9701件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

目黒区議会 2020-02-27 令和 2年企画総務委員会( 2月27日)

まず、公共工事設計労務単価について、先に簡単に御説明いたしますと、こちらは農林水産省及び国土交通省が毎年公共工事に従事する労働者都道府県賃金職種ごとに調査いたしまして、その調査結果に基づき決定するものでございまして、いわゆる公共工事の積算に用いる日額の単価となっているものでございます。  それでは、項番1を御覧ください。  

目黒区議会 2020-02-12 令和 2年企画総務委員会( 2月12日)

まず、説明の前にもう一つ御説明させていただきますと、労働報酬下限額を定めるに当たって、勘案する事項といたしましては、まず工事につきましては、農林水産省及び国土交通省が公表する公共工事設計労務単価、これを基に算定してございます。  また、委託及び指定管理につきましては、いわゆる臨時職員の給料の額及びその他の事情等を勘案して定めることとしてございます。  

大田区議会 2020-01-15 令和 2年 1月  まちづくり環境委員会-01月15日-01号

令和元年12月25日に多摩川を管理する国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所長宛てに大田区長より「多摩川における治水対策の促進に関する要望書」を提出し、早急な治水対策及び河川施設の復旧を強く要望いたしました。  提出した要望書につきましては、別紙のとおりとなっております。  要望事項につきましては、6点ございます。

東久留米市議会 2019-12-24 令和元年第4回定例会(第6日) 本文 開催日: 2019-12-24

国土交通省平成30年8月、「都市計画道路の見直しの手引き」を発表。その冒頭の「はじめに」の中で、「都市計画は、社会経済情勢の変化を踏まえ適時適切な見直しが行われることが望ましく、都市の骨格を定める都市計画道路についても、コンパクト・プラス・ネットワークなど都市の再構築の取組等を勘案しながら、目指すべき都市構造と対応したものであるか、再検証が求められる。

福生市議会 2019-12-20 令和元年第4回定例会(第5号) 本文 2019-12-20

工事区域が河川敷でありますことから、国土交通省京浜河川事務所上流出張所と本復旧工事について協議をしているところでございます。特に、6月より10月までの出水期、いわゆる梅雨などで水かさがふえる時期のことでございますけれども、この対応につきましても調整を図っているところでございます。  

調布市議会 2019-12-18 令和元年 第4回 定例会−12月18日-06号

公費等で賄う経費は政令等で定めるもののみとなり、国土交通省は、下水道事業にかかわる経費の負担区分として、雨水公費、汚水私費が原則である。ただし、汚水処理に要する経費のうち、公共水域の水質保全への効果が高い高度処理の経費、合流式下水道に比べ建設コストが割高になる分流式下水道に要する経費の一部などは、公的な便益も認められることから公費により負担としています。  

大田区議会 2019-12-16 令和 1年12月  まちづくり環境委員会-12月16日-01号

国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所から多摩川の六郷橋周辺での河道工事について、別紙のとおり情報提供がありました。本工事は、現在の河道面積を広くし、洪水時に水位を低下させることを目的とした工事でございます。  なお、国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所に対して、地元に対する十分な説明や、安全工事施工を行うよう求めてまいります。  次のページをご覧ください。

日の出町議会 2019-12-13 令和元年第4回定例会(第4日目) 本文 開催日:2019-12-13

改正の内容につきましては、成年被後見人等の人権が尊重され、成年被後見人等であることを理由に不当差別がされないよう、国土交通省水管理・国土保全局下水道部が発している「標準下水道条例」の改正にならい、本条例において、成年被後見人等に係る欠格条項等を改正するものでございます。  

日野市議会 2019-12-13 令和元年環境まちづくり委員会 本文 開催日: 2019-12-13

なお、本条例国土交通省から発出されます標準下水道条例に準拠しておりまして、この標準下水道条例成年被後見人等の一括整備法の整備方針を踏まえ、令和元年9月2日付で改正されたことを受け、本議会に上程させていただいたものでございます。  それでは、議案書に沿って御説明申し上げます。  恐れ入ります。議案書の4ページ、5ページ、新旧対照表をお開き願います。  

狛江市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第22号) 本文 開催日: 2019-12-09

そのため,狛江市内から多摩川への雨水排水の流れを確保するため,多摩川の河床を下げる等の検討を行い,その対策を実施すること,また,台風第19号に伴い堆積した土砂の撤去を速やかに行い,多摩川の流下能力を確保することについて,市長みずから国土交通省関東地方整備局京浜河川事務所長に要望したところでございます。

多摩市議会 2019-12-09 2019年12月09日 令和元年第4回定例会(第6日) 本文

私も拝見しましたところ、そういう機能がどこに残っているのかなということと、今回この天井平成26年4月1日の国土交通省からの方針ということで、天井が落ちないようにということで工事が含まれていたように思いますけれども、東京都では直下型地震が来るということで、都市開発諸制度における防災都市づくりの推進ということで、72時間、非常用発電、自家発電ができるところだということと、先ほど文化施策担当課長がおっしゃったように

東久留米市議会 2019-12-09 令和元年第4回定例会(第4日) 本文 開催日: 2019-12-09

最後、浸水被害の軽減対策を計画的に進めて、重点的に浸水対策を実施すべき区域や目標とする整備水準、施設整備の方針等の基本的な事項を定め、浸水対策を当面・中期・長期にわたって計画的に整備するための雨水管理総合計画というのが、国土交通省からガイドラインが示されていると思います。

多摩市議会 2019-12-06 2019年12月06日 令和元年第4回定例会(第5日) 本文

国土交通省発行の「活用ガイドライン」では、マーケット・サウンディングは2段階で実施することが望ましいとされており、平成30年度は、第1段階における「事業発案時のマーケット・サウンディング」を実施しました。  多摩中央公園内での独立採算事業の実施可能性について、多種多様な業種・事業の視点で検討いただくことを目的に、こちらから協力依頼をする形で参加事業者を募りました。

港区議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会−12月06日-18号

主な内容は、国土交通省が実施する騒音測定局が高輪台小学校のみに設置された理由について、飛行経路下に区が独自に騒音測定局を設置することについて、来年実施する実機飛行に実際の客を乗せた旅客機が使用されることについて等であります。本請願につきましては、今後もなお引き続き慎重審議の必要がありますので、閉会中の継続審査を申し出ることに決定いたしました。