29件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

江戸川区議会 2014-10-28 平成26年 第3回 定例会−10月28日-04号

危険ドラッグ脱法ハーブ)」の根絶に向けた総合的な対策強化を求める意見書  昨今、「合法ハーブ」等と称して販売される薬物、いわゆる「危険ドラッグ」(脱法ハーブ脱法ドラッグ)を吸引し、呼吸困難を起こしたり、死亡する事件全国で相次いで発生しています。特に、その使用によって幻覚興奮作用を引き起こしたことが原因とみられる重大な交通事故事案が度々報道されるなど、深刻な社会問題となっています。  

板橋区議会 2014-10-16 平成26年第3回定例会−10月16日-03号

昨今、「合法ハーブなどと称して販売される薬物(いわゆる「危険ドラッグ」=脱法ハーブ脱法ドラッグ)を吸引し、呼吸困難を起こしたり、死亡したりする事件全国で相次いで発生しております。特にその使用によって幻覚興奮作用を引き起こしたことが原因とみられる重大な交通事故事案がたびたび報道されるなど、深刻な社会問題となっております。  

八王子市議会 2014-10-14 平成26年_第3回定例会〔 後編 〕 2014-10-14

                             同      伊 藤 忠 之                              同      山 越 拓 児  八王子市議会議長     小 林  信 夫 殿   ………………………………………………………………………………………………………………    「危険ドラッグ脱法ハーブ)」の根絶に向けた総合的な対策強化を求める意見書  昨今、「合法

世田谷区議会 2014-10-09 平成26年  9月 決算特別委員会-10月09日-07号

国では、「賭博黙示録カイジ」などで有名な漫画家福本伸行さんが合法ハーブ等と言って売られている薬物の恐ろしさを描いたオリジナル短編漫画を作成して、これを広報していますけれども、区でも、児童生徒危険ドラッグなどの薬物危険性を啓発するために、小冊子などの活用とか、あと、区内にもあるんですけれども、薬物依存リハビリ施設などと連携して、体験者から生の声を聞き、本当の怖さを知ってもらえるような、そういった

羽村市議会 2014-09-30 平成26年第3回定例会(第5号) 本文 2014-09-30

昨今、合法ハーブ等と称して販売される薬物(いわゆる「危険ドラッグ」=脱法ハーブ脱法ドラッグ)を吸引し、呼吸困難を起こしたり、死亡したりする事件全国で相次いで発生している。特に、その使用によって幻覚興奮作用を引き起こしたことが原因とみられる重大な交通事故事案が度々報道されるなど、深刻な社会問題になっている。  

三鷹市議会 2014-09-30 2014-09-30 平成26年 第3回定例会(第5号) 本文

賛成者    〃    赤 松 大 一                          〃     〃    川 原 純 子                          〃     〃    緒 方 一 郎                          〃     〃    粕 谷   稔    「危険ドラッグ脱法ハーブ)」の根絶に向けた総合的な対策強化を求める意見書  昨今、「合法

羽村市議会 2014-09-26 平成26年第7回議会運営委員会 本文 2014-09-26

危険ドラッグ」の根絶に向けた総合的な対策強化を求める意見書  昨今、「合法ハーブ」等と称して販売される薬物(いわゆる「危険ドラッグ」=脱法ハーブ脱法ドラッグ)を吸引し、呼吸困難を起こしたり、死亡したりする事件全国で相次いで発生している。特に、その使用によって幻覚興奮作用を引き起こしたことが原因とみられる重大な交通事故事案が度々報道されるなど、深刻な社会問題となっている。  

八王子市議会 2014-09-24 平成26年_第3回定例会(第5日目) 本文 2014-09-24

危険ドラッグ合法ハーブなどと称して販売され、これを吸引して呼吸困難を起こし死亡したりする事例が全国で相次ぎ発生しております。また、危険ドラッグ使用して幻覚興奮作用を引き起こしたことが原因とされる悲惨な交通事故傷害事件などがたびたび発生し、深刻な社会問題となっております。

東久留米市議会 2014-09-18 平成26年第3回定例会〔資料〕 開催日: 2014-09-18

                              │ │                                           │ │    「危険ドラッグ脱法ハーブ)」の根絶に向けた総合的な対策強化を求      │ │    め意見書                                  │ │                                           │ │ 昨今、「合法

練馬区議会 2014-09-10 09月10日-04号

麻薬覚せい剤など違法薬物によく似た成分を植物片に吹きつけたり、混ぜたりしたものは、脱法ハーブ合法ハーブなどと称され、2009年ごろから日本国内に広がり始めました。厚生労働省警視庁は、東京池袋脱法ハーブを吸引した運転手が暴走し、8人が死傷した事件を受け、脱法ドラッグでは危険性を明確にあらわせないとして、この7月に呼称を危険ドラッグに改めました。 

日野市議会 2014-09-05 平成26年第3回定例会(第4日) 本文 開催日: 2014-09-05

脱法ハーブ覚せい剤や大麻と似た作用のある化学物質植物片にまぶしたもので、合法ハーブアロマなどと称して販売されており、使用すると意識障害やけいれんなどを起こし、最悪の場合は死に至るケースもあり、健康被害重大事故の病根と言えます。警察庁のまとめによりますと、脱法ハーブを含む危険ドラッグ関連事件は、2009年から11年までは年間10件未満でありましたが、昨年は125件に急増。

小金井市議会 2014-09-04 平成26年第3回定例会(第4号) 本文 開催日: 2014-09-04

また、合法ハーブ合法アロマなどと呼んでみたり、夢の国のキャラクター、こういったものを刻印してみたり、あたかも効き目が薄いかのように販売されている、こういった違法ドラッグ乱用による事件が多発する中で、警視庁厚生労働省は、麻薬以上に興奮幻覚作用がある薬物もあり、脱法ドラッグ脱法ハーブといった名称では危険性が伝わらないとして、7月22日、危険ドラッグ名称を変更するなど、取り締まりを進めております

三鷹市議会 2014-09-02 2014-09-02 平成26年 第3回定例会(第2号) 本文

7月22日、国は、脱法ハーブ脱法ドラッグ合法ハーブ、合法ドラッグと呼ばれたものを危険ドラッグ名称を統一しました。これは法規制の有無にかかわらず、使用することが危険であることを明確にする狙いがあります。この危険ドラッグ関連では、ことし6月、池袋で男性が運転する車が歩道を暴走し、8人が死傷する事件が起きました。

千代田区議会 2014-06-25 平成26年第2回定例会(第2日) 本文 開催日: 2014-06-25

覚醒剤等禁止薬物は所持しているだけで逮捕されますが、新手の脱法ドラッグは、規制対象となるまでは、合法ドラッグ合法ハーブとして店頭で堂々と販売されているのが現状です。千代田区内でも秋葉原駅前雑居ビル合法ハーブショップがあり、実際に見てきました。購入はしていません。

日野市議会 2014-06-04 平成26年第2回定例会(第2日) 本文 開催日: 2014-06-04

厚生労働省におきましては、第四次薬物乱用防止5か年戦略におきまして、留意する課題として、1、合法ハーブ等と称して販売される薬物等、新たな乱用薬物への対応。これ合法ハーブこれ脱法ハーブ、これ違法ですね、はっきり言って。次に、薬物乱用防止対策強化。そして防止に向けての、国際的な連携・協力の推進ということとしております。  

新宿区議会 2014-02-25 02月25日-04号

昨年8月、国は、第4次薬物乱用防止5か年戦略を策定し、青少年等への啓発強化を初めとする5つの戦略目標に積極的に取り組むとし、特に留意すべき課題として、合法ハーブ等と称して販売される薬物等、新たな乱用薬物への対応薬物乱用防止対策強化などを掲げています。法整備の面では、薬事法等の改正により昨年10月から指定薬物の収去権や捜査権が付与されました。

世田谷区議会 2013-03-15 平成25年  3月 予算特別委員会-03月15日-07号

山口ひろひさ 委員 吉祥寺で殺人事件がありましたけれども、その犯人が、何か合法ハーブというんですか、それを持っていたというような報道がありましたけれども、脱法ハーブ合法ハーブとか、今、薬物もいろいろ種類がふえてというのかあれですけれども、子どもたちインターネットの普及ですとかそういったことで簡単に手に入る状況ですとか、また、誘惑もいろいろ巧みになりまして多くなっておりますし、本当に一定の方に限

多摩市議会 2012-12-05 2012年12月05日 平成24年第4回定例会(第3日) 本文

最近ではインターネットなどで簡単に手に入る「合法ドラッグ」「合法ハーブと称さる薬物の蔓延など、以前にも増して薬物の脅威が青少年の身近に迫っています。警視庁によると、この脱法ハーブを吸い、体調不良で救急搬送された人は、今年の1月から5月末までに、東京都内で99人にも上り、このうち10代から20代が全体の64%を占めています。  

  • 1
  • 2