72件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

あきる野市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会3月定例会議(第4日目)  本文(一般質問)

〔 環境経済部長  吉澤桂一君  登壇 〕 55: ◯環境経済部長(吉澤桂一君) お答えいたします。  まず、スケジュールの関係でございますが、今、市が直接建てかえをする場合は、建築確認等、大きな問題はございません。ただ、ここは調整区域で、JA主体で行うということですので、法的な許可にかなり時間を要すのではないかと思います。

あきる野市議会 2019-03-03 平成31年第1回定例会3月定例会議(第3日目)  本文(一般質問)

〔 環境経済部長  吉澤桂一君  登壇 〕 104: ◯環境経済部長(吉澤桂一君) お答えいたします。  イノシシ対策手順書というものでございますけれども、これは市内を3つのエリアに分けてあります。エリア1としましては、五日市街道沿い睦橋通り、それからその沿道の市街地です。

あきる野市議会 2018-12-04 平成30年第1回定例会12月定例会議(第4日目)  本文(一般質問)

〔 環境経済部長  吉澤桂一君  登壇 〕 56: ◯環境経済部長(吉澤桂一君) お答えいたします。  農業振興地域につきましては、今、議員がおっしゃったとおりの条件のもとに指定をしておりますけれども、特に戸倉、小宮を含みます中山間地域につきましては、やはりおっしゃったとおり、高齢化等によりまして、十分に活用されていない部分が多くあります。

あきる野市議会 2018-12-03 平成30年第1回定例会12月定例会議(第3日目)  本文(一般質問)

〔 環境経済部長  吉澤桂一君  登壇 〕 159: ◯環境経済部長(吉澤桂一君) 私どものほうは、ごみの関係だとか、苦情対応はございますけれども、トラブルになるような事項は今のところございません。  以上でございます。 160: ◯21番(天野正昭議員) ありがとうございます。今、3つの別々のフロアのところでお聞きしたのですけれども、3つのうちの2カ所ではそういうことが起きている。

あきる野市議会 2018-09-20 平成29年度決算特別委員会(第2日目) 本文 2018-09-20

32: ◯環境経済部長(吉澤桂一君) お答えいたします。  野生動物イノシシにかかわらず、伝染病等の課題はございます。それに対しましては、東京都、それから、保健所等と協力しまして、調査をしていくということで進めていきたいと思います。万が一、鳥インフルエンザだとか、そういうのを含めて発生した場合は、即座に対応できるような組織、連絡体制を整えていこうと思っております。以上でございます。

あきる野市議会 2018-09-02 平成30年第1回定例会9月定例会議(第2日目)  本文(一般質問)

〔 環境経済部長  吉澤桂一君  登壇 〕 12: ◯環境経済部長(吉澤桂一君) お答えいたします。  東京都の造林間伐対策事業につきましては、間伐材の搬出に伴います補助制度がございます。本市におきます過去3年間に435.5立方メートルの間伐材が市場に搬出されております。

あきる野市議会 2018-09-01 平成30年第1回定例会9月定例会議(第1日目)  本文(一般質問)

〔 環境経済部長  吉澤桂一君  登壇 〕 46: ◯環境経済部長(吉澤桂一君) それでは、環境経済部としてお話をさせてもらいます。  今、都市整備部長がおっしゃったとおり、市町村設置型による下水道処理を検討するということは、主体的には下水道課において進めていただきます。

あきる野市議会 2018-07-27 平成30年第1回定例会第2回臨時会議(第1日目)  本文(採決) 2018-07-27

〔 環境経済部長  吉澤桂一君  登壇 〕 30: ◯環境経済部長(吉澤桂一君) お答えいたします。  平成10年に廃止いたしましたあきる野生け垣補助金につきましては、目的が緑化の推進ということで補助を出させていただいた経緯がございます。  以上でございます。 31: ◯2番(辻よし子議員) わかりました。

あきる野市議会 2018-06-03 平成30年第1回定例会6月定例会議(第3日目)  本文(一般質問)

〔 環境経済部長  吉澤桂一君  登壇 〕 103: ◯環境経済部長(吉澤桂一君) お答えいたします。  まず、農業関係でございますけれども、当時、特産品をつくるということで、ミネラル野菜とか、そういう研究もされてきました。山間地域ですので、秋川地区野菜と比べてしまうと劣るというのですかね、量も少ないものですから、何か格差をつけようということで研究、検討、実証実験もやってまいりました。

あきる野市議会 2018-03-30 平成30年第1回定例会第1回臨時会議(第1日目)  本文(採決) 2018-03-30

〔 環境経済部長  吉澤桂一君  登壇 〕 39: ◯環境経済部長(吉澤桂一君) お答えいたします。  まず、堰の管理ということですので、これは今、国土交通省のほうでやっております。それに伴いまして、水利組合等も協力しながら取水のほうを行っております。魚道そのものにつきましては漁業組合のほうで、流れてきたものの撤去だとか、そういった管理的なものは秋川漁協のほうで実施しております。  

あきる野市議会 2018-03-04 平成30年第1回定例会3月定例会議(第4日目)  本文(一般質問)

〔 環境経済部長  吉澤桂一君  登壇 〕 170: ◯環境経済部長(吉澤桂一君) お答えいたします。  まず、全国的な被害状況でございますけれども、平成29年7月現在の情報では、今、議員おっしゃったとおり、愛知県、埼玉県、栃木県、群馬県、徳島県、大阪府、あと東京都が入りますけれども、そこで被害が発生しております。

あきる野市議会 2018-03-03 平成30年第1回定例会3月定例会議(第3日目)  本文(一般質問)

〔 環境経済部長  吉澤桂一君  登壇 〕 101: ◯環境経済部長(吉澤桂一君) お答えいたします。  カワウサギ対策につきましては、秋川漁業協同組合主体となって取り組んでおります。サギにつきましては、鳥獣保護法によりまして捕獲を禁止されているため保護はできませんけれども、カワウにつきましては、東京都の許可を取りまして、秋川、平井川におきまして、わなや空気銃捕獲をしております。

あきる野市議会 2018-03-02 平成30年第1回定例会3月定例会議(第2日目)  本文(一般質問)

〔 環境経済部長  吉澤桂一君  登壇 〕 87: ◯環境経済部長(吉澤桂一君) お答えいたします。  食品ロスにつきまして、昨年実施した実績を御紹介させていただきますと、啓発活動としましては、市の広報だとか、ごみ情報誌へらすぞうなどへの掲載のほか、リサイクルフェア産業祭において、約1,000人を対象にアンケート調査を実施いたしました。

あきる野市議会 2018-01-04 平成30年第1回定例会開会会議(第1日目)  本文(採決) 2018-01-04

〔 環境経済部長  吉澤桂一君  登壇 〕 15: ◯環境経済部長(吉澤桂一君) お答えさせていただきます。  可動堰につきましては、施工は国でやっておりますけれども、今は水利組合のほうで引き継ぎを受けまして、管理維持を行っております。  以上でございます。 16: ◯2番(辻よし子議員) 設置のほうは国ということですね。わかりました。