34件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

東久留米市議会 2021-03-11 令和3年総務文教委員会 本文 開催日: 2021-03-11

過去の政府国会答弁におきましても、政府行為形式的行為である、政府が行うのは形式的任命に過ぎない、ただ形だけの推薦制であって、学会の方から推薦をしていただいたものは拒否しない、実質的に首相の任命会員任命を左右するということは考えていないといった国会答弁が出ておりますし、「内閣総理大臣会員任命をする際には、日本学術会議側推薦に基づくという法の趣旨を踏まえて行うこと」などの附帯決議にも反

調布市議会 2018-12-10 平成30年12月10日総務委員会−12月10日-01号

国会答弁でも述べられておりますけども、このCV22、MV22もそうですけども、基本的な構造は全く一緒ということですから、運用において多少いろいろ違いがあるということでいろいろ出てくると思いますけども、その中で構造は基本的に同じであるということ。また日米同盟抑止力対処力の向上、またアジア・太平洋等での安定に資するものということで、考えは私も全く同様だと思っておる次第でございます。ここまで。

日野市議会 2017-06-13 平成29年企画総務委員会 本文 開催日: 2017-06-13

94 ◯参考人上杉史織君)  国会答弁を聞いておりましても、結局何が、共謀といいますか、合意というか、話し合って、それが犯罪に結びつくものの証拠となり得るのか。それが、犯罪準備行為というのがどういうものがそういうものになり得るのかということが私たちには余りわからないというのが非常に不安に思っております。

国分寺市議会 2013-05-31 平成25年 第2回定例会(第6日) 本文 開催日: 2013-05-31

そもそもHPV(ヒトパピローマウイルス)ですけれども、これは100種類以上ありまして、その中の高リスク型は約15種類、ワクチンはその中のHPVの16型と18型の2種類に効果があり、子宮頸がん患者の実は5から7割で発見されているものですけれども、健康な女性では16型0.5%と18型0.2%、合わせて0.7%の感染率であることは国会答弁で明らかになっております。

多摩市議会 2010-12-24 2010年12月24日 平成22年第4回定例会(第7日) 本文

本来、全額国庫負担原則だった子ども手当について、原口一博総務大臣国会答弁で、地方負担を23年度以降は継続しないことを明確にしていたにもかかわらず、現政権は来年度以降も地方負担を求めることに前向きの考えを示している。  子育て支援地域実情に応じ地方自治体創意工夫を発揮できる分野であるが、子ども手当のような全国一律の現金給付については国が担当し、全額を負担すべきである。

狛江市議会 2010-12-22 平成22年第4回定例会(第23号) 本文 開催日: 2010-12-22

│ │ 本来,全額国庫負担原則だった子ども手当について,原口一博総務大臣国会答弁  │ │で,地方負担平成23年度以降は継続しないことを明確にしていたにもかかわらず,現政権は │ │来年度以降も地方負担を求めることに前向きの考えを示している。             

町田市議会 2010-12-22 平成22年12月定例会(第4回)-12月22日-付録

本来、全額国庫負担原則だった子ども手当について、原口一博総務大臣国会答弁で、地方負担を23年度以降は継続しないことを明確にしていたにもかかわらず、現政権は来年度以降も地方負担を求めることに前向きの考えを示している。  子育て支援は、地方自治体地域実情に応じ、創意工夫を発揮できる分野を担当すべきであり、子ども手当のような全国一律の現金給付は、国が担当し、全額を負担すべきである。  

国分寺市議会 2010-12-21 平成22年 第4回定例会(第9日) 本文 開催日: 2010-12-21

本来、全額国庫負担原則だった子ども手当について、原口一博総務大臣国会答弁で、地方負担を23年度以降は継続しないことを明確に示していたにもかかわらず、現政権は来年度以降も地方負担を求めることに前向きの考えを示している。  子育て支援は、地域実情に応じ地方自治体創意工夫を発揮できる分野であり、子ども手当のような全国一律の現金給付については国が担当し、全額を負担すべきである。

あきる野市議会 2010-12-17 平成22年第4回定例会(第5日目)  本文(採決) 2010-12-17

本来、全額国庫負担原則だった子ども手当について、原口一博総務大臣国会答弁で、地方負担を23年度以降は継続しないことを明確にしていたにもかかわらず、現政権は来年度以降も地方負担を求めるとの考えを示している。  子育て支援は、地域実情に応じ地方自治体創意工夫を発揮できる分野地方が担当すべきであり、子ども手当のような全国一律の現金給付については国が担当し、全額を負担すべきである。

八王子市議会 2010-12-15 平成22年_第4回定例会〔 後編 〕 2010-12-15

本来、全額国庫負担原則だった子ども手当について、原口一博総務大臣国会答弁で、地方負担を23年度以降は継続しないことを明確にしていたにもかかわらず、現政権は来年度以降も地方負担を求めることに前向きの考えを示している。  子育て支援地域実情に応じ地方自治体創意工夫を発揮できる分野であるが、子ども手当のような全国一律の現金給付については国が担当し、全額を負担すべきである。  

葛飾区議会 2010-12-15 平成22年第4回定例会(第3日12月15日)

本来、全額国庫負担原則だった子ども手当について、原口一博総務大臣国会答弁で、地方負担平成23年度以降は継続しないことを明確にしていたにもかかわらず、政府は来年度以降も地方負担を求めることに前向きの考えを示している。  子育て支援地域実情に応じ地方自治体創意工夫を発揮できる分野地方が担当すべきであり、全国一律の現金給付である現行の子ども手当は、国が担当し全額を負担すべきである。

豊島区議会 2010-12-10 平成22年第4回定例会(第18号12月10日)

本来、全額国庫負担原則だった子ども手当について、原口一博総務大臣国会答弁で、地方負担を23年度以降は継続しないことを明確にしていたにもかかわらず、現政権は来年度以降も地方負担を求めることに前向きの考えを示している。子育て支援地域実情に応じ地方自治体創意工夫を発揮できる分野地方が担当すべきであり、子ども手当のような全国一律の現金給付については国が担当し、全額を負担すべきである。

千代田区議会 2010-12-07 平成22年第4回定例会(第6日) 本文 開催日: 2010-12-07

本来、全額国庫負担原則だった子ども手当について、原口一博総務大臣は、国会答弁で、地方負担を23年度以降は継続しないことを明確にしていたにもかかわらず、現政権は来年度以降も引き続き地方負担を求めることの考えを示しています。  子育て支援地域実情に応じ地方自治体創意工夫を発揮できる分野地方が担当すべきであり、子ども手当のような全国一律の現金給付については国が担当し、全額を負担すべきです。

千代田区議会 2010-12-07 平成22年第4回定例会(第6日) 資料 開催日: 2010-12-07

本来、全額国庫負担原則であった子ども手当について、原口一博総務大臣国会答弁で、地方負担を23年度以降は継続しないことを明確にしていたにもかかわらず、現政権は来年度以降も引き続き地方負担を求めることの考えを示しています。  子育て支援地域実情に応じ地方自治体創意工夫を発揮できる分野地方が担当すべきであり、子ども手当のような全国一律の現金給付については国が担当し、全額を負担すべきです。

  • 1
  • 2