安定化事業医療費拠出金減額となった理由について等であります。

港区議会 2010-03-04 平成22年第1回定例会−03月04日-05号

主な内容は、ふるさと納税寄附金文化芸術振興基金及びみなとパートナーズ基金への寄附金内訳について、全国瞬時警報システム概要について、麻布地区子ども中高生プラザ等用地購入における契約落差が発生した理由について、都市型水害対策工事に対する区内中小事業者への発注配慮について、高額医療費共同事業医療費拠出金及び保険財政共同安定化事業医療費拠出金減額となった理由について等であります。