277件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

武蔵野市議会 2019-09-19 平成30年度決算特別委員会(第2日目) 本文 開催日: 2019-09-19

ただ、たばこは嗜好という位置づけになっていて、私自身の考えとしてはゼロにはならないというふうに思っていて、もちろん私は推進するわけではなくて、市民の方のその税収が入っているという中においては、これは全くなくなる、ゼロにはならないと認識をしている限りです。

町田市議会 2019-06-17 令和 元年 6月定例会(第2回)-06月17日-06号

お菓子などの嗜好などは大変に喜ばれているそうです。  また、今後はスーパーなどの事業者、また子ども食堂などの寄贈先のマッチングなども、市がリーダーシップをとって実施していただけるといいのかなと思いますので、その点につきましても今後ご検討いただきますよう、要望しておきたいと思います。  先ほど保健所長からもご答弁をいただきました。

目黒区議会 2019-04-10 平成31年都市環境委員会( 4月10日)

どういう計算なのかわかりませんけれども、お休みなしでしょうから、少ないんじゃないかなということは感じたんですけれども、やはり区としてもどういうふうにしていくか、この喫煙問題、行く行くは減煙といいますか、どんどん少なくしていって禁煙の方向にというほうが体にもいいですし、ただ、喫煙自体も嗜好であって文化ですから、やはり守るというか、そういった方たちの部分も考えていかなきゃいけないんで、東京都条例に押

多摩市議会 2019-03-28 2019年03月28日 平成31年第1回定例会(第7日) 本文

たばこは適法な嗜好であり、市民の行動を公権力で制限することは権利濫用にもつながりかねず、慎重でなければなりません。現状では市民の間に対立構造の生まれることが懸念されます。ただ制度をふやすのではなく、マナーや配慮を促し、一歩一歩丁寧に進めていただきたい。  次に土木費です。  公園管理経費。公園トイレのトイレットペーパー試行的設置箇所が増加されます。

世田谷区議会 2019-03-11 平成31年  3月 予算特別委員会−03月11日-04号

◆阿久津皇 委員 午前中の質疑の中でも、これ以上喫煙場所を設置する必要はないよとかというなかなか厳しい御指摘もあったんですけれども、たばこを吸わない人の受動喫煙という問題もある一方で、たばこは嗜好でありますから、吸う方、たばこを楽しみたい方々の吸う権利というものもあるわけで、そういった方々の権利をある程度守る上でも、指定喫煙場所というものを設置するということが条例にも定められています。  

板橋区議会 2019-01-22 平成31年1月22日健康福祉委員会−01月22日-01号

◆かなざき文子   都条例の制定を受けて、受動喫煙をとにかく防止するんだという、その対策を進めていくということなんですけども、一方で、嗜好としての、愛煙家の方々の、そのことに対しての理解、協力をどう進めていくのかというのが、非常にソフト面で重要になってくるのかなと思うんですね。

江戸川区議会 2018-11-29 平成30年 第4回 定例会-11月29日-02号

受動喫煙防止条例については、本区は公衆喫煙所に対する認識を深め、補助金申請がまだ行われていないならば、早急にしていただき、たばこは嗜好であるということを忘れずに、質問の要旨をご理解いただき、たばこを吸う人も吸わない人も笑顔で暮らせる整備づくりをお願いしたいと思います。  以上で質問を終わります。ありがとうございました。 ○議長(藤澤進一 君) 次に、三十六番、鵜沢悦子君。      

葛飾区議会 2018-10-02 平成30年決算審査特別委員会第1分科会(10月 2日)

○(三小田准一委員) 学生生活調査の生活費というのは、食費、住居、光熱費、保健衛生費、娯楽、嗜好と書いてある。家賃も含まれている。だから、そういう適当な答弁はもう結構ですから、きちんと検証しないといけないと。  これまで、大学誘致をすれば経済効果地域貢献もあるのだと、だから大学利子補給という形で50億円の支援をしても取り返せるのですよというふうに言ってきましたよね。

北区議会 2018-09-25 平成30年  決算特別委員会-09月25日−03号

たばこは嗜好なもので、吸う人と吸わない人と両極になっちゃうと思うんですよね。ですから、吸わない人が一生懸命言っても、吸う人にそのまま響いていくかというと、なかなか響いてこないですし、また、吸う人が吸わない人に幾ら言っても、これは吸わない人に響いてこないっていうんですけれども、どこかで何かの形で、折り合いはつけなくちゃいけないことは事実なんですね。  

足立区議会 2018-09-25 平成30年 第3回 定例会−09月25日-03号

一方、たばこは嗜好であり、たばこを吸う方の権利も同時に保障する必要があり、対策の実効性が議論となっています。  そこで伺います。  都の条例は、東京2020大会や観光などで国内外から東京を訪れる人たちに受動喫煙の影響を感じさせない「たばこの煙のない都市」を目指すとしています。

武蔵野市議会 2018-09-21 平成29年度決算特別委員会(第4日目) 本文 開催日: 2018-09-21

あと、ひがしまり子議員も、境で灰皿、吸い殻を中心に見ていますけれども、それでも道路だけではないところにもいっぱい落ちていまして、私も昔から言っていましたとおり、路地とかに投げ込まれて、そこから火災にという危険性もありますので、禁煙志向が高まっている中でも、嗜好であり、たばこを捨っておられる方はいますので、その方に対しての吸える場所の確保は必要だと思っております。

大田区議会 2018-09-13 平成30年 第3回 定例会−09月13日-01号

たばこは法律に定められた嗜好ではありますが、音楽を公共の場で大音量で聞くことが社会的に許容されていないのと同様に、個人の嗜好が他者に迷惑を及ぼすような状況は望ましい生活環境が確保されているとは到底言えません。たばこを吸う権利は否定されないものの、第三者のたばこの煙を吸わされない権利が守られていることが前提となります。

狛江市議会 2018-09-06 平成30年第3回定例会(第16号) 本文 開催日: 2018-09-06

649 ◯ 2 番(宮坂 良子議員) 今お答えになった費用に医療,薬,嗜好などが加わります。ユニット型は非課税でもそれらを入れれば8万円は超えてしまいます。これほど高くては所得に応じての特別養護老人ホームにすら入れない,行き場がないと,そういう方々が要望されております。

荒川区議会 2018-06-25 平成30年 福祉・区民生活委員会-06月25日−10号

一方で、健康被害という部分と、あと嗜好という部分もございますので、そういったところの兼ね合いも見ながら、この問題については進めていく必要があるのかなと、本当に雑駁な感想で申しわけないんですけれども、そういったところで御容赦いただければと思います。 ○松田智子委員長 ほかにございますか。      〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○松田智子委員長 質疑を終わります。  討論に入ります。  

目黒区議会 2018-06-22 平成30年生活福祉委員会( 6月22日)

それで、確かにたばこは趣味・嗜好ですし、好きな人、嫌いな人がいることは十分承知してます。それで、昨日の条例審査のときにも、そこでは僕も特には質問をしませんでしたけども、特別区税に対してたばこの税率が変わるというお話がございました。それで、目黒区としては約7.5億円の税収見込みになるだろうと。