2293件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

府中市議会 2020-03-03 令和2年厚生委員会 本文 開催日: 2020-03-03

項の10、目の5包括的支援事業費・任意事業費、説明欄1は、住宅改修給付事業の審査を行う理学療法士等の人件費に係る経費、2は、地域包括支援センター11カ所の委託経費、3は、生活支援コーディネーター配置に係る経費、4は、認知症初期集中支援、認知症介護者支援など、認知症の支援に係る経費、5は、在宅療養相談窓口の運営など、在宅医療介護の連携推進に係る経費、6の1は、認知症カフェ立ち上げ支援に対するもの。

世田谷区議会 2020-02-04 令和 2年  2月 福祉保健常任委員会-02月04日-01号

世田谷区は一方で、少し前までは認知症というと、早期発見、早期支援というような形で在宅医療の、そういった医療のほうと連携をして、早く認知症を発見して、早く進まないように治すようにしていこうといった、ある意味予防というんですか、そういうことに非常に力を入れてやっていたようなところがあるんですけれども、今回のはどちらかというと、その話もちらっとは出ていますけれども、そうではなくて、認知症になったとしても、

国分寺市議会 2020-01-21 令和2年 厚生文教委員会 本文 開催日: 2020-01-21

95 ◯岩永委員  9ページになりますが、1の在宅医療介護連携相談窓口事業のところで、平成30年度の実績が1,336ということで、非常に目標よりも多くあるなというふうに思ったんですが、このあたり、現状でどんな内容の相談が多いのかですとか、あと、相談件数がふえているところについて、どんなふうに。

町田市議会 2019-12-13 令和 元年健康福祉常任委員会(12月)-12月13日-01号

本件につきましては、2019年第2回の本委員会において報告いたしました2020年度の地域包括支援センター及び2020年4月1日に新たに設置する在宅医療介護連携機能強化型地域包括支援センターの運営事業者の選定について作業が終了し、事業者が決定いたしましたので、ご報告するものでございます。  詳細につきましては、担当からご説明いたします。

調布市議会 2019-12-04 令和元年 第4回 定例会−12月04日-03号

また、医療介護の連携ということで、私自身もかつて取り上げさせていただきましたが、ちょうふ在宅医療相談室の取り組みが始まっております。これは、特に大きく評価をするところですけれども、アウトリーチによって専門の医師地域に出向いていって、認知症への対応や健康指導などに力を発揮していただいているわけですが、この取り組みをさらに広げていくことが重要だと考えるものです。

八王子市議会 2019-12-04 令和元年_第4回定例会(第4日目) 本文 2019-12-04

2014年から八王子市在宅療養患者搬送支援事業を開始し、その運用方法は、八王子市内に居住して在宅医療をされている方で、病院での治療が必要とかかりつけ医が判断し、病院救急車の出動を要請した場合、病院救急車が自宅に駆けつけ、医師あるいは看護士、救命救急士が必要な措置を行いながら、あらかじめ決められた病院に搬送するもので、搬送費用は無料です。  

稲城市議会 2019-12-02 令和元年第4回定例会(第27号) 本文 開催日: 2019-12-02

第2項目の自立支援・重度化防止等に資する施策の推進は、529点満点中353点で、内訳は、地域密着型サービスが21点、介護支援専門員介護サービス事業者が30点、地域包括支援センターが113点、在宅医療介護連携が41点、認知症総合施策が40点、介護予防・日常生活支援が65点、生活支援体制の整備が43点、要介護状態の維持改善状況等が0点でございます。

三鷹市議会 2019-11-29 2019-11-29 令和元年 第4回定例会(第1号) 本文

また、在宅医療介護連携、初期集中支援チームなどによる認知症施策、地域ケア会議、介護職員の処遇改善など、地域包括ケアシステムの構築に取り組んだほか、国民健康保険や後期高齢者医療の低所得者の軽減措置の拡充など、社会保障の充実が図られているものと認識しています。  続きまして、質問の6、幼児教育保育の無償化制度の矛盾についてでございます。

世田谷区議会 2019-11-26 令和 元年 12月 定例会-11月26日-01号

買い物や通院など日常の外出に支障がある高齢者障害者にとって、移動手段の確保は重要な課題と認識しておりますが、インターネットでの買い物や宅配サービスが充実し、訪問診療などの在宅医療も進展している中で、ニーズに対し性急にバスを走らせて解決するのがベストな方法なのかも疑問です。  また、これまでも区では地域包括ケアの取り組みの中で、乗り合いバスによる買い物難民支援などを行ってきた実績もあります。

杉並区議会 2019-11-26 令和 元年11月26日保健福祉委員会−11月26日-01号

障害者生活支援課長         高齢者施策課長 堀 川 直 美                諸 角 純 子        高齢者施設整備担当課長       高齢者在宅支援課長                高 沢 正 則           江 川 雅 志        地域包括ケア推進担当課長      介護保険課長  秋 吉 誠 吾                山 崎 佳 子        在宅医療