24677件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

あきる野市議会 2019-12-11 令和元年環境建設委員会 本文 2019-12-11

現在、観光プロモーション、それから温泉選挙等の効果大分出始めているところでありますので、そういったものを継続しながら、利益率、それから客単価の向上も図りながら進めていきたいと、このように考えております。  以上でございます。 255: ◯委員(中村のりひと議員) ありがとうございました。

板橋区議会 2019-12-11 令和元年12月11日災害対策調査特別委員会-12月11日-01号

また、本日、大分多くのご意見をいただきましたので、今後の進め方について、最終確認をしておきたいと思いますので、委員会閉会後、理事会を開催したいと存じますが、よろしいでしょうか。          (「異議なし」と言う人あり) ○委員長   では、さよう決定いたします。  

板橋区議会 2019-12-10 令和元年12月10日健康長寿社会調査特別委員会-12月10日-01号

についても、ふれあい館は当然5つありますので、その点で今高齢者向けのそういったサテライトの勉強みたいな大学というのは、実は区の職員課長さん、部長さんのやられている方何人かいらっしゃるとお話ししたことがあるんですけども、今ネット上で、オンライン中継じゃなくて、要するに映像だけアップしてあって、好きなときに見に行って、好きなときに資料を提出して、期限までにやって、その資格を取っていくという学びの仕組みが、大分

あきる野市議会 2019-12-05 令和元年第1回定例会12月定例会議(第5日目)  本文(採決)

現在、観光プロモーション、それから温泉選挙等の効果大分出始めているところでありますので、そういったものを継続しながら、利益率、それから客単価の向上も図りながら進めていきたいと考えておりますとの答弁でした。  また、特に今回は匿名の手紙も来たりしているので、新四季創造株式会社の中でハラスメントの問題に関して、どういう管理体制が整えられているのか、あるいは今回のことに基づいて整えられたのか。

板橋区議会 2019-12-05 令和元年12月5日都市建設委員会-12月05日-01号

また、作業仕様書の中で、この程度金額、お金が、区が管理していくとかかっていますよという目安もお示ししたところでございますので、この応募された業者さんは、その期間中、大分吟味されてプレゼンテーションしていただいたものだと思っております。  以上でございます。 ◆佐々木としたか   これでやめますけども、わかりました。  

あきる野市議会 2019-12-04 令和元年第1回定例会12月定例会議(第4日目)  本文(一般質問)

17: ◯15番(中嶋博幸議員) 全然、これまで言ってきたことと大分変わってしまっているなということで、ますます不安になってきたのですけれども、ここで一つ、市長にお聞きしますけれども、見直しをすると言っているのですけれども、区画整理事業を変更する際に生じる計画の変更と、あと、軽微な変更というのがあるのですけれども、この違いを知っていますか。

板橋区議会 2019-12-04 令和元年12月4日文教児童委員会-12月04日-01号

◎子ども政策課長   私どものほうで説明会等はやっていることはないんですが、次世代育成の行動推進計画を立てるときに、例えば今回ではなくて前回、ちょっと大分前、10年ぐらい前の話になるんですが、そのときには計画を立てる際に、策定に関してお子様向けにアンケートをとっているという状況もございます。  

あきる野市議会 2019-12-03 令和元年第1回定例会12月定例会議(第3日目)  本文(一般質問)

もう大分前ですので、今はどうなったかわからないのですけれども、外国バスを改造してしまって、大きなバスとか、地域によってはもうちょっと小さいバスとか、いろいろなものを取り入れて走らせていました。  そしてさらに、私は旅行が大好きですので、これまでも申し上げましたように、いろいろなところに行きますと、必ず循環バスが走っています。小さいバスで、地域の人も乗れて、観光客も乗れる小さいバスです。

板橋区議会 2019-12-03 令和元年12月3日健康福祉委員会-12月03日-01号

この理由についてですけれども、これは特に示されておりませんでしたけれども、多摩地区と、あと島に対して、23区のほうの高齢化率はかなり低くなっておりますし、高齢化の進展等は大分違うと思います。多摩地区、何より島はもっとすごいですけれども、全国とある意味では似ているところがあるかと思いますけれども、23区はやはりかなり違うのではないかと思われます。  

板橋区議会 2019-12-03 令和元年12月3日企画総務委員会-12月03日-01号

わずか3年の間で大分、当初2020年ごろがピークと言われていたものが2030年ピークに変わるというような人口ビジョンの見直しがあったんですけれども、今の人口ビジョンの見直しというのは、次回いつ行われるのか、また、それに伴って、学校の適正配置の考え方の見直しというのはどのようにされるのかお聞きしたいんですが。

あきる野市議会 2019-12-02 令和元年第1回定例会12月定例会議(第2日目)  本文(一般質問)

今の給食センターは大分老朽化していると認識しておりますが、現在、どのような状況なのか、計画がおくれた場合はどのような影響が考えられるのかについて伺います。 22: ◯議長(天野正昭議員) 教育部長。            〔 教育部長  佐藤幸広君  登壇 〕 23: ◯教育部長(佐藤幸広君) お答えをさせていただきます。  

豊島区議会 2019-11-29 令和元年区民厚生委員会(11月29日)

一方、そちらの商品につきましては、商品名ですとか、それからちょっと、何といいましょうか、商品の案内をしているのが大分固定的な、要するに特定の商品を示すような部分があったものですから、済みません、ちょっと説明の資料としては不足していた分はおわび申し上げます。

板橋区議会 2019-11-29 令和元年11月29日企画総務委員会−11月29日-01号

ちょっと、その金額というのはちょっとわからないですが、といいますのが、会計年度任用職員の場合は、これについては職務手当でしたっけ、手当大分ありますよね。そうしたものをひっくるめると、常勤の方と会計年度任用職員の方の場合っていうのは、減る金額については、パーセンテージは一緒かもしれないですけれども、実質のダメージは大きいんではないかなというふうに思うんですが、その点どのように考えますでしょうか。

江東区議会 2019-11-28 2019-11-28 令和元年企画総務委員会 本文

実際、23区の中でも取り組みの状況に大分アンバランスがあると指摘をされているのですが、江東区は実際、係長職の不足というのは、現状どのぐらいあるのでしょうか。それと、今後、具体的にどういうふうに係長職をふやしていくという取り組みをやっていくのか。その辺、少しお話をいただきたいと思います。

町田市議会 2019-11-18 令和 元年第16期町田市議会改革調査特別委員会(11月)-11月18日-01号

それから、正副議長議会運営委員長、会派代表者というのが横須賀市高松市は正副議長、議運正副、会派代表者、諸派、大分市は正副議長議会運営委員という形でばらばら、それぞれかなり違った形で載っておりますが、大体10名弱のところで災害対策委員会を設置して、そこが中心になって動いてございます。  

江戸川区議会 2019-11-15 令和元年11月 災害対策・街づくり推進特別委員会-11月15日-06号

◆所隆宏 委員 すみません、いろいろお話を伺って、大分わかってきたんですけど、ちょっと1点確認なんですけど、先ほど山口室長のほうのお話の中で、今回のこの雨の想定がこの今日のいただいた資料の1、2、3何ページだこれ。200年に1度ということの雨の場合だったということで、これの場合は時間的に、時系列がどうであっても、広域避難の対象にはならない。これでも浸水するわけですよね。

世田谷区議会 2019-11-12 令和 元年 11月 福祉保健常任委員会-11月12日-01号

◆高橋昭彦 委員 施設大分努力していただいて、いっぱいつくっていただいて、いろんな施設があるんだろうと思う。だから、希望が偏っているところもあるんだろうと思うんです。そうすると、こういう言い方はいけないのかもしれないけれども、余り人気のないところはポイントが低くても入れているという状況は生まれているということですか。

世田谷区議会 2019-11-11 令和 元年 11月 区民生活常任委員会-11月11日-01号

それでは、本日はまだまだ案件が大分ありまして、長丁場が想定されますので、ここで一旦昼食休憩をとりたいと思います。  再開は十二時三十五分としますので、よろしくお願いしたいと思います。  それでは休憩に入ります。     午前十一時四十九分休憩    ──────────────────     午後零時三十六分開議 ○中村公太朗 委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。  

世田谷区議会 2019-11-11 令和 元年 11月 企画総務常任委員会-11月11日-01号

確かにこの問題は、注視していかなければならない大変重要な問題があると思っておりますけれども、あくまで国際社会における問題であるということと、あと理由の中で触れられておりましたけれども、今後、台湾だとか、沖縄へ波及の危険性が十分にあるという点については、会派としては大分飛躍があるなというふうに考えております。