85件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青梅市議会 2020-03-22 03月22日-06号

人口減少社会到来と超高齢社会の本格的な進展青梅市の行財政影響を与えている中で、福祉施策のほか、青梅インターチェンジ北側物流拠点整備や梅の里の再生復興防災減災対策、デジタルトランスフォーメーションの推進など諸課題に対し的確に取り組んでおり、第6次青梅総合長期計画に掲げる将来都市像を目指した実行力のある予算であると受け止めております。 まず、歳入についてであります。 

青梅市議会 2020-03-08 03月08日-02号

周辺住民の方々の中には、以前からある青梅インターチェンジ等利用車両による交通混雑に加え、今後さらに拍車がかかるのではないかと思われる方もおられ、併せて新町末広地区周辺住民の皆様からこの先を懸念し、心配する声もお聞きしております。 そこで、1回目の質問をさせていただきます。この新町末広地区周辺交通事情を現在どのように捉えているのか、お伺いさせていただきます。

青梅市議会 2020-02-18 02月18日-01号

青梅インターチェンジ北側物流拠点整備についてであります。 本事業につきましては、職住近接など、本市まちづくりを進めていく上で重要な事業であります。 新年度は、国と都による農林調整協議進捗状況に応じて、都市計画決定に向けた手続を開始するとともに、都市計画道路設計のほか、無電柱化に伴う電線共同溝設計を新たに進めてまいります。

青梅市議会 2019-12-23 12月23日-14号

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― △第2 第10番 大勢待利明議員併用制)  1 ICTを使った情報教育推進について  2 青梅インターチェンジ北側物流拠点整備について  3 青梅市の行財政運営について ○議長久保富弘) 次に、第10番大勢待利明議員。    

青梅市議会 2019-12-19 12月19日-12号

また、青梅らしさを創出し、活気あるまちで、市内の各産業振興とあわせ、特に青梅インターチェンジ周辺の再開発に期待を寄せていることも伝わりました。また、さまざまな「つながり」をキーワードとする戦略も見られ、私も、人と人や団体のつながりだけでなく、活気や価値、ひいては市財政に寄与もつながると考えております。また、市長は、「あそぼうよ!

青梅市議会 2019-12-09 12月09日-11号

青梅インターチェンジ北側物流拠点整備につきましては、2期目で最も注力する事業の一つであります。本事業は、この地のポテンシャルを最大限に生かした事業であり、活力ある青梅を築く上で重要な事業と捉えております。引き続き、みずからが強いリーダーシップを発揮するとともに、地権者組織を支援し、本任期中に実際の整備工事が始まる姿をお見せしたいと考えております。

青梅市議会 2019-09-30 09月30日-10号

次に、土木関係では、青梅インターチェンジ北側整備に向け、東京都などの関係機関調整を進めつつ、地籍調査都市計画道路に関する調査にも着手されております。さまざまな課題を一つ一つ解決しながら、引き続き事業を進められますようお願いいたします。 最後に、教育関係では、前年度まで実施していた青梅サタデースクール後継事業として、ステップアップクラス事業サタデークラス事業を実施されました。

青梅市議会 2019-06-03 06月03日-03号

それから、当該地域開発に伴って、青梅インターチェンジにつながるアクセス道路でもある都市計画道路3・4・13号線の整備がされていくことになります。この都市計画道路3・4・13号線は、青梅インターを出て、事業区域内を通って、その先の3・5・12号線に接続をしていくルートと、それから青梅インターを出て、左折をして、物見塚を通って青梅街道へと接続するルート、この2つのルートがあるわけですね。 

青梅市議会 2019-03-26 03月26日-22号

人口減少社会到来と超高齢社会の本格的な進展青梅市の行財政影響を与えている中で、福祉施策のほか、青梅インターチェンジ北側物流拠点整備や梅の里の再生復興防災減災対策など諸課題に対し的確に取り組んでおり、第6次青梅総合長期計画に掲げる将来都市像を目指した実行力のある予算であると受け止めております。 

青梅市議会 2019-02-19 02月19日-16号

青梅インターチェンジ北側物流拠点整備についてであります。 本事業につきましては、これまでの4年間で国や都から一定の理解を得て順調に協議を進めることができており、事業実現に向けた環境が整ってきております。本年度は、都市計画決定に向けた法定図書作成都市計画道路設計等を進めます。また、地権者組織準備組合から組合へと移行できるよう支援し、さらなる事業促進を図ってまいります。 

瑞穂町議会 2018-12-03 12月03日-01号

また、当面10年から15年程度の考え方として、現在の設定方針、それから設定基準考え方に基づき、青梅インターチェンジ周辺物流拠点整備等への対応を検討しているというふうに、その委員会の中で話が出ています。ここでいう市街化区域及び市街化調整区域設定方針という、この内容について御説明していただければと思います。よろしくお願いします。 ◎都市計画課長村山俊彰君) お答えいたします。 

青梅市議会 2018-09-07 09月07日-07号

そうした中、平成8年3月に青梅インターチェンジの供用が開始され、平成13年5月に東京都より東京西南部における流通業務市街地計画調査報告書が発表され、整備予定地青梅インター周辺を含む5つ地域が挙げられました。今井2・4丁目土地利用推進委員会ではこれを大きな好機と捉え、市とともにその実現に向け、再び動き出しました。

青梅市議会 2018-06-11 06月11日-03号

青梅市商・工業振興プラン雇用を生み出す産業企業立地促進の新たな産業用地整備促進では、施策の1、新たな産業用地整備促進にありますけれども、青梅インターチェンジ周辺地域及び黒沢地区採石場跡地調整区域において市街化区域に編入するとともに、新たな産業集積地の構築に向けた産業用地として整備し、企業誘致を積極的に図っていきます。

青梅市議会 2018-06-08 06月08日-02号

第1は梅の里の再生復興に向けた取り組み、第2は青梅インターチェンジ北側整備に向けた取り組み、第3は子育て支援に向けた取り組み、第4に公共施設再編整備に向けた取り組み、第5に青梅ならでは農業振興観光振興に向けた取り組みであります。この5つ取り組みが、特に現行の青梅市を取り巻く社会経済状況のもとで喫緊に対応すべき施策であると認識しております。 ○議長小山進) 迫田議員

羽村市議会 2018-06-07 平成30年第2回定例会(第1号) 本文 2018-06-07

3) 青梅市、瑞穂町との「青梅インターチェンジ活用による産業効果研究会」の効果は     どうなっているのでしょうか。    4) 企業誘致の際、羽村市をどのようにしてPRしているのでしょうか。    5) 羽村市の企業誘致対象重点産業分野を考えているでしょうか。    6) 企業誘致の目的、企業誘致に期待する効果とは何でしょうか。    7) 企業誘致活動の課題は何でしょうか。