11581件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

豊島区議会 2019-10-21 令和元年決算特別委員会(10月21日)

内容につきましては、ちょっと簡単にポイントだけ申し上げますと、1つに不合理な税制改正の影響、2点目に今後も多くの財源が必要な大都市需要、3点目に平均的な税収であるにもかかわらず国に奪われていく、4点目にふるさと納税は抜本的な見直しが必要、5点目に地方税財源の充実こそ地方分権のあるべき姿というふうに捉まえまして、この不合理な税制改正について、異議申し立てをしているところです。  

江東区議会 2019-10-04 2019-10-04 令和元年企画総務委員会 本文

確かに新たな視点としまして、ICTの活用ですとかSDGsですとか、今の計画の視点、協働地方分権、行財政改革、施設整備も含めたプラスアルファの視点を入れまして、今後10年の大きな課題としては、豊洲市場、中央防波堤、中防のまちづくりですとか、8号線、オリンピック・パラリンピックのレガシー、公共施設の維持管理・更新、庁舎も含めまして、あと水辺の活用、児童相談所等、地域共生社会、それぞれ今後の大きな課題として

世田谷区議会 2019-10-04 令和 元年  9月 決算特別委員会−10月04日-04号

多くの区民に、地域行政とは、そして、地域行政の歩みや、地方分権条例制定の意義など、区民が自分に引きつけて考えることができる機会をふやすことこそが重要だと考えます。  シンポジウムやワークショップ、説明会を五つの地域全てで実施するなど、機会を広げるべきではないでしょうか、見解を伺います。

世田谷区議会 2019-10-02 令和 元年  9月 決算特別委員会-10月02日-03号

九月二十五日に地方分権・本庁舎整備対策特別委員会がありました。その二日前に、二十三日には世田谷リング会議の最終回があったのですね。その直前には、これもちょっと委員会ではまだ話を伺っていなかったのですが、区内の建築専門家の方々と設計事業者との意見交換会を、これは区が仕切ってだと思うのですが、行われたということです。  

杉並区議会 2019-10-01 令和 元年決算特別委員会−10月01日-02号

かつて、二十数年前、30年近く前の政治状況というのは、地方分権に対して非常に関心が高まった時代があったと思いますが、今果たしてそういう時代状況になっているかどうかというと、漠然とした印象論で、多少語弊があるかもしれませんけれども、非常に集権的な流れというかな、風潮というのがむしろ強くなってきているんじゃないかという気がいたしますね。東京都もその辺どういう認識をしているのか。

世田谷区議会 2019-10-01 令和 元年  9月 決算特別委員会-10月01日-02号

終戦から八年後、国が公の意思形成や公権力の行使には日本国籍が必要なのは当然の法理という見解を示した経緯はありますが、もう六十六年が過ぎ、時代は地方分権、共生社会へと大きく変化を遂げています。多摩地域ではとっくに全廃をされて問題のない国籍条項が、なぜ今日に至るまで特別区に残るのか説明を求めます。

三鷹市議会 2019-09-30 2019-09-30 令和元年 第3回定例会(第5号) 議事日程

            令和元年第3回三鷹市議会定例会             議  事  日  程 (第5号)                       令和元年9月30日(月)午前9時30分開議 第1 総務委員会審査報告   (1) 議案第16号 三鷹市子ども・子育て基金条例   (2) 議案第23号 令和元年度三鷹市一般会計補正予算(第2号)   (3) 所管事務の調査について     ICT・地方分権

三鷹市議会 2019-09-30 2019-09-30 令和元年 第3回定例会 会議結果

いについて   第1 総務委員会審査報告(7番 渥美典尚君)     (1) 議案第16号 三鷹市子ども・子育て基金条例       本件については、満場一致をもって総務委員長報告どおり原案可決     (2) 議案第23号 令和元年度三鷹市一般会計補正予算(第2号)       本件については、賛成多数をもって総務委員長報告どおり原案可決     (3) 所管事務の調査について       ICT・地方分権

世田谷区議会 2019-09-25 令和 元年  9月 地方分権・本庁舎整備対策等特別委員会-09月25日-01号

令和 元年  9月 地方分権・本庁舎整備対策特別委員会-09月25日-01号令和 元年  9月 地方分権・本庁舎整備対策特別委員会 世田谷区議会地方分権・本庁舎整備対策特別委員会会議録第五号 令和元年九月二十五日(水曜日)  場  所 第一委員会室  出席委員(十三名)    委員長         福田たえ美    副委員長        桃野芳文                河野俊弘                

武蔵野市議会 2019-09-19 平成30年度決算特別委員会(第2日目) 本文 開催日: 2019-09-19

財政指数が1.522で、実質収支額が27億6,736万2,000円、経常収支も八十何%と非常にいい数字で、基金の残高が433億円ということで、非常にいいのですけれども、このすばらしい財政状態で、自然災害が少ない、非常に安定しているこの武蔵野市こそが、やはりSDGsで言われる持続可能なまちづくりのお手本として、地方自治地方分権ということが言われていて、これだけ財政力があるからこそ、その分権ということが

世田谷区議会 2019-09-18 令和 元年  9月 定例会-09月18日-02号

平成二十四年七月、区議会地方分権地域行政制度対策特別委員会地域行政制度に対する意見についてをまとめました。見直しの基本に地区力強化を提言し、具体的には、まちづくりセンター・出張所の権限強化など四点を意見しています。区は提言を尊重し、まちづくりセンターに防災担当係長の配置など、具体化を進めていますが、いまだ検討課題の項目も残されています。

あきる野市議会 2019-09-11 令和元年福祉文教委員会 本文 2019-09-11

このような状況の中で、地方分権提案募集の中で、この経過措置期間が終了となる令和元年度末までに各都道府県が実施する研修だけでは全ての職員に対して研修を受けさせることができないということが想定されるという自治体が出ておりまして、そういったことで、研修受講の経過期間が終了となる令和2年度以降の放課後児童クラブの運営にそういう自治体は支障を来してしまうということから、今回、提案があった形で、都道府県の研修のみならず

調布市議会 2019-09-11 令和 元年 9月11日総務委員会−09月11日-01号

これは法人市民税の国税化ですとか、あるいは地方消費税の清算基準の見直しですとか、こういったところでなかなか都市部は多勢に無勢で、全国の自治体に対して全体のパイをふやして共存共栄でということを打ち出しているんですが、やはり都市部はうらやましいね、いいよねというような、そんな視点で見られがちで、なかなか一緒になって、どうやって全体の収入をふやしていくの、財源を獲得していくのというところが、地方分権ですとか

調布市議会 2019-09-10 令和 元年 9月10日総務委員会−09月10日-01号

◆雨宮 委員   まず、包括的なことなんですが、冒頭に資料を使って説明いただきましたけれども、幾つもの条例を一遍に1本の条例で改正するという手法というのは、かつて地方分権一括法というのがあったように記憶しているんですが、それと同じ法務的な、技術的なものと考えていいんですか。 ○鈴木 委員長   本多課長